デジバカが選んだ…モバイルWi-Fiルーターは!?

「iPad」の登場で一気に各メーカーから発売(発表)されたモバイルWi-Fiルーター。
当然僕もモバイルWi-Fiルーターの購入を視野に入れており、最終的に選んだモバイルWi-Fiルーターは…

画像

↑↑日本通信さんのモバイルWi-Fiルーター「b-mobile WiFi」(BM-MF30)でございます。
簡単に説明すると、インターネット接続と無線LANルーター機能を備えた端末がモバイルWi-Fiルーターと言います。

「b-mobile WiFi」の主な仕様

●最大端末接続台数  5台
●パケット通信規格 HSPA 7.2Mbps (下り) / 5.8Mbps (上り)
●無線対応規格  IEEE802.11b/g
●セキュリティ  WEP/WPA/WPA2/WPS
●通信時駆動時間  約4時間
●充電時間  約3時間
●付属品 ・ACアダプタ・USBケーブル等 
●SIMカードは別途用意
●価格 19800円


僕の購入理由は…

●当たり前だが、色々な端末を外出先でネット接続可能だから。(しかも、5台)
●SIMフリー端末。
●月額の通信費(キャリアに払うお布施代)を払わなくて良い。
※期間限定付きだけど「bモバイルSIM U300」を購入すれば、定額使い放題。
●頻繁にモバイル通信を利用しない僕としては…
コストパフォーマンス的に「b-mobile WiFi」と「bモバイルSIM U300」の組み合わせが一番お得と思った。


って理由から。

ただ…デメリットもあります。
日本通信の端末は、docomoのFOMA(3G)回線を利用して繋げる訳ですが…
「bモバイルSIM U300」だと、速度制限(300kbps)があるって事。

なので、僕は速度よりもコスト優先を選んだって事になります。
たまにしか利用しないので、コレで良いかなぁ~って事で。


ドコモから発表された
バッファロー製の“モバイルWiFiルーター”「ポータブルWi-Fi」も購入視野に入れましたが
キャンペーンで上限額が4410円と比較的安くなったとはいえ
やっぱり月額の通信費を払いたくなかったので止めました。

イーモバ(ソフトバンク)の「Pocket WiFi」は
安いから魅力的だけど…僕の地域では圏外ばかりなので問題外。

最後まで購入を検討していた
アクセスポイント(Wi-Fi)対応のドコモ携帯端末「N-04B」は、通信費(上限額10395円)が高すぎるし
Wi-Fiを使用中は、メールや電話が出来ないし、バッテリーも気になるので中止。
※ドコモ端末の秋冬モデルが出たら、どうせ欲しくなるしw


って事で、「b-mobile WiFi」が届くのは、28日前後。
※本当は5月24日発売だけど、初日出荷分が完売しちゃったから、少し遅れるみたい。

タイミング的に「iPad」と同じくらいに届くので、早速「iPad」で「b-mobile WiFi」を利用しようかと思います。

って事で
日本通信 モバイルWi-Fiルーター 「b-mobile WiFi」(BM-MF30) レポート
につづきます。

【関連記事】
日本通信 モバイルWi-Fiルーター 「b-mobile WiFi」(BM-MF30) 公式ページ

日本通信 b-mobile ドッチーカ 「BM-DC1-500M」 (VAIO Zに接続) レポート
ネットブック(UMPC)である…「EeePC-901X」をもっと活用する その1

NTTドコモ 2010年夏モデル 発表

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック