【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Digital-BAKA】 第5回 デジタル家電ベストバイ (2012年版)

<<   作成日時 : 2013/01/01 00:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。

昨年は素晴らしいデジタル家電が多々発売されましたね。
中でも当ブログが最も気に入っている素晴らしいデジタル家電をランキング方式でお伝えしたいと思います。
※2012年に発売された製品限定です。

画像

※写真はSONY製のBRAVIA「KDL-40HX850」(40V型)でございます。


【10位 SONY ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T2」】

画像

大人気でなかなか購入する事ができなかった「HMZ-T1」の後継機である「HMZ-T2」です。
HD有機ELパネルで、二重に見えるクロストークが発生しない「デュアルパネル3D方式」の
素晴らしいパネルを搭載しています。 しかも、お好みのヘッドホンに付替え可能に仕様が変更され
オーディオマニアにもオススメできるヘッドマウントディスプレイです。
ただ、解像度は「HMZ-T1」と変わらず1280×720に留まっており少し残念でした。
画質は文句なく素晴らしい画質で、特に3Dコンテンツを視聴するならオススメのデバイスです。

【関連記事】
SONY ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T2」 レポート3 比較編
SONY ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T2」 レポート2 本体編
SONY ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T2」 レポート1 開封編


【9位 SONY 「Sony Tablet P (SGPT213JP/H)」 ※Wi-Fiモデル】

画像

画像

4月に追加発売された「Sony Tablet P」のWi-Fiモデルです。
「Sony Tablet P」(3Gモデル)自体の発売は2011年ですが、いまだに劣化しないハード設計は素晴らしいの一言。
アップデートにより、BDレコーダーやナスネとも連携し、ますます便利なタブレット端末となりました。

【関連記事】
「Sony Tablet P」のアップグレードと「torne PS Vita」で出来る事 レポート1
今こそ買い時!? SONY 「Sony Tablet P (SGPT213JP/H)」 購入レポート
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート9 アップグレード編
SONY 「Sony Tablet P」 レポート8 アクセサリー(3)編
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート7 機能編
SONY 「Sony Tablet P」 レポート6 アクセサリー(2)編
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート5 比較編
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート4 b-mobile編
SONY 「Sony Tablet P」 レポート3 アクセサリー(1)編
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート2 本体編
SONY 「Sony Tablet P (SGPT211JP/S)」 レポート1 開封編


【8位 SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」】

画像

タイの洪水の影響で2012年度に発売がズレ込んだ「NEX-7」です。
一眼カメラの楽しさを沢山の方に伝え、ミラーレスブームを一気に加速させたハイエンドモデルですね。
画質や操作性の優秀さは、今までになかったミラーレス機で今でも充分にオススメできるカメラです。

【関連記事】
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート7 撮影(桜)編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート6 撮影(2)編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート5 撮影編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート4 アクセサリー編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート3 比較編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート2 本体編
SONY デジタル一眼カメラ α「NEX-7」 (ズームレンズキット) レポート1 開封編


【7位 Apple 「iPad mini」】

画像

画像

このサイズ感は、持ち運ぶにも家でじっくり使うにもストレスを感じないサイズで使用頻度が非常に増えました。
質量も軽く誰にでも安心して使えるタブレットだと感じます。
しかも「レコプラ」にも対応し、SONY製のBDレコーダーやナスネで録画されたコンテンツを
「iPad mini」のIPSパネルで視聴できるのも嬉しい所。
唯一残念なのが、Retinaディスプレイ非搭載って事。 次期モデルに期待しています。

【関連記事】
Apple 「iPad mini」 (ホワイト&シルバー) レポート4 アクセサリー(2)編
Apple 「iPad mini」 (Wi-Fi/ホワイト&シルバー/16GB) レポート3 比較編
Apple 「iPad mini」 (Wi-Fi/ホワイト&シルバー) レポート2 アクセサリー編
Apple 「iPad mini」 (Wi-Fi/ホワイト&シルバー/16GB) レポート1 開封編


【6位 SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」(40V型)】

画像

価格も随分と安くなってきましたし、画質で選ぶなら断然ブラビアです。 ブラビア最高。 以上。

【関連記事】
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート5 機能編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート4 画質・比較編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート3 サウンドバースタンド編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート1 開封編


【5位 SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「MDR-1RBT」】

画像

Bluetooth Ver.3.0に対応し、ワンタッチ接続のNFC機能も搭載しており
音質も納得の高音質です。 マルチペアリング(最大8台) ・ マルチポイントでハンズフリー通話に対応した
豪華仕様のヘッドホンです。 付属の接続コードで更に音質の向上も期待できて、超オススメ。

【関連記事】
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「MDR-1RBT」 レポート2 本体編
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「MDR-1RBT」 レポート1 開封編


【4位 Apple 「iPhone 5」】

画像

やっぱり、「iPhone」というブランドは誰にでも安心して使えるスマートフォンだなと改めて感じました。
売れている理由は、決してブランド力だけではなく
誰にでも安心して使えるという理由かあるからこそだと思うのです。
4インチのRetinaディスプレイは、お世辞抜きで精細で高画質です。 オススメ。

【関連記事】
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート7 使用編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート6 アクセサリー(3)編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート5 比較編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート4 アクセサリー(2)編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート3 アクセサリー編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート2 本体編
Apple 「iPhone 5」 (ブラック&スレート/16GB) レポート1 開封編


【3位 Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」】

画像

13.3インチでIPSパネルのRetinaディスプレイ(2560×1600)は、本当に素晴らしいディスプレイです。
見ているだけでも所有欲のでるノートパソコンですし、サイズ的にもオススメ。 若干重いのが少々残念ですが。

【関連記事】
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート4 比較編
Apple「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」レポート3 Win7編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート2 本体編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート1 開封編


【2位 SCE ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne (ナスネ)」】

画像

“One SONY”に最も近づけたデバイスと言っても過言ではない製品が、この「nasne (ナスネ)」です。
PS3(Vita)やXperiaやSONY製タブレットは、もちろんの事、VAIOにも連携可能でレスポンスも文句なし。
SONYファンなら絶対に買うべし。

【関連記事】
SCE ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne (ナスネ)」 レポート2
SCE ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne (ナスネ)」 レポート1


【1位 SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」】

画像

画像

タッチで気軽に操作できるタブレットからキーボード入力のできる形へ変化する
「Surf Slider (サーフスライダー)方式」を採用しており、Windows8の楽しさを提供してくれた
「VAIO Duo 11」が2012年のデジタル家電で最も気に入っているガジェットです。
11.6型ワイドのIPSパネルもフルHD(1920×1080)で素晴らしいディスプレイですし
使っていて本当に楽しいノートパソコンです。
パネル角度が固定だったり、重量が重い点は少々残念ですが
そんな不満も消え去るくらい素敵なギミックを採用しているノートパソコンだと感じてます。

【関連記事】
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート3 アクセサリー編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート1 開封編


惜しくもベスト10にはランクインされませんでしたが

画像

SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」もオススメできます。
ナスネでは真似できない機能がテンコ盛りですし、“もくじでジャンプ”なんかは非常に便利です。
画質に関しても文句なしで、何よりトリプルチューナー搭載でスカパー!もLAN録画で可能なのは
BDレコーダーの強み。 オススメ。

【関連記事】
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート2 本体編
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート1 開封編


ちなみに、ワーストバイは…
SONY 「VAIO Tシリーズ11」とSony Mobile 「Xperia acro HD SO-03D」とSony Mobile 「Xperia AX SO-01E」です。

「VAIO Tシリーズ11」は価格は安くデザインも魅力的なんですが液晶品質が悪すぎました。
「Xperia acro HD SO-03D」はデザインがXperiaらしくなく、面白味が無い所です。
「Xperia AX SO-01E」に関しては非常に素晴らしい端末だと思いますが不具合が多すぎます。
※個体差もありますが、フリーズする現象は電話機として考えれば致命的です。 詳しい内容は割愛します。
ワーストバイにXperiaが2台もエントリーされてしまいましたが
個人的に今年のXperiaシリーズには大いに期待しております。
5インチのフルHDパネルを採用した「Xperia Z」?は当ブログでもレポートする予定です。

ではでは本年度も参考になったと言われるように努めてまいります。
今年も【Digital-BAKA】をよろしくお願いいたします。


【関連記事】
第4回 「Digital-BAKA ディスプレイ・アワード 2011」を勝手に発表
2012年モデルの…SONY 「BRAVIA」シリーズの期待と不安
SONY 84V型4K対応液晶テレビ「BRAVIA KD-84X9000」 発表

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【Digital-BAKA】 第5回 デジタル家電ベストバイ (2012年版) 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる