【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 レポート

<<   作成日時 : 2012/03/13 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したという
完全プロ(業務用)仕様インナーイヤーモニターの「MDR-EX800ST」を紹介したいと思います。

画像

↑↑写真は、インナーイヤーモニター「MDR-EX800ST」です。
ソニー・ミュージックコミュニケーションズさんから販売されており、実売価格は21000円前後。

※この「MDR-EX800ST」は
業務用として販売されているので、家電量販店などの普通のショップでは販売されていません。
購入を希望される方は、コチラまで。 (Amazonさんやe☆イヤホンさんでも購入できるみたいです。)
また、先程も述べたように業務用使用を目的としたプロフェショナル仕様のインナーイヤーモニターのため
無償修理期間の設定はなく、全て有料での修理となるみたいなので注意して下さい。

インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 主な特徴

画像

●レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現
●精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています
●耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用
●形式:密閉ダイナミック型
●ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
●最大入力:500mW
●インピーダンス:16Ω
●音圧感度:108dB/mW
●再生周波数帯域:3〜28,000Hz
●コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
●プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
●質量:約7g(コード含まず)


画像

↑↑付属品です。
マニュアルとキャリングケースとイヤーピースが付属されています。

画像

画像

画像

↑↑キャリングケースは、こんな感じになっています。 質感は悪くありません。

画像

↑↑イヤーピースは、SとLが各2個付属されており、Mサイズは「MDR-EX800ST」本体に取り付いています。

画像

↑↑そして、本体の「MDR-EX800ST」です。 ケーブルは約1.6mと長めです。
ステージユースのために開発されたインナーイヤーモニターとは言え、市販の物と特別な違いは無いです。

画像

↑↑プラグは、L字の金メッキステレオミニプラグ仕様になっています。

画像

画像

↑↑Y型コードとなっており、コードスライダーも取り付いています。

画像

画像

↑↑耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用しており
確かな装着性が得られます。 装着感は個人的にかなり良いと感じました。

画像

↑↑イヤホン部です。
基本的なデザインは、EXモニターシリーズ最高位モデルの「MDR-EX1000」「MDR-EX600」と共通していますが
よく見ると微妙に違っています。 青と赤のラインがカッコ良いですね。

画像

↑↑イヤホン ASSY-(L)です。 青いラインが入っています。

画像

↑↑イヤホン ASSY-(R)です。 赤いラインが入っています。

画像

↑↑サイドに“SONY”ロゴ。

画像

↑↑イヤホンの裏側です。

画像

↑↑EXシリーズは、イヤホンとプラグ付きコードの取り外しが可能です。
なので、コードがもし断線してしまっても、コードのみ交換するなんて事も可能です。

画像

↑↑では、早速「ウォークマンZ」で試聴してみました。
まず、率直に感じた事が解像度の高さ。 これには感動しました。
エージングは、ほとんど済ませてない状態で試聴したので、本来の評価は難しいですが
高域の音の広がりが素晴らしく、低域も心地良く伝わってきます。
特に「S-Master MX」との相性はバッチリ。

画像

↑↑「iPhone 4S」でも試聴してみました。
中域が少し物足りない気がしましたが、原音に忠実な音質を実現されていると言うだけあって
高域から低域まで、素直な音質でクリアに聞こえました。

画像

↑↑以前に購入したオーディオテクニカさんの「ATH-CKS90」(写真右)と
「MDR-EX800ST」(写真左)を聞き比べてみました。
重低音を追求している「ATH-CKS90」だけあって、低域は「ATH-CKS90」に軍配が上がります。
しかし、全体的な高中低域のバランスや解像度は断然、「MDR-EX800ST」が上だと感じました。

画像

最高位モデルの「MDR-EX1000」は予算的に無理で
「MDR-EX600」にプラスαの音質を体験したいって方には「MDR-EX800ST」がベストチョイスかもしれません。
※あくまでも業務用なので、保証などを考えれば「MDR-EX600」がベストでしょうか。
あと、モニター用イヤホンなので、遮断音や音漏れは多少の覚悟が必要な気がします。
何より、完全プロ(業務用)仕様インナーイヤーモニターなので、優越感に浸れます(笑)

“最高のライブパフォーマンスの為に、アーティストの理想的なモニタリング環境を追求した”
と謳っているインナーイヤーモニター「MDR-EX800ST」、音(原音)にこだわりたいって方にオススメです。
ではでは。

【関連記事 ・ リンク】
SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 公式ページ
(有)メイクアップ・カンパニー インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 公式ページ

SONY ステレオヘッドホン 「MDR-ZX700」 レポート
SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン 「ECM-PCV80U」 レポート
東和電子 Olasonic 薄型TV用スピーカー 「TW-D7OPT」 レポート
オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン 「ATH-CKS90」 レポート
BOSE スマートフォン専用 「MIE2 mobile headset」 レポート
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「XBA-BT75」 レポート
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-4SL」 レポート
SONY “ウォークマン”ドックスピーカー 「RDP-NWX500B」 レポート

SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート5 機能編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート4 比較編
SONY ウォークマン Z 「NW-Z1050」 (16GB) レポート3 アクセサリー編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート2 本体編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート1 開封編

SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート6 機能(2)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート5 機能(1)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート4 アクセサリー編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート3 比較編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート2 本体編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート1 開封編

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー EX310SL ブラック MDR-EX310SL/B
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー EX310SL ブラック MDR-EX310SL/B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 レポート 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる