SONY ホームシアターシステム 「HT-FS30」 レポート1 開封編

今回は、テレビの両脇に置いて手軽にサラウンドを楽しんだり
スマートフォンやPCの音楽などもケーブル1本で楽しめる、ホームシアターシステムを紹介します。

画像

↑↑写真は、SONYさんのホームシアターシステム「HT-FS30」でございます。
価格は23000円前後。

ホームシアターシステム 「HT-FS30」 主な特徴

画像


●実用最大出力合計値 400W
●コンパクトなフロントスピーカーは手軽に壁掛け設置可能
●新開発のサブウーファーは横幅、奥行きを抑えたコンパクト設計ながら、豊かな広がりあるサウンドを実現
●豊かな広がりあるサウンドを再現する「スマート・BASS・テクノロジー」
●様々なオーディオ機器とケーブル1本で接続可能 ※アナログ音声ステレオ端子搭載
●圧縮により失われがちな高音域を豊かに再現する「ポータブルオーディオエンハンサー」
●前後左右に加え、奥行き表現を強化した「S-Force PROフロントサラウンド 3D」
●音に忠実なサウンドを実現するフルデジタルアンプ「S-Master」
●小音量でもセリフが聞き取りやすい「クリアボイス設計」
●深夜など音量を絞った小音量時でも、最適なサラウンドのバランスで楽しめる「ナイトモード」
●セリフなどの聴き取りやすさを損なわずに快適な視聴ができる「アドバンスト自動音量調整機能」
●ブルーレイディスクソフトのロスレス音声フォーマット「Dolby True HD」「DTS-HD Master Audio」対応
●FMチューナー搭載
●HDMI入力端子を3系統搭載し、様々な機器との接続が可能 ※HDMI出力端子は1系統
●テレビとの接続がより簡単になった「オーディオリターンチャンネル(ARC)」
●業界標準規格のHDMI機器制御(CEC)に準拠 ※「ブラビアリンク」対応
●番組情報(EPG情報)に応じて自動でサウンドフィールドを切り替える「オートジャンルセレクター」
●ブラビアの「オーディオ機器コントロール」アプリに連動
●スタンバイ時の消費電力を低減する「パススルー」「オートスタンバイ」など、充実の省電力機能


それでは、付属品の紹介から。

画像

↑↑左から、光デジタル音声コード(2.5m) ・ オーディオ接続コード(1.5m) ※ステレオミニ⇔赤白ピン ・
FMワイヤーアンテナ(1.5m) となります。

画像

↑↑次に、リモコン(RM-AAU115) ・ 単3乾電池×2 となります。

画像

画像

画像

↑↑ご参考までに、リモコン(RM-AAU115)のボタン配置を3分割にアップして掲載します。

画像

↑↑ちなみに、リモコン(RM-AAU115)の電池は、単3乾電池2個を使用します。

画像

↑↑マニュアル等の書類です。

画像

画像

画像

↑↑そして、本体となる「HT-FS30」のフロントスピーカーです。 ※上の写真から、正面・サイド・背面となります。
寸法は約85×220×95(幅×高さ×奥行きmm)となり、やや縦に細長いタイプです。

画像

↑↑フロントスピーカーケーブルの長さは2.5mとなっています。

画像

画像

↑↑前面に、“SONY”ロゴがあり、サイドや背面は、光沢ブラックになっています。
指紋は付着しやすく目立ちます。

画像

↑↑フロントスピーカーのサイズ比較の為、左に「iPhone 4S」
右にBOSEさんのマルチメディアスピーカー「Companion2 II 」を置いてみました。
ご参考まで。

画像

↑↑次に、「HT-FS30」のサブウーファーです。
寸法は約175×325×368(幅×高さ×奥行きmm)となり、非常にコンパクトなサブウーファーです。

画像

画像

↑↑正面の上に、モニター表示のディスプレイがあります。

画像

画像

↑↑天面の手前に電源ボタンや簡易的な操作ボタンが配置されており
奥に規格フォーマットのマークが印刷されています。

画像

↑↑サブウーファーのサイドは、こんな感じ。

画像

↑↑サブウーファーの背面をチェックします。 上に通気口があります。

画像

↑↑電源ケーブルは、サブウーファー直結になっています。

画像

↑↑では肝心の入出力インターフェースをチェックしてみます。
左上から、フロントスピーカー接続端子(L/R) / HDMI入力端子3系統(ARC対応) / HDMI出力端子1系統
音声デジタル同軸端子1系統 / 音声光デジタル端子2系統 / アナログ音声出力端子1系統 / FMアンテナ端子
となります。

画像

↑↑フロントスピーカーとサブウーファーで1セットとなります。
非常にコンパクトなので、テレビ以外にデスクトップパソコンのサイド等にも設置できると思います。

画像

↑↑例えば、46型の「KDL-46HX820」のサイドに設置してみると、こんな感じ。

って事で
SONY ホームシアターシステム 「HT-FS30」 レポート2 使用編
につづく。
次回は、「HT-FS30」を実際に使用してみて、音質や機能などをレポートしたいと思います。

【関連記事 ・ リンク】
SONY ホームシアターシステム 「HT-FS30」 公式ページ

SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート2
SONY ホームシアターシステム 「HT-CT150」 レポート1
東和電子 Olasonic 薄型TV用スピーカー 「TW-D7OPT」 レポート
SONY ブラビア 2011年モデル レポート (総集リンク編)

SONY “ウォークマン”ドックスピーカー 「RDP-NWX500B」 レポート
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-MA500」 レポート
SONY ステレオヘッドホン 「MDR-ZX700」 レポート
SONY インナーイヤーモニター 「MDR-EX800ST」 レポート
オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン 「ATH-CKS90」 レポート
BOSE スマートフォン専用 「MIE2 mobile headset」 レポート
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「XBA-4SL」 レポート

SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート5 機能編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート4 比較編
SONY ウォークマン Z 「NW-Z1050」 (16GB) レポート3 アクセサリー編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート2 本体編
SONY ウォークマン Zシリーズ 「NW-Z1050/B」 (16GB) レポート1 開封編

SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート6 機能(2)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート5 機能(1)編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート4 アクセサリー編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート3 比較編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート2 本体編
SONY ウォークマン Aシリーズ 「NW-A865/B」 (16GB) レポート1 開封編

ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート6 アクセサリー(2)編
ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート5 比較(その2)編
ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート4 比較(その1)編
ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート3 アクセサリー編
ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート2 本体編
ドコモ 「Xperia acro HD SO-03D」 レポート1 開封編

Sony Ericsson 「Xperia NX SO-02D」 レポート5 アクセサリー(2)編
ドコモ Sony Ericsson 「Xperia NX SO-02D」 レポート4 比較編
Sony Ericsson 「Xperia NX SO-02D」 レポート3 アクセサリー(1)編
ドコモ Sony Ericsson 「Xperia NX SO-02D」 レポート2 本体編
ドコモ Sony Ericsson 「Xperia NX SO-02D」 レポート1 開封編

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




SONY ホームシアターシステム HT-SS380
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY ホームシアターシステム HT-SS380 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック