【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS SONY ホームシアターシステム 「HT-CT370」 レポート2 本体編

<<   作成日時 : 2014/06/11 12:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、バースピーカーとワイヤレスサブウーファーの本体周りを詳しくレビューします。

画像

↑↑写真は、SONYさんのホームシアターシステム「HT-CT370」(ブラック)でございます。
※写真のテレビは、BRAVIA「KDL-40W900A」(40V型)です。

画像

↑↑まずは、ワイヤレスサブウーファーからチェックしてみます。

画像

↑↑天面に“SONY”ロゴが刻印されています。

画像

画像

↑↑正面とサイドは、こんな感じ。 スリムなサイズで縦長のサブウーファーとなっています。 ちなみに横置きも可能です。

画像

画像

↑↑正面サイドの上に電源ランプが配置されており、電源オフ時は赤に、電源が入ると緑に点灯します。 ※バースピーカーとワイヤレス接続されると緑に点灯します。

画像

↑↑サブウーファーの背面です。

画像

画像

↑↑バースピーカーとはワイヤレスで接続されるので、インターフェース部はなく電源ケーブルのみとなります。 もちろんワイヤレスなので、バースピーカーと通信できる場所であれば、何処にでも設置できるのが良い所ですね。 バースピーカーと接続するためのLINKボタンもありますが、特別な事をしない限り使う事はありません。 ※開封時にはバースピーカーとサブウーファーは既にペアリング接続されています。

画像

↑↑つづいて、バースピーカーをチェックしてみます。

画像

画像

↑↑左サイドに“SONY”ロゴが刻印されており、六角形のデザインフォルムをモチーフとした存在感のあるシャープな形状を採用しています。

画像

↑↑表面の素材には、深みのある漆黒のスピーカークロスを使用しています。

画像

↑↑薄型TVの前に置いた場合も、テレビの画面を隠さない、スリムな設計で、設置の利便性を高めています。
※写真のテレビは、4K BRAVIA 「KD-49X8500B」 (49V型) です。

画像

↑↑中央にはNFCが配置されており、NFC対応の端末とタッチするだけで「HT-CT370」との接続が完了します。

画像

↑↑中央のNFCの上に左から、電源ボタン/INPUT(入力切り替え)ボタン/PAIRINGボタン/ボリュームボタン が配置されています。

画像

↑↑「HT-CT370」の電源を入れると、NFCの下に情報表示されるLEDランプが点灯されます。

画像

↑↑バースピーカーの背面をチェックします。

画像

画像

↑↑インターフェースはバースピーカーの背面に集中しています。
右から、HDMI出力端子(ARC)1系統/HDMI入力端子 3系統/音声デジタル端子1系統/ミニピンジャック アナログ入力端子1系統/IR BLASTER(AVマウスを接続) が配置されています。

HDMI入力/出力は、4K/3D/ARC/ブラビアリンク/他社製品との機器連動/オートジャンルセレクター/TRILUMINOS COLOR/Deep color に対応しています。

画像

↑↑電源ケーブルです。 ※バースピーカーとワイヤレスサブウーファー、2つの電源供給が必要となります。

画像

↑↑底面です。

画像

画像

↑↑付属のスタンドを取り付ける箇所です。 スタンドの取り付けは必須ではありませんが、バースピーカーを斜めにする事により設置スペースが狭くなります。 またバースピーカーを壁掛けする場合にもスタンドを使用します。

って事で SONY ホームシアターシステム 「HT-CT370」 レポート3 使用編 につづく。
最終レポートの次回は、「HT-CT370」の便利な使い方や音質などをレビューしたいと思います。



【関連記事 ・ リンク】
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT370」 レポート1 開封編

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT660」 レポート2 使用編
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT660」 レポート1 開封編

SONY ホームシアターシステム 「HT-FS30」 レポート2 使用編
SONY ホームシアターシステム 「HT-FS30」 レポート1 開封編

SONY コードレスステレオヘッドホンシステム 「MDR-HW700DS」 レポート3 試聴編
SONY コードレスステレオヘッドホンシステム 「MDR-HW700DS」 レポート2 本体編
SONY コードレスステレオヘッドホンシステム 「MDR-HW700DS」 レポート1 開封編

SONY 4K BRAVIA 「KD-49X8500B」 (49V型) レポート2 本体編
SONY 4K BRAVIA 「KD-49X8500B」 (49V型) レポート1 開封編

SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート6 使用編
SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート5 機能(2)編
SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート4 機能(1)編
SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート3 画質・比較編
SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-32W700B」 (32V型) レポート1 開封編

SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート5 機能(その2)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート4 機能(その1)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート3 画質(比較)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート1 開封編

SONY 3Dメガネ(パッシブ方式) 「TDG-500P」 レポート1 開封編
SONY 3Dメガネ(アクティブシャッター方式) 「TDG-BT500A」 開封レポート

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT370」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT370」 レポート2 本体編 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる