SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 レポート2 本体編

【Digital-BAKA】 2010-2011 レビュー祭り! (その2)
今回は、「KDL-40HX80R」の本体周りをチェックしたいと思います。

画像

↑↑写真は、3D BRAVIA「KDL-40HX80R」(40V型)でございます。

画像

↑↑開封時は、ベゼル周りにビニールテープが貼り付けられておりキズを防止しています。

画像

↑↑まずは、パネルから。
ご覧の通り、表面加工はグレアパネルとなっています。

画像

↑↑ベゼル(フレーム)は、ツルテカ(光沢)なブラックボディを採用。

画像

↑↑ただし、下部のベゼルだけヘアライン加工されています。
ちなみにスピーカーは、この下に配置されています。

画像

↑↑SONYロゴは残念ながら…光りませんw

画像

↑↑左下に、リモコン受光部 タイマー予約/録画ランプ 電源ランプ等のLEDが点灯します。

画像

↑↑テレビスタンドは、本体のベゼル同様にツルテカ(光沢)ブラックになっています。

画像

↑↑スタンドのスイーベル角度は、左右20度まで。

画像

↑↑右下に、BDロゴとHDDロゴのシールが貼られていました。

画像

↑↑レコーダーと一体型なので、本体が分厚いのでは?と思っていましたが、意外と薄いです。
LEDバックライトのお陰なんでしょうか。
※写真は「KDL-40HX80R」を真上から撮影しています。

画像

↑↑ちなみに、画質や視野角などに関しては、後日のレポートでレビューしたいと思います。

画像

↑↑では次に左サイドをチェックしてみます。

画像

↑↑左サイドは、主に端子類が配置されています。

画像

↑↑上からB-CASカードスロット。

画像

↑↑中央にUSB端子にHDMI端子2系統。

画像

↑↑下はコンポジット端子にヘッドホン端子となります。
残念ながら、S端子は廃止されています。

画像

↑↑次に右サイド。

画像

↑↑上からディスクスロット。

画像

↑↑ちなみに、BDXLメディアにも対応しているので将来的にも安心。
※写真はPanasonic製の3層(TL)・100GBメディアです。

画像

↑↑下に簡易的なボタン類が配置。
カメラ取り込みボタンや番組おでかけボタンも付いております。

画像

↑↑次に、背面をチェックします。

画像

↑↑背面の中央は、こんな感じ。

画像

↑↑ちょうどド真ん中にアンテナ端子。
地デジチューナー端子・BS・110度CSデジタルチューナー端子となり
アナログチューナーは当然廃止されています。

画像

↑↑電源ケーブルは、本体に直結されています。

画像

↑↑右下に端子類が配置。

画像

↑↑まず、左から順に説明すると
3Dシンクロ端子にLAN(10/100)端子。
※3D シンクロ端子は、3Dシンクロトランスミッター「TMR-BR100」を接続する為の端子です。
「TMR-BR100」を接続しないと、3Dコンテンツは視聴できません。


画像

↑↑コンポーネント(D端子)入力端子×2にビデオ(コンポジット)入力端子。

画像

↑↑音声出力端子に光デジタル音声出力端子。

画像

↑↑PC(D-Sub)入力端子にピンジャック音声入力端子にHDMI端子。
ちなみに、HDMI端子(1)はARCにも対応しています。
※ARCとは
HDMI受信側からAVアンプなどの送信側へ伝送できるARC(オーディオリターンチャンネル)に対応している規格。
従来のver1.3以前のHDMI端子は光デジタル音声出力からAVアンプに別途ケーブルを接続する必要がありましたが
ARC機能により、音声をTVからAVアンプへHDMIケーブル1本で伝送できるようになりました。


個人的な意見として、HDMI端子が3系統しかないのは残念ですね。

画像

↑↑ちなみに、3D対応の外部機器を接続する場合は、HDMIケーブル(Ver1.4)もお忘れなく。

画像

↑↑ではでは非常に親切で分かりやすい初期設定を済ませた所で…

SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 レポート3 画質編
につづく。
※次回は画質に関するレビューや他のブラビアと比較しようと思います。

【関連記事・リンク】
SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 レポート1 開封編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 レポート0 購入編

SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート10 「SU-46HX1」編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート9 3D(その2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート8 3D(その1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート7 機能編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート6 画質編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート5 3Dアクセサリー(2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート4 3Dアクセサリー(1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート3 本体(その2)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート2 本体(その1)編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート1 購入編
SONY 3D BRAVIA 「KDL-46HX900」 レポート0 予約編

SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート4 機能(その2)編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート3 機能(その1)編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-22EX300」 レポート1 開封編

3D BRAVIA 購入キャンペーン Blu-ray 3Dソフト4枚セット レポート2 体験編
3D BRAVIA 購入キャンペーン Blu-ray 3Dソフト4枚セット レポート1 紹介編

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート2
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート1

SONY 「BRAVIA」 公式ページ
SONY 3D BRAVIA 「KDL-40HX80R」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック