【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS SONY 「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 レビュー

<<   作成日時 : 2016/04/15 08:05   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は4月16日発売の「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」を紹介します。

画像

↑↑写真のワイヤレスポータブルスピーカーはSONYさんの「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」でございます。 実売価格はAmazonさんで29600円前後となっています。

「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 主な特徴

画像


●世界最小のハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー
●豊かな低域からきらびやかな高域まで鳴らしきるハイレゾ対応35mmフルレンジスピーカーユニットを搭載
●低音増強振動板ユニットを2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用
●192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応 ※DSDの再生も可能
●ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」搭載
●ワイヤレスサラウンド対応商品と組み合わせることで、臨場感のあるサラウンドサウンド機能に対応
※2016年6月以降にファームウェアアップデートにて提供予定
●2台のワイヤレススピーカーを接続することで、より広がりのあるステレオサウンド「ワイヤレスステレオ」対応
●Wi-Fi / Bluetooth ver.4.2 (ワイヤレス)搭載
●ワンタッチ接続(NFC)機能搭載
●Android/iOS搭載のスマートフォン/タブレット、PC/NASの中に保存した音楽やTuneIn Radioなどのインターネットラジオやミュージックサービスから再生可能
●ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC」に対応
●SBC/AAC/LDACの3種類の音声コーデックに対応
●5時間の充電で最長12時間使用できる内蔵バッテリーを搭載
●最大外形寸法(幅×高さ×奥行) 約204×62×60mm
●質量 約790g

●カラーバリエーション チャコールブラック、ビリジアンブルー、ボルドーピンク、シナバーレッド、ライムイエロー


1BOXのコンパクトボディにハイレゾ対応やWi-Fiにも対応した贅沢仕様のワイヤレススピーカーです。 5色のカラーバリエーションとなっており、当ブログでは“チャコールブラック”を紹介します。

画像

↑↑付属品はマイクロUSBケーブル、USB ACアダプター。

画像

↑↑そしてマニュアルなどの書類となっています。

画像

↑↑本体となる「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」“チャコールブラック”です。

画像

↑↑デザインは、横長の1BOXタイプとなっており、今までに発売された“ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-X)”シリーズを継承しています。

画像

↑↑片手で楽々持てるサイズです。

画像

↑↑正面です。

画像

↑↑正面にはハイレゾ対応35mmフルレンジスピーカーユニットを搭載したスピーカーが付いており、この小型なボディで迫力あるサウンドが楽しめます。

画像 画像

↑↑底面です。 リセットボタンとスピーカーグリルを取り外すためのレバーが配置されています。

画像

↑↑上部です。

画像

↑↑上部の右側に、電源ボタン、音量ボタン(+/−)、Extra Bassボタン、受話器(通話)ボタンが配置されています。 Extra BassボタンでExtra Bassを有効にすると、クラブやフェスにいるような重低音の迫力をさまざまな場所やシーンで楽しむことができます。

画像

↑↑CHARGE(充電)のLEDランプや電源LEDランプも装備されています。

画像

↑↑中央にはNFCが配置されています。 NFCに対応した端末ならタッチするだけでBluetooth接続ができます。

画像

↑↑背面です。

画像

↑↑背面の右側にはFUNCTION(切り替え)ボタン、UPDATE/WPSボタン、SETUPボタン、STEREO PAIRボタン、L/R表示ランプが配置されています。 ※L/R表示ランプは「ワイヤレスステレオ」モード時でチェックできます。

画像

↑↑ソースの切り替えは白のLEDランプで確認できます。 ※LINKはWi-Fiが接続されると、オレンジのLEDが点灯します。

画像

↑↑背面の左下に、充電用microUSB(5V)、再生用microUSB端子、オーディオ入力端子が配置されています。

画像

↑↑サイドは、こんな感じ。

画像 画像

↑↑操作はスマートフォンやタブレットでワイヤレス操作が可能となっている「SongPal」でも可能になっています。 イコライザー、バッテリー残量チェック、ソフトウェアアップデートなども「SongPal」で行えます。

【豊富なリスニング方法】

「h.ear go(SRS-HG1)」はワイヤレスポータブルスピーカーとなっていますが、ワイヤレス再生だけではなく有線接続でも再生が可能な万能スピーカーです。 では、どのようなリスニング方法が可能なのか簡単に説明します。

画像

↑↑Bluetooth接続。 ※ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC」対応。
※写真のウォークマンはSONY ウォークマンA20シリーズ「NW-A25HN」です。

画像

↑↑Wi-Fi接続。 ※DLNA対応、Google Play MusicやAWAなどの各種音楽配信サービス、ハイレゾ再生。
※写真のタブレットは「Xperia Z3 Tablet Compact」です。

画像

↑↑PC接続。 ※BluetoothやWi-FiやUSB接続など。

画像

↑↑USB接続。 ※ハイレゾ再生。 ※ウォークマンはUSB変換ケーブル「WMC-NWH10」が必要です。

画像

↑↑オーディオ入力端子接続。 ※アナログ入力に対しても96kHz/24bitのADコンバーターで処理をすることで入力信号をロスなくデジタル信号化。

画像

↑↑音質もなかなかの音質です。 特にExtra Bassを有効にすると、重低音がハンパないです(笑) あと予想通り、有線接続(USB接続)の音質が一番良いですね。

フル充電で最長12時間使用可能ですし、豊富な接続方法、持ち運びしやすいサイズ、万能性が非常に高くバランスの良いポータブルスピーカーです。 2016年6月以降にファームウェアアップデートにて“ワイヤレスステレオ”や“ワイヤレスサラウンド”機能に対応するのも凄いですよね。 オススメです。



【関連記事 ・ リンク】
SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー3 使用編
SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー2 本体編
SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー1 開封編

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X1」 レポート2 使用編
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X1」 レポート1 開封編

BOSE PCスピーカー 「Companion2 Series III」 購入レビュー

SONY 「h.ear on Wireless NC (MDR-100ABN)」 レビュー

SONY ステレオヘッドホン 「MDR-Z7」 レポート2 試聴編
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-Z7」 レポート1 開封編

SONY ステレオヘッドホン 「MDR-1A」 レポート2 リスニング編
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-1A」 レポート1 開封編

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-A2」 レポート2 試聴編
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-A2」 レポート1 開封編

PHILIPS インイヤーヘッドホン 「SHE9710」 使用レポート

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「MDR-EX1000」 レポート2
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「MDR-EX1000」 レポート1

SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 レポート

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー(スマートフォン対応) 「MDR-EX450AP」 レポート

ソニーストア・Deff 「ヘッドホンスタンド (CC-DST-HP1AW)」 購入レポート
デザインが良く高品質で低価格の「ステレオミニプラグオーディオケーブル」を購入(Part.2)
デザインが良く高品質で低価格のPoweradd「ステレオミニプラグオーディオケーブル」を購入してみた
Pattern Breaker 「PBケース プレミアムイヤフォンケース」 購入レビュー

SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A25HN」 レビュー3 MDR-NW750N編
SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A25HN」 レビュー2 本体編
SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A25HN」 レビュー1 開封編

PGA 「ウォークマン A10/A20シリーズ用 フリップカバー」 購入レビュー
エレコム 「WALKMAN Aシリーズ用極みシェルカバー」 購入レビュー
レイ・アウト 「WALKMAN Aシリーズ用 光沢指紋防止フィルム 2枚組」 購入

SONY ウォークマン ZXシリーズ 「NW-ZX2」 レポート3 使用編
SONY ウォークマン ZXシリーズ 「NW-ZX2」 レポート2 本体編
SONY ウォークマン ZXシリーズ 「NW-ZX2」 レポート1 開封編
ウォークマン「NW-ZX2」「NW-ZX1」「F880シリーズ」に対応したガラスフィルムを試す

SONY 「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。 なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。 ※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SONY 「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 レビュー 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる