Nintendo 「ニンテンドー3DS」 (コスモブラック) レポート1 開封編

ついに本日発売となった「ニンテンドー3DS」を早速手に入れたので
今回は、開封編としてレポートしたいと思います。

画像

↑↑写真は、Nintendo 「ニンテンドー3DS」 (コスモブラック) でございます。

「ニンテンドー3DS」主な特徴

●上画面
3.53インチ ※800×240ピクセル
裸眼立体視機能つきワイド液晶 (視差バリア方式ワイド3D液晶ディスプレイ)
※横800ピクセルを左目用・右目用交互にそれぞれ400ピクセル割り当てることで、立体表現が可能
※3Dボリューム付き (3D表示の立体深度をスムーズに変更可能)

●下画面
3.02インチ ※320×240ピクセル
タッチ入力可能

●3Dカメラ搭載
内カメラ1個/外カメラ2個内蔵
解像度は640×480(0.3メガピクセル)

●モーションセンサーとジャイロセンサー搭載

●IEEE802.11b/g(2.4GHz帯)
ニンテンドー3DS同士の対戦プレイが可能
※すれちがい通信機能 
※いつの間に通信

●内蔵アプリ(ソフト)
・ニンテンドー3DSカメラ
・ニンテンドー3DSサウンド
・Miiスタジオ
・すれちがいMii広場
・ARゲームズ
・思い出きろく帳
・顔シューティング
・ニンテンドーゾーン
・インターネットブラウザー(2011年5月下旬に予定されている本体更新後に利用可能となる)


画像

画像

画像

画像

画像

画像

↑↑「ニンテンドー3DS」 (コスモブラック)のパッケージです。
任天堂らしからぬ…渋いパッケージですねw

では、恒例の付属品チェックから。

画像

↑↑パッケージを開けると、まずお目見えするのが、マニュアル等の書類。
取扱説明書、かんたんスタートガイド、ARカード 6枚、保証書などが入っています。

画像

↑↑書類の下にハードウェアが収納されています。

画像

画像

画像

↑↑ニンテンドー3DS専用充電台です。

画像

画像

↑↑「ニンテンドー3DS」本体を乗せると、こんな感じ。

画像

↑↑ちなみに、充電台に「ニンテンドー3DS」を乗せながら、本体を開く事も可能。

画像

画像

↑↑ACアダプタ(WAP-002)です。
※DSi、DSi LL用のACアダプタと同一の物だそうです。

画像

↑↑ニンテンドー3DS専用充電台とACアダプタ(WAP-002)を接続して充電します。
もちろん、ACアダプタ(WAP-002)を「ニンテンドー3DS」本体に直接差して充電も可能です。

画像

画像

↑↑ニンテンドー3DS専用タッチペンです。
伸縮タイプのタッチペンで、約10cmまで伸びます。 もちろん、本体に収納も可能。

画像

↑↑SDカード(2GB)も本体のSDカードスロットに収納されています。
ちなみに、東芝製のSDカードでした。

画像

画像

画像

画像

↑↑そして…本体の「ニンテンドー3DS」 (コスモブラック)でございます。
なかなかの質感で、高級感があるなぁと感じました。

って事で
Nintendo 「ニンテンドー3DS」 (コスモブラック) レポート2 本体編
につづく。

【関連リンク ・ 記事】
Nintendo 「ニンテンドー3DS」 公式サイト

“E3 2010”で僕が気になったゲームハードは?
SCE PSPの後継機 「NGP」発表!

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




ニンテンドー3DS アクアブルー
任天堂

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニンテンドー3DS アクアブルー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック