タイガー IH炊飯ジャー 「炊きたて JKH-10E5 TM」 購入レポート

この時期になると何故か…
我が家の白物家電(生活家電)が次々と壊れていきます。

去年は、洗濯機やドライヤーを買い替え…今年は
「炊飯器の調子が悪いから、新しいの買うわ(買って来い)」ってな事を言われたので
予算を2万円以下と目標に決め、家電量販店へ。
ぶっちゃけ、白物家電には…お金をかけない主義なので(^^;

そして、予算・機能共にピッタリな炊飯器を見つけちゃいました。
その、めぐり合った炊飯器というのは…

画像

画像

↑↑コレ。
タイガーから発売されているIH炊飯ジャー「炊きたて JKH-10E5 TM」でございます。
価格は16800円でした。

画像

↑↑実はコレ、エディオン・オリジナルの炊飯器らしく
エディオングループ専売で販売されている製品でした。
※僕の地元で言うと、100満ボルトです。

簡単な特徴と言いますと…
●形状記憶合金かまど調圧
●甘みを引き出す「剛火IH」と熱効率が良い「銅入3層遠赤釜」を採用
※真ん中にあるドーム状のふくらみが、Wの対流を引き起こし炊きムラを少なくします。
●ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養が手軽に補えると人気の雑穀米をふっくら炊き上げる
「雑穀米メニュー」を搭載
●少し低めの温度で保温しおいしさを長持ちさせる「つやつや保温」で24時間の保温が可能
●130度の高加熱「剛火IH」
●容量:5.5号炊き

といった感じです。

画像

↑↑これが「銅入3層遠赤釜」です。価格の割には、釜の品質は良いです。

画像

↑↑130度の高加熱と言うだけあって、吹き出し口も気合が入っております。

画像

↑↑メニュー周りも実にシンプルで分かり易いです。

画像

↑↑年間電気代は約2200円で、省エネ基準達成率は101%だそうです。へぇ~。
※数字スペックは、メーカー公表による目安です。

画像

↑↑ちなみに、付属品は、しゃもじと計量カップが付いています。

画像

画像

↑↑「剛火IH」ハンパねぇ~。
美味しいです、いやマジで。
お米従来の甘みがしっかり引き出されていて、お米がたってます。
ベターな事しか書いていませんが…
マジで美味い。

炊飯器1つで、お米の味って変わるものなんですね。
これなら、10万円近くする炊飯器なんて買わなくても…充分満足ですわ。
ではでは。

タイガー IH炊飯ジャー 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • くちこみブログ集(ライフ): 炊きたて(タイガー) by Good↑or Bad↓
  • Excerpt: 「炊きたて(タイガー)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してく..
  • Weblog: くちこみブログ集(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
  • Tracked: 2009-02-07 08:13
  • ガス、レンジ、IHどれが省エネ?
  • Excerpt: 前々から気になっていた加熱方法による効率、CO2の排出量、コストの違いを実験してみた。
  • Weblog: 札幌生活
  • Tracked: 2009-05-06 17:07