SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-4SL」 レポート

【Digital-BAKA】 年末年始 音にこだわる!デジタル家電特集 (パート2)

今回は、SONY XBAシリーズ(バランスド・アーマチュア・ドライバー搭載ヘッドホン)の
ハイエンドモデルである「XBA-4SL」を紹介したいと思います。

画像

↑↑ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」に取り付いているヘッドホンが
密閉型インナーイヤーレシーバー「XBA-4SL」でございます。

密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-4SL」 主な特徴

画像


●新開発クワッド・BA(バランスド・アーマチュア)・ドライバーユニット搭載
※新開発小型ドライバーを4基(フルレンジ+ダブルウーファー+トゥイーター)搭載
※高感度、高解像度のドライバーユニットが深みのある低域から鮮やかできめ細かい高域まで
全帯域に渡って豊かな音表現を実現
※従来のBAドライバーユニットで採用されていた狭いパイプ状のエアーダクト構造ではなく
独自開発のフラット形状のエアーダクト構造を採用
●不要な振動を抑制する新開発ダブルレイヤードハウジング
●外部の環境ノイズが入らないノイズブロック構造
●小型ドライバーユニットが装着性を向上


画像

↑↑パッケージの赤い文字の“4 Quad”が
SONYさん初のBAドライバーユニット搭載ヘッドホンの自信が伺えます。

では、付属品のチェックから。

画像

↑↑延長コード(0.9m)です。 本体のコードは、0.6mと若干短めなので
短いと感じたら、 延長コードを取り付けて補えます。

画像

画像

↑↑接続プラグに“SONY”ロゴが印刷されており
入力プラグはL字の金メッキステレオミニプラグが採用されています。

画像

↑↑延長コード(0.9m)を取り付けると、こんな感じになります。

画像

画像

↑↑コード長アジャスターです。
コードが長いと感じたら、このアジャスターにコードを巻いて長さ調整が出来ます。

画像

↑↑ハイブリッドイヤーピース SS(赤) S(オレンジ) M(緑) L(水色)の4セットです。
自分の耳にフィットしたイヤーピースを選びましょう。
※Mサイズ(緑)は、最初から「XBA-4SL」本体に取り付いています。

画像

↑↑より耳にフィットし、遮音性の向上を目的とした
ノイズアイソレーションイヤーピース S(オレンジ) M(緑) L(水色)の3セットも付属されています。
お好みで、取り付けて下さい。

画像

画像

↑↑キャリングケースです。 なかなかの高級感があります。

画像

↑↑延長コードも「XBA-4SL」本体と一緒に収納可能でした。

画像

↑↑そして、本体の「XBA-4SL」です。
XBAシリーズのハイエンドモデルらしい貫禄です。

画像

画像

↑↑“4SL”の名の通り、4基(フルレンジ+ウーファー+スーパーウーファー+トゥイーター)の
BAドライバーユニットを内蔵したモデルです。
もちろん、カナル型イヤホンです。

画像

画像

↑↑赤いラインの入っている方が、右側の耳に装着するようになっています。

画像

↑↑入力プラグ部分は、かなりコンパクトです。
金メッキ仕様のステレオミニプラグとなっています。

画像

↑↑ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」に付属されていたヘッドホンと
今回の「XBA-4SL」と聴き比べてみました。

まず、率直な感想を言うと
「XBA-4SL」は低音の表現が素晴らしく、高音の響きが実に気持ち良い音作りを表現していると感じました。
音にこだわりたい方や、素直に音の良いヘッドホンをお探しの方には、オススメできます。

【訂正・追記】
ただ、1週間ほど「XBA-4SL」をウォークマンで試し聴きしていて気付きましたが
イコライザー等で自分好みの音色にしないと…
イマイチ、「XBA-4SL」の力が発揮されないかなぁとも感じました。
「XBA-4SL」の解像度は間違いなく高いですが、ウォークマン付属のヘッドホンの方が低音は強く感じます。

「XBA-4SL」が気になる方は、一度お店などで視聴する事を強くオススメします。
※なので、下の記事は削除させていただきます。

一方、「XBA-4SL」で音楽を視聴した後に
ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」に付属されていたヘッドホンでも聴いてみましたが
低音の迫力がまるで違う事に気付きました。
付属のヘッドホンも悪くないですが、聞き比べてしまうと、かなりの差を感じます。
ウォークマン付属のヘッドホンでは、聞き取れなかった音色も「XBA-4SL」では、気持ち良く聞こえました。


価格の高さが難点ですが、価格以上の音表現が体験できると思います。
“ダイナミックで重厚感のあるサウンド、全体域に渡る豊かな音表現”を体験したい方は是非是非。


【関連記事 ・ リンク】
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-4SL」 公式ページ
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 「XBA-BT75」 公式ページ

SONY “ウォークマン”ドックスピーカー 「RDP-NWX500B」 レポート

SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート6 機能(2)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート5 機能(1)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート4 アクセサリー編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート3 比較編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート2 本体編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート1 開封編

SONY “ウォークマン”ボイス録音用ステレオマイク 「ECM-NW10」 レポート
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「MDR-EX510SL/B」 レポート
ウォークマン対応 アクティブスピーカーシステム 「SRS-NWGU50」 レポート
SONY “ウォークマン”ドックスピーカー 「RDP-NW1/B」 レポート2 機能編
SONY “ウォークマン”ドックスピーカー 「RDP-NW1/B」 レポート1 開封編

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート2
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート1

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • XBA-4SLの評価
  • Excerpt: SONY(ソニー)の密閉型インナーイヤーレシーバー、XBA-4SLの音質はすごいですね。 クリアで迫力もあって、しかも奥行きもあるという。 付属している延長コードがやや短いものの、コストパフォーマ..
  • Weblog: ネットショッピング通販サイト
  • Tracked: 2012-04-05 15:39