【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS SONY サウンドバー 「HT-CT790」 レポート2 使用編

<<   作成日時 : 2017/06/19 01:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回はサウンドバー「HT-CT790」の使用感についてレビューします。

画像

画像

写真のサウンドバーはSONYさんのサウンドバー「HT-CT790」です。実売価格はAmazonさんで45000円前後となっています。

画像

当ブログが「HT-CT790」を設置したのは今月発売されたばかりのBRAVIA 「KJ-49X9000E」(49インチ)の手前です。49インチサイズのテレビだと「HT-CT790」のバースピーカーとのバランスも良くピッタリサイズでした。

画像

接続端子はARC(オーディオリターンチャンネル)に対応しているHDMI (3)端子へ接続しています。写真の画面が「HT-CT790」のホーム画面となります。

画像

「HT-CT790」は拡張機能として、ワイヤレスサラウンドにも対応しています。ワイヤレスサラウンド環境を作るには6月現在で、「h.ear go(SRS-HG1)」2台か「HT-ZR5P」が必要となります。

SONY 「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 レビュー
SONY ホームシアターシステム 「HT-ZR5P」 使用レポート

画像

またHDMI入力端子は3系統搭載しており、HDMIのセレクターとしても使用可能です。しかも3系統全て4K/HDR(HDCP2.2)に対応しているので将来性も安心です。4K/HDR対応機器を接続する場合は、写真のように拡張フォーマットを選択する必要があります。

画像

画像

Bluetooth(NFC)接続にも対応しているので、テレビを視聴しない場合はDAPやスマホなどを接続して音楽鑑賞もアリですね。下手なスピーカーで聞くよりも迫力ある音質が楽しめます。ただ、高音質コーデックのLDACには対応していますがハイレゾ音源には非対応です。

画像

「HT-CT790」の設定はBRAVIA(テレビ)側でも可能です。※オーディオ機器コントロール設定があるBRAVIAに限ります。

画像

画像

オーディオ機器コントロールでは音質設定やサウンドフィールドなどが設定可能です。

画像

画像

USBメモリー(2.0対応)や無線LAN(LAN端子)でファームウェアアップデートが可能です。2017年5月24日に最新アップデートが公開されています。※アップデート後のソフトウェアバージョンは下4桁が「2103」です。

画像

音質に関しては、サブウーファーの低音がMAX音量の12でもやや大人しめだとは感じますが、テレビ視聴では声が非常にクリアに聞こえるようになっており、テレビ音質のアップグレード目的では合格ではないでしょうか。薄型デザインのお陰でテレビの前に設置しても余り邪魔になりませんし、多彩な再生フォーマットにも対応していますし、個人的に満足度はまあまあです。

何より4K/HDR(HDCP2.2)対応のHDMI入力端子が3系統搭載しているのは有難いです(笑)なので、HDMI端子が足りないと困っている方にはHDMIセレクターとして購入するのも大いにアリです。また「ワイヤレスマルチルーム」で音楽ストリーミングサービスの音楽を聞いて楽しむのも良いかもしれませんね。実売価格が5万を切っている価格も魅力的です。ではでは失礼しました。



【関連記事 ・ リンク】
SONY サウンドバー 「HT-CT790」 レポート1 開封編

SONY ホームシアターシステム 「HT-ZR5P」 使用レポート

SONY BRAVIA X9000Eシリーズ 「KJ-49X9000E」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA X9000Eシリーズ 「KJ-49X9000E」 レポート1 開封編

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-XB30」 使用レポート
SONY 「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)」 レビュー

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X1」 レポート2 使用編
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X1」 レポート1 開封編

SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー3 使用編
SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー2 本体編
SONY マルチオーディオコンポ 「CMT-SX7」 レビュー1 開封編

BOSE PCスピーカー 「Companion2 Series III」 購入レビュー

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「MDR-XB70BT」 使用レポート

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-N3」 レポート

写真で見る2900台限定モデル 「MDR-1A Limited Edition」 レビュー
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-1A」 レポート2 リスニング編
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-1A」 レポート1 開封編

PSVRに最適! SONY ステレオヘッドホン 「MDR-ZX660」 レビュー
SONY 「h.ear on Wireless NC (MDR-100ABN)」 レビュー

SONY ステレオヘッドホン 「MDR-Z7」 レポート2 試聴編
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-Z7」 レポート1 開封編

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-A2」 レポート2 試聴編
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-A2」 レポート1 開封編

PHILIPS インイヤーヘッドホン 「SHE9710」 使用レポート

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「MDR-EX1000」 レポート2
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「MDR-EX1000」 レポート1

SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 レポート

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー(スマートフォン対応) 「MDR-EX450AP」 レポート

SONY ポータブルヘッドホンアンプ 「PHA-2A」 使用レポート

バランス接続(Φ4.4mm)ヘッドホンケーブル「MUC-S12SB1」で音質は変わるのか試してみる
SONY Φ4.4mmバランス接続端子対応ヘッドホンケーブル 「MUC-M12SB1」 レポート

SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A35」 レポート3 使用編
SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A35」 レポート2 アクセサリー編
SONY ウォークマンAシリーズ 「NW-A35」 レポート1 開封編

SONY サウンドバー 「HT-CT790」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。 なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。 ※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SONY サウンドバー 「HT-CT790」 レポート2 使用編 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる