【Digital-BAKA】

アクセスカウンタ

zoom RSS Canon 一眼レフカメラ 「EOS 6D Mark II」 レポート1 開封編

<<   作成日時 : 2017/08/09 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は8月4日に発売されたばかりの「EOS 6D Mark II」を開封編として紹介します。

画像

写真のカメラは、Canonさんの一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」です。実売価格はAmazonさんで21万8700円前後(ボディのみ)となっています。※写真のレンズは「EF24-70mm F2.8L II USM」です。

「EOS 6D Mark II」 主な特徴

画像


●35mmフルサイズ約2620万画素・新開発CMOSセンサー
●映像エンジンDIGIC 7
●常用最高ISO感度40000

●フルサイズの高画質と携帯性を両立するボディーサイズ
●ファインダー視野率 約98%
●バリアングル/タッチパネル液晶(3.0型 約104万ドット)
●防塵・防滴構造

●オールクロス45点AFセンサー
●最高約6.5コマ/秒の連続撮影

●進化したライブビュー撮影(デュアルピクセルCMOS AF)
●フルハイビジョン60p動画記録(動画電子IS)
●4Kタイムラプス

●Wi-Fi機能(NFC搭載)
●Bluetooth対応
●GPS機能


EOSのフルサイズ機では初となるバリアングル液晶を搭載した「EOS 6D Mark II」が8月4日に発売されました。ボディーサイズはデジタル一眼レフカメラのフルサイズ機では世界最軽量を実現しているだけあって、フルサイズに買い替え(買い増し)したい方や女性にもオススメできる一眼レフカメラとなっています。

画像

画像

付属品を紹介します。「バッテリーチャージャー(LC-E6)」です。

画像

「バッテリーパック(LP-E6N)」です。 ※保護カバー付き

画像

「バッテリーチャージャー(LC-E6)」で「バッテリーパック(LP-E6N)」を充電すると、こんな感じ。 LDEランプの点滅の数でバッテリー充電状況が分かります。

画像

「ワイドストラップ (EW-EOS6DMKII)」です。

画像

マニュアルなどの書類です。ちなみにマニュアルは600ページを超えていました。熟読する方はいるのでしょうか…?(笑)

画像

ボディ本体となる「EOS 6D Mark II」です。

画像

ぱっと見は先代モデルの「EOS 6D」と似ていますね。キヤノンのフルサイズはペンタ部のデザインが個人的に萌えます(笑)

画像

画像

「EOS 5D Mark IV」(写真左)と本体比較してみました。比較して分かるように「EOS 6D Mark II」は一眼レフカメラでは世界最軽量とはいえ、サイズの違いは差ほどないですね。コンパクトではありますが…あくまでも一眼レフカメラのフルサイズ機としては小さいよという事なので、ミラーレス一眼と比べると相当大きいです。

画像

「EOS 6D Mark II」に「EF24-70mm F2.8L II USM」を付けると、こんな感じ。カッコイイ…(笑)

画像

それでは「EOS 6D Mark II」に対応したオススメのアクセサリー製品を何点か紹介したいと思います。1つ目はエツミさんから発売された「液晶保護フィルム ZERO Canon EOS 6D Mark専用 (E-7360)」です。実売価格はAmazonさんで1980円前後となっています。

ピッタリサイズで液晶画面用/上面表示パネル用が各1枚入ってます。オススメです。ちなみに初代モデルである「EOS 6D」用保護フィルムは同じ3.0型の液晶モニター用ですが、枠のサイズが微妙に違うので使えませんでした。

画像

キヤノン(EOS用)のホットシューカバーです。実売価格はAmazonさんで400円前後となっています。純正品(付属品)ではホットシューカバーがないので、欲しい方は是非とも。

画像

Peak Designさんのカメラストラップ「スライドライト(SLL-1)」です。実売価格はAmazonさんで6000円前後となっています。

画像

画像

ストラップの長さを素早く調整でき、ストラップの取り付けや取り外しがワンタッチで簡単にできるのでオススメです。

「スライドライト(SLL-1)」のレビューはコチラ↓↓
Peak Design カメラストラップ「スライドライト(SLL-1)」 購入レビュー

「EOS 6D Mark II」のファーストインプレッション

●シャッター音が良い。個人的に「EOS 5D Mark IV」よりも好き。
●タッチパネルの液晶モニターは非常にレスポンスが良く使いやすい。そしてバリアングル採用は大正解。
●APS-C機の「EOS 80D」と同じとされているオールクロス45点AFセンサーは、やはり中央に寄りすぎ(笑)しかし、慣れれば問題ないかも…?
●ファインダー視野率は約98%だが、ほとんど気にならない。※ファインダー視野率100%と比べても問題ないレベル。
●4K動画非対応は、やはり痛い。モデルチェンジのサイクルが長いキヤノンさんですから、今後不満に思うかもしれない。
●前評判ではイマイチな評価の高感度画質やダイナミックレンジ性能、現時点では余り試していないが言われているほどの不満は感じない。しかし、もう少し試してみる必要がある。
●性能(スペック)は控えめですが、キヤノン好きなら安心して使えるフルサイズカメラだと強く感じます(笑)


画像

Canon 一眼レフカメラ 「EOS 6D Mark II」 レポート2 本体編 につづく。次回は「EOS 6D Mark II」の本体周りを詳しくレビューします。



インスタグラム
https://www.instagram.com/digital_baka/
Twitter
https://twitter.com/Portrait_BAKA

【関連記事 ・ リンク】
Canon 一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark IV」 レポート4 使用編
Canon 一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark IV」 レポート3 バッテリーグリップ編
Canon 一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark IV」 レポート2 本体編
Canon 一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark IV」 レポート1 開封編

「EOS 5D Mark IV」のミニチュア USBフラッシュドライブが届いた件
まだ間に合う!「EOS 5D Mark IV」 POWER OF FIVE キャンペーンのプレゼント

【Portrait-BAKA】 私が Canon 「EOS 6D」(EFマウント)を選んだ6つの理由

Canon EFマウント レンズ ・ レビュー (リンク集) 2017年春号

Canon EFマウント レンズ ・ レビュー (リンク集) 2017年春号
SONY Eマウント レンズ ・ レビュー (リンク集) 2017年春号

SIGMA 「MOUNT CONVERTER MC-11」(CANON EF-E) 開封レビュー
「MOUNT CONVERTER MC-11」はキヤノン純正レンズも使えるか?試してみた
SIGMA 「USB DOCK (キヤノン用)」 使用レビュー

東洋リビング 防湿庫 「オートクリーンドライ ED-160CAWP(B)」 レビュー2
東洋リビング 防湿庫 「オートクリーンドライ ED-160CAWP(B)」 レビュー1

ニッシンデジタル 「スピードライト Air1+Di700A キット(キヤノン用)」 レビュー
ニッシンデジタル 「スピードライト Air1+Di700A キット (ソニー用)」 レビュー

長時間露光の強い味方、Canon純正の「リモートスイッチ(RS-80N3)」を購入
Canon 「リモートコントローラー(RC-6)」 購入レビュー
Canon 「ハンドストラップ E2」 購入レポート
キヤノンのEOSシリーズに対応した低価格の互換アクセサリー製品を緩く紹介

「5D Mark IV」の下準備!Transcend「コンパクトフラッシュ TS64GCF800」
「5D Mark IV」の下準備!Transcend「USB 3.1/3.0カードリーダー」レビュー
カメラレンズフィルターが増えている方は必読!「フィルターポーチ」紹介
使い方いろいろ! HAKUBA 「カメラ ざ・ぶとん M (ブラック)」 購入レポート
SLR 「グライドワン B 速写ストラップセット」 購入レポート

Canon 一眼レフカメラ 「EOS 6D Mark II」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。 なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。 ※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Canon 一眼レフカメラ 「EOS 6D Mark II」 レポート1 開封編 【Digital-BAKA】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる