【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本でも公式発表!4K有機ELテレビ「A1シリーズ」と4K液晶テレビのブラビア2017年モデル!

<<   作成日時 : 2017/05/09 02:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1月の「Sony CES 2017」で発表された有機ELパネル(OLED)搭載ブラビアが日本でも正式発表されました。また液晶4Kブラビアの2017年モデルも4シリーズ発表されています。当ブログでは個人的に注目している2機種(2シリーズ)を紹介します。

画像


【Digital-BAKA】が注目する4K有機ELテレビ「A1シリーズ」の主な特徴

画像

画像


●吸いこまれるような黒を表現できる有機ELパネルを採用(LG製パネル)
●4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」
●超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」
●HDR相当の高コントラストに「HDRリマスター」
●鮮やかな色を再現「トリルミナスディスプレイ」
●なめらかな色表現を実現「Super Bit Mapping 4K HDR(スーパービットマッピング 4K エイチディーアール)」
●HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応

●画面本体を振動させて映像全体から広がる音を実現する「アコースティック サーフェス」を採用
●最新バージョンOSのAndroid TV 7.0搭載(小画面表示やタスク切換機能などに対応)
●音声でかんたんに録画予約
●数字(チャンネル)ボタンで電源オンが可能になった「チャンネルポン」
●65インチは80万円前後、55インチは50万円前後
○2018年から放送開始予定の「BS・110度CSによる4K・8K放送」を受信する機能は搭載していません。
放送を楽しむには、今後発売される別売のチューナーが必要です。

55インチに関しては日本メーカーでは最安値の標準価格帯となっており、SONYさん頑張ったなという印象です。デザインもさすがSONYですよね。ベゼルを極限まで薄くし、スタンドは正面から見えないようになっているのでシンプルで非常に美しいデザインです。しかし、冷静に考えると価格的にまだまだ高嶺の花です。40万を切れば買い時かな…と思っているのですが(笑)当ブログから、いつかは4K有機ELテレビのBRAVIAをレビューしたいですね。49インチの有機ELパネルが作られないと登場(発売)はしないと思いますが、49インチサイズの有機ELが出れば更に魅力的かも。Z9Dシリーズとの差別化も含めて(笑)


【Digital-BAKA】が注目する4K液晶テレビ「X9000Eシリーズ」の主な特徴

画像

画像


●質な輝きと深みのある黒が生み出す立体感
●さまざまな映像をHDR相当のコントラストで描き出す高画質4Kモデル
●4K高画質プロセッサー「HDR X1(エイチディーアール エックスワン)」を搭載
●超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」
●HDR相当の高コントラストに「HDRリマスター」
●鮮やかな色を再現「トリルミナスディスプレイ」
●なめらかな色表現を実現「Super Bit Mapping 4K HDR(スーパービットマッピング 4K エイチディーアール)」
●HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応

●明暗のきめ細かな描写を可能にする「直下型LED部分駆動」
●高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」を搭載
●HDRコントラストは5倍(「X-tended Dynamic Range PRO」非搭載モデルの約5倍のコントラスト)

●本体背面に豊かな低音の出力を可能にする「バスレフ型スピーカー」
●最新バージョンOSのAndroid TV 7.0搭載(小画面表示やタスク切換機能などに対応)
●音声でかんたんに録画予約
●数字(チャンネル)ボタンで電源オンが可能になった「チャンネルポン」
●65インチは44万円前後、55インチは32万円前後、49インチは24万円前後
○2018年から放送開始予定の「BS・110度CSによる4K・8K放送」を受信する機能は搭載していません。
放送を楽しむには、今後発売される別売のチューナーが必要です。

「X9000Eシリーズ」は2017年モデルのブラビアでは価格的にもスペック的にも一番バランスの良いモデルになっている印象です。※当ブログでは「X9000Eシリーズ」(49インチ)を6月上旬頃にレビュー予定です。



【関連記事 ・ リンク】
Sony CES 2017で 4K有機ELテレビ「BRAVIA A1Eシリーズ」 発表!

SONY ブラビア X8300Dシリーズ 「KJ49X8300D」 レポート3 4Kコンテンツ編
SONYの4Kブラビア「KJ49X8300D」をPCディスプレイとして使えるか?検証してみた!
SONY ブラビア X8300Dシリーズ 「KJ49X8300D」 レポート2 本体編
SONY ブラビア X8300Dシリーズ 「KJ49X8300D」 レポート1 開封編

HDRパススルーにも対応したTendak製4K対応の双方向HDMI切替器を買ってみた!
2015年と2016年モデルの4Kブラビアで「PS4 Pro」の映像を最適化する方法

LAN録画とLANダビングにようやく対応した「BDZ-ZT2000」を再検証(レビュー)してみる
SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-ZT2000」 レビュー2 機能(使用)編
SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-ZT2000」 レビュー1 開封編

SONY ホームシアターシステム 「HT-ZR5P」 使用レポート

SONY 4Kブラビア 「KJ-43X8500C」 特別レビュー 大型アップデート(2)編
SONY 4Kブラビア 「KJ-43X8500C」 特別レビュー 大型アップデート(1)編
SONY 4Kブラビア 「KJ-43X8500C」 (43v型) レビュー3 画質&使用編
SONY 4Kブラビア 「KJ-43X8500C」 (43v型) レビュー2 本体編
SONY 4Kブラビア 「KJ-43X8500C」 (43v型) レビュー1 開封編

BRAVIA用のワイヤレスサブウーファー「SWF-BR100」を使ってみる!
BRAVIAの宣伝が人気YouTuberの動画にアップされていた件について

4K録画にも最適!大容量のSONY 外付けHDD 「HD-U3(3TB)」 を紹介!
SONY 外付けハードディスク 据え置きタイプ 「HD-D2B B (2TB)」 レポート

SONY 4Kメディアプレーヤー 「FMP-X7」 レポート5 LANダビング編
SONY 4Kメディアプレーヤー 「FMP-X7」 レポート4 録画&使用感編
SONY 4Kメディアプレーヤー 「FMP-X7」 レポート3 4K&ハイレゾ編
SONY 4Kメディアプレーヤー 「FMP-X7」 レポート2 視聴準備編
SONY 4Kメディアプレーヤー 「FMP-X7」 レポート1 開封編

SONY BRAVIA 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。 なお情報内容(仕様 ・ スペックなど)に誤りがあった場合は直ちに修正いたします。 ※コメントを希望される方はツイッターの“ @Digital_BAK ”宛までお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本でも公式発表!4K有機ELテレビ「A1シリーズ」と4K液晶テレビのブラビア2017年モデル! 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる