SONY ポータブルラジオレコーダー 「ICZ-R50」 レポート1 開封編

今回は、今年の2月21日に発売された…

画像

↑↑SONYさんのポータブルラジオレコーダー「ICZ-R50」を開封編として紹介したいと思います。
価格は、17000円前後と高級なラジオレコーダーです。

ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R50」 主な特徴

画像


●AM放送もFM放送も、高感度設計でしっかり受信 ※「ラジオノイズカット」スイッチ搭載
●2.6型の液晶ディスプレイ搭載
●大音量でクリアな音質が楽しめる「大口径(48mm)ステレオスピーカー」内蔵
●ICレコーダー機能
●4GB内蔵メモリー+メモリーカード(別売)で「長時間録音」が可能
●再生スピードを可変できる、「デジタルピッチコントロール」
●一定秒数を早送り・早戻しできる「イージーサーチ」
●タイマー機能
●MP3録音だからメモリーカードやお持ちのポータブルプレーヤーで持ち出し可能
●再生形式 リニアPCM/MP3/WMA/AAC
●付属の編集ソフト「Sound Organizer」を使ってパソコン上でファイル管理・編集


では、恒例の付属品チェックから。

画像

↑↑マニュアルの書類とパソコン用ソフトウェアCD-ROM。

画像

↑↑ソフトウェアは、「Sound Organizer」 ver1.1.1が収録されていました。
※写真のCDケースは付属品ではありません。

画像

↑↑左から、USBケーブル ACアダプター(5V) AMラジオ用ループアンテナとなります。

画像

↑↑ちなみに、USBはminiUSB端子を採用。

画像

↑↑そして、本体となる「ICZ-R50」です。
サイズは、195.0×122.5×35.0mm (幅×高さ×奥行き)となり、質量は約532gとなります。
カラーは白のみで、清潔感のあるカラーですね。
電源は、ACアダプターの他にも単3形乾電池4本(別売り)でも駆動できます。

震災の影響で、供給が間に合わず売り切れ状態が続いていた人気商品ですし
ICレコーダーやラジオ録音などなど多機能なので、価格以上に活躍してくれる事間違いなし。

って事で
SONY ポータブルラジオレコーダー 「ICZ-R50」 レポート2 本体編
につづく。
次回は、「ICZ-R50」の本体周りをチェックしたいと思います。

【関連記事 ・ リンク】
SONY ポータブルラジオレコーダー 「ICZ-R50」 公式ページ

SONY TV(1-3ch)/FM/AM ポータブルラジオ 「ICF-M55」 レポート
ELPA 防滴シャワーラジオ 「DR-10A」 購入
東芝 CDラジカセ 「TY-CDK5」 & Qriom SDラジカセ 「CR-SU300」 レポート

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




SONY ラジオレコーダー【ICZ-R50】ラジカセ感覚で使いやすい★Ω
あそぼーと楽天市場店
◆申し訳ありませんが在庫切れのため取寄せになります。入荷予定も現在未定のため予約注文(長期入荷待ち)

楽天市場 by SONY ラジオレコーダー【ICZ-R50】ラジカセ感覚で使いやすい★Ω の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック