SONY USBメモリー ポケットビット 『USM8GL』 (8GB) レポート

発売されたばかりの…SONY製USBメモリー『USM8GL』を購入したので
早速、レビューしようかと思います。

デザインが一新された…
高速タイプのUSM-LXシリーズとノーマルなUSM-Lシリーズ
発売されたわけですが、価格の事も考慮したり
USM-Lシリーズでも「ReadyBoost」に対応しているって事で
USM-Lシリーズを購入いたしました。

画像


画像

↑↑SONY USBメモリー ポケットビット 『USM8GL』 (8GB)です。

できれば…16GBが欲しかったんですが、USM-Lシリーズだと8GBまでしか
ラインアップになく、USM-LXシリーズの16GBだと22800円と高かったので
スルーしました。

『USM8GL』 (8GB)の価格は8800円と、まあまあ安かったって事も選んだ理由の1つですね。
ソニースタイル価格です。

以前に買った…ポケットビット 4GB ハイスペック 『USM4GJX』
高速タイプだったとは言え、12300円だった事を考えれば、かなり安くなりました。
容量も倍あるし。

画像

↑↑これが本体※『USM8GL』 (8GB)です。なかなかデザインも良く気に入っています。

画像

↑↑使う頻度が無くなりつつある…Vistaの「Windows ReadyBoost」にも対応しています。

画像

↑↑ちなみに、セット内容はマニュアルと本体のみです。

画像


画像

↑↑特徴と言えば…
ワンプッシュでUSB端子接続が可能である「ノックスライド機構」ですかね。
カチッ!と鳴る音が心地良いです(^^; ※ストラップホールも付いています。

画像

↑↑PCに差し込みアクセスすると、こんな感じでLEDが光ります。

画像

↑↑PCから取り外すと、端子部分も元の位置に戻る(へこむ)ので、何気に便利かも。

画像

↑↑8GBの場合、総容量は7.46GB。これだけあれば、かなり余裕がありますね。

画像

↑↑プリインストールされているソフトウェアは…
ファイルを自動的に圧縮・解凍する「バーチャルエキスパンダー」と
ファイルを暗号化処理をする「キチッと秘密ファイルロック」です。

【転送速度は?】
●複数のデータ(容量1GB)を、PCから「USM8GL」にコピーした時間を計測してみました。
結果は約10分でした。
●複数のデータ(容量1GB)を、「USM8GL」からPCにコピーした時間を計測してみました。
結果は約1分でした。

※ハイスピードのUSM-LXシリーズと比べる事は出来ませんが…
「こんなもんかなぁ…」と感じるスピードでした。


SONY メモリースティック Pro Duo 8GB 『MSX-M8GS』 レポート
SONY メモリースティック Pro Duo 4GB 『MSX-M4GS』 レポート
SONY ポケットビット 4GB ハイスペック 『USM4GJX』 レポート
『SanDisk microSDHC 6GB』 + 『PhotoFast CR-5200』 購入
トランセンド SDHCカード Class6 (8GB)『TS8GSDHC6』 レポート

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック