SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート10 「SU-46HX1」編

3D BRAVIA「KDL-46HX900」のレポートは既に終了していますが…

新たに、HX900シリーズ専用スタイリッシュ“バータイプ”スタンド「SU-46HX1」を購入したので
特別編(パート10)として3D BRAVIA 「KDL-46HX900」レポートをお送りします!

画像

↑↑写真は、3D BRAVIA「KDL-46HX900」 (46V型)でございます。
「SU-46HX1」を装着済です。

前々から「SU-46HX1」が欲しいなぁと思っており…
先日、思い切って購入しちゃいました。
購入先は「ソニーが基本的に好き。」でお馴染みのkunkokuさんのお店で買わせて頂きました~。

ちなみに、巷では“文鎮スタンド”と呼ばれています。

画像

↑↑文鎮スタンドのパッケージはコチラ。
ぶっちゃけ…半端なく大きい箱ですw

パッケージ内容は…

画像

↑↑マニュアル。

画像

↑↑リヤカバー。

画像

↑↑固定ネジ×5個。

画像

↑↑ネックカバー。

画像

↑↑そして、スタンドとなります。

画像

画像

↑↑スタンド真上のデザインは、シルバー色にヘアライン加工され
正面は網状のデザインとなっており、高級感漂う演出となっています。

画像

↑↑文鎮スタンドの背面はこんな感じ。
ちなみに、面積が広いスタンドなので、標準スタンドよりも安定感があります。

画像

画像

↑↑この部分に本体である「KDL-46HX900」を固定ネジ4つでスタンドに取り付けします。
取り付けは簡単ですが、重量が半端なく重いので…二人での取り付けを強くオススメしますw

画像

↑↑テレビ本体の傾きを0度と6度に調整する事が可能でして
写真のネジ(2箇所)を緩めて前後に動かします。
※手前にスライドさせて6度、奥にスライド(テレビ側)させて0度に調整できます。
ちなみに僕は、0度に調整してあります。

画像

↑↑無事スタンドをテレビに取り付けると、写真のようになります。

画像

↑↑後は、ネックカバーとリヤカバーを取り付けて全ての作業が完了です。

画像

↑↑「KDL-46HX900」の標準(付属)スタンドは至って普通のスタンドですが…

画像

↑↑文鎮スタンドを取り付けると、テレビ全体のデザインが引き締まり、スタイリッシュに生まれ変わりますw

画像

画像

↑↑う~ん、カッコいい!!
「SU-46HX1」の実売価格は2万円弱と…かなり高価なスタンドですが
数倍カッコ良くなること間違いなしなのでオススメですよ~w
※ただし、「SU-46HX1」ではスイーベル(首振り)は出来ません。

画像

って事で
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート10 「SU-46HX1」編は以上でおしまい。
失礼しました。

【関連記事・リンク】
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート9 3D(その2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート8 3D(その1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート7 機能編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート6 画質編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート5 3Dアクセサリー(2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート4 3Dアクセサリー(1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート3 本体(その2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート2 本体(その1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート1 購入編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート0 予約編

SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 レポート0 購入編

SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート4 機能(その2)編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート3 機能(その1)編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート1 開封編

3D BRAVIA 購入キャンペーン Blu-ray 3Dソフト4枚セット レポート2 体験編
3D BRAVIA 購入キャンペーン Blu-ray 3Dソフト4枚セット レポート1 紹介編

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート2
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート1

HX900シリーズ専用スタイリッシュ“バータイプ”スタンド「SU-46HX1」公式ページ

SONY 「BRAVIA」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック