Transcend microSDHCカード 32GB 「TS32GUSDHC4E」 購入レポート

今回は、microSDHCカードの紹介です。

画像

↑↑写真は、トランセンドさんのmicroSDHCカード 32GB 「TS32GUSDHC4E」 Class4 です。
価格は、Amazonさんで2480円。

スマートフォンの普及で、microSDHCカードも随分と需要が増えてきました。
と同時に、価格も破格とも思える価格で購入できるようになりましたね。
スマートフォンに限らず、タブレットや
コンデジ(3月に発売されるSONYさんの「DSC-TX300V」はmicroSDを採用)でも使用されるようになっています。
容量も大容量の32GBなので、しばらくは安心して使える容量です。

画像

↑↑このパッケージは、Amazonフラストレーション・フリー・パッケージと言い簡単開封パッケージになっています。

画像

↑↑それでは、折角なので現在所有している3つのmicroSDHCカードでベンチマークを計測したいと思います。
左から、サンディスク製 16GB Class2 ・ シリコンパワー製16GB Class6 ・ Transcend製 32GB Class4です。
※SONYさんの「VAIO S (SE)」のSDカードスロットから「CrystalDiskMark 3.0.1」で計測してます。

画像

↑↑Transcend製 32GB Class4

画像

↑↑シリコンパワー製16GB Class6

画像

↑↑サンディスク製 16GB Class2

皮肉にも、Class2であるサンディスク製のmicroSDHCカードがベンチマークでは高速でした。
しかし、HD録画などではClass4以上のSDHCカードを推薦しているので、Class4以上をオススメします。
Class10のmicroSDHCカード32GBも各メーカーから発売されていますが、価格が若干高いです。

32GBの容量ながら、3000円でお釣りがくるという低価格なので、オススメ。
ではでは。

【関連記事・リンク】
トランセンド 32GB SDHCカード CLASS10 「TS32GSDHC10」 再購入
トランセンド 32GB SDHCカード CLASS10 「TS32GSDHC10」 購入
トランセンド 「SDHCカード Class10 16GB」 購入レポート

SONY USBメモリー ポケットビット 「USM16GQ S」 (16GB) レポート
SONY USBメモリー ポケットビット 「USM32GP/B」 (32GB) レポート
SONY USBメモリー ポケットビット 「USM32GLX WA」 (32GB) レポート

トランセンド 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック