SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」 レポート1 購入編

今回は…前評判が高く、発売前から既に入手が困難になっている話題の
ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」を発売日(11月11日発売)に入手する事が確定したので
当ブログでも、「HMZ-T1」のレポートをエントリーしたいと思います。

入荷状況を聞くと
どこの家電量販店さんも「何台入荷するのか未定です」とか
「今、予約しても納期は来年になる可能性もあります」との返答ばかりで
発売前から品薄が確定し、予約が殺到しているらしいです。
タイの洪水の影響と思われがちですが
それ以前から発売日の入手は厳しいと言われていた人気製品だけに
しばらくは手に入れるのが難しいかもしれません。

当ブログでは運良く発売日に購入できたので、「HMZ-T1」の購入を検討している方々に
少しでも参考になれば良いなと考えております。

ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」 主な特徴

●HD有機ELパネル搭載 ※3D対応 ※画素数 1280×720
●仮想画面サイズ 750インチ (仮想視聴距離 約20m)
●自動的にコントラストを補正する「コントラストリマスター」
●つややかな黒を再現する「クリアブラック」
●8ビット映像を14ビット相当の階調表現でパネルに出力できるソニー独自の「SBMV」技術を採用
●二重に見えるクロストークが発生しない「デュアルパネル3D方式」
※左目用と右目用に2枚のHDパネルを搭載し、それぞれに独立した3D映像の表示が可能。
●45度の広視野角を実現
●ヘッドホンタイプ オープンエアダイナミック型
●単体ヘッドホン用に開発された「5.1chバーチャルサラウンド」搭載
●人の視野特性に基づく「シールディング構造」
●HDMI機器制御対応 映像スルー出力機能(スタンバイ時)
●HDMI入力/出力 1系統/スルー出力1系統


画像

↑↑写真は、ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」でございます。
※ヘッドマウントユニットになります。
価格も破格とも言える…59800円前後なので、気楽に3D環境が作れるのも人気の原因かも。
有機ELパネルの「デュアルパネル3D方式」と言うだけあって高コントラストや動画応答性にも強いですし
引き締まった画質や迫力も期待できます。

画像

↑↑写真は、「HMZ-T1」 プロセッサーユニットでございます。
「HMZ-T1」を使用するには、HDMI出力端子が装備されている
レコーダーやプレーヤー、又はPS3等の再生機器が必要ですが
映像スルー出力機能も付いているので、再生機器が「HMZ-T1」に繋げてあっても
テレビ(入力ディスプレイ)にも接続可能になっているのが嬉しい仕様ですね。

って事で
SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」 レポート2 開封編
につづく。
次回は、「HMZ-T1」の開封レポートをエントリーしたいと思います。

【関連記事 ・ リンク】
SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ 「HMZ-T1」 公式ページ

SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-AT970T」 レポート2 本体編
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-AT970T」 レポート1 開封編

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




★予約★送料無料★【HMZ-T1】3D対応ヘッドマウントディスプレイ
あそぼーと楽天市場店
●ご予約が殺到しているためお届けは来年以降となります。また来年度の入荷予定日につきましても現在未定の

楽天市場 by ★予約★送料無料★【HMZ-T1】3D対応ヘッドマウントディスプレイ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック