SONY BRAVIA 「KDL-46HX820」 レポート3 本体 (その2)編

今回は、前回に引き続き「KDL-46HX820」の本体周りをレビューしたいと思います。
レポート3では、本体の背面を中心に紹介していきます。

画像

↑↑写真は、BRAVIA 「KDL-46HX820」 (46V型)でございます。

画像

↑↑それでは、「KDL-46HX820」の背面をチェックします。

画像

↑↑右側に端子類が集中配置されています。

画像

↑↑では、下向きになっている端子類から順に説明します。

画像

↑↑左から、LAN(10/100)端子 / BS・110度CSデジタルチューナー端子・地デジ(アナログ)チューナー端子
そして、ビデオ/コンポーネント入力端子です。

画像

画像

↑↑前回のレポートでも少し紹介しましたが、ビデオ/コンポーネント入力端子とは
別ユニットの同梱のアダプターを接続して使用する仕様となっています。

画像

画像

↑↑同梱のアダプターを接続すると、こんな感じになります。
左から、コンポーネント(D5端子)入力端子 / ビデオ(コンポジット)入力端子となります。

画像

↑↑そして、HDMI入力端子(1) (4)となります。
ちなみに、HDMI入力端子(1)は、ARCにも対応。
※ARCとは?
HDMI受信側からAVアンプなどの送信側へ伝送できるARC(オーディオリターンチャンネル)に対応している規格。
従来のver1.3以前のHDMI端子は光デジタル音声出力からAVアンプに別途ケーブルを接続する必要がありましたが
ARC機能により、音声をTVからAVアンプへHDMIケーブル1本で伝送できるようになりました。


画像

↑↑次に右サイドに配置されている端子類をチェックします。

画像

↑↑上から順に見ていくと、USB端子 / B-CASカードスロット。

画像

↑↑HDD録画用USB端子 / HDMI入力端子(2) (3) 。

画像

↑↑ピンジャック音声出力端子 / 光デジタル音声出力端子 / PC(D-Sub)入力端子 /
ピンジャック音声入力端子 ※PC/HDMI(4)となります。

画像

↑↑では最後に左サイドをチェックします。
※電源ケーブルは、テレビ本体に直結で左下に配置されています。

画像

↑↑簡易的なボタン類が配置されており、上から…
電源ボタン チャンネル切り替え 音声ボリューム 入力切替 ホームボタン 主電源スイッチとなります。

画像

↑↑ちなみに、本体の“ホームボタン”長押しでデモモードが始まります。

画像

画像

↑↑色々な機能を試せるので、参考になりますし楽しいですよw

画像

↑↑参考までに「KDL-46HX820」の生産国は、MADE IN JAPANでした。

画像


それでは…少しばかり「KDL-46HX820」を使用してみての雑感を書きたいと思います。

「KDL-46HX820」 ファーストインプレッション

●画質は「X-Reality PRO」搭載により発色やコントラストは非常に優れてる。
特に精細度や解像感は、群を抜いている。
●エッジLED(部分駆動)バックライトパネル「ダイナミックエッジLED」は思った以上に優れてた。
黒の沈み具合も素晴らしくコントラストに優れている。
●音質は、可もなく不可もなくテレビのスピーカーとして考えれば…普通かも。
●2010年モデルの3Dブラビアと比較すると確実にチラツキも減っていますし
擬似3D表示(2D→3D変換)も3D表現が良くなっている気がします。 “技術の進歩”を感じた3D機能です。
「モーションフローXR480」(8倍速表示相当)の技術力を感じます。
●レスポンスも快適。
電源を入れて、画面が写るまでの時間は約4秒。 ※ブラビアの前モデルは“高速起動”入りでも約6秒。
●UIにXMBは廃止されたが、使いやすさを追求すると、新UIでも全く問題なし。
レスポンスも以前のモデルで指摘されていた…“ワンテンポ遅れる”ってことは無い。
●外付けUSB HDDで録画中は、チャンネル切り替えや2画面表示が不可。
あくまでもUSB HDD録画機能は、オマケ程度に考えていた方が吉。
●1チューナーは、やっぱり微妙に不便。
●アナログ端子が別ユニットになってしまったのは、残念だが…いづれ廃止されるので仕方がないかも。
アナログチューナーが未だに搭載されているのは不思議。


って感じでしょうか。 あくまでも個人的に感じたインプレなので…ご参考程度に。

ではでは
SONY BRAVIA 「KDL-46HX820」 レポート4 画質・比較編
につづく。
次回は、2010年モデルの3D BRAVIA「KDL-40LX900」(40V型)
「KDL-46HX820」の画質やレスポンス等の比較と
「KDL-46HX820」の画質品質をチェックしてみようと思います。

画像

【関連記事 ・ リンク】
SONY BRAVIA 「KDL-46HX820」 レポート2 本体 (その1)編
SONY BRAVIA 「KDL-46HX820」 レポート1 開封編

SONY BRAVIA 「KDL-32EX720」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-32EX720」 レポート1 開封編
SONY BRAVIA 「KDL-32EX720」 レポート0.5 節電編
SONY BRAVIA 「KDL-32EX720」 レポート0 購入編

SONY 「BRAVIA」 2011年ハイエンドモデル 発表
SONY 「BRAVIA」 2011年スタンダードモデル 発表!

SONY ブラビア 2010モデル レポート (総集編)

ブラビア 公式ページ
SONY BRAVIA 「KDL-46HX820」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック