ロジクール 「Wireless Keyboard K270」 レポート

今回は、4月28日に発売されたばかりのワイヤレス・キーボードを紹介したいと思います。

画像

↑↑写真は、Logicoolさんの「Wireless Keyboard K270」でございます。
価格は、2480円前後。

「Wireless Keyboard K270」主な仕様

画像


●コンパクトで高機能なUnifyingレシーバー対応
●8つのホットキー搭載
●電池寿命24ヶ月
●長期間の使用でもキートップの文字が消えにくい特殊コーティング


画像

画像

↑↑付属品は、マニュアルの書類とUnifyingレシーバーです。

画像

↑↑ちなみに、Unifyingレシーバーに対応したデバイスなら
1つのUnifyingレシーバーで複数(最大6つまで)のデバイスがペアリング可能で非常に便利です。
つまり、別々のマウスとキーボードがあっても
お互いにUnifyingレシーバー対応なら、USB端子が1つで済むって事です。

画像

↑↑そして、これが本体の「Wireless Keyboard K270」です。

画像

画像

↑↑非常にオードソックスなデザインですが、飽きのこないデザインだと感じます。
もちろん、テンキーも付いています。

画像

↑↑質感は…価格相当でして、プラッチッキーな品質ですw
ただ、キートップの文字が消えにくい特殊コーティングが施されているらしいです。

画像

↑↑8つのホットキーは、ファクションキーの上に配置されています。

画像

↑↑電源スイッチは、右上に配置。

画像

↑↑サイドをチェックすると、黒と白のツートンカラーになっています。

画像

↑↑底面は、白色で統一されています。

画像

↑↑電池は、単四形乾電池を2個(装着済み)使用します。

画像

↑↑底面には、Unifyingレシーバーを収納する箇所もあります。

画像

画像

↑↑高さ調整のスタンドも装備されています。

画像

↑↑ちなみに、Caps LockなどのON/OFFはモニターから確認できます。
※ソフトウェアのSetPointをインストールする事。

画像

使い勝手(タイピング)は、至って普通かなぁ~という感じです。
ぶっちゃけ、品質は価格相当のキーボードですが、シンプルなので飽きのこないデザインがグット。
コストパフォーマンスも高いですし、デスクトップパソコンにはピッタリのキーボードではないでしょうか。
ではでは。

【関連リンク ・ 記事】
ロジクール 「Wireless Keyboard K270」 公式ページ

サンワサプライ スリムキーボード 「SKB-SL10BK」 購入
エレコム Bluetoothキーボード 「TK-FBP013BK」 レポート
ロジクール ワイヤレス・キーボード 「Wireless Keyboard K340」 レポート
Microsoft 「Wireless Keyboard 3000」 レポート

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Logicool 格安ワイヤレスキーボード K270 使用レポート
  • Excerpt: Logicoolの 『Wireless Keyboard K270』 を買ったので、使用レポートを書いてみる。 今まで使っていたキーボードの、文字の印字5~6個が剥げてしまい、打ち間違いが多くな..
  • Weblog: ☆ やまま の 楽しい毎日2 ☆
  • Tracked: 2012-05-08 23:51