SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート4 画質・比較編

今回は、「KDL-40HX850」の画質品質や前モデルである「KDL-46HX820」との比較レビューをしたいと思います。

画像

↑↑写真は、BRAVIA「KDL-40HX850」(40V型)でございます。
※写真の「KDL-40HX850」は、別売りのサウンドバースタンド「SU-B403S」が取り付いた状態になっています。

【「KDL-40HX850」(40V型)と「KDL-46HX820」(46V型)との画質比較を写真で紹介】

画像

↑↑写真左が、「KDL-46HX820」(46V型) で 写真右が、「KDL-40HX850」(40V型)です。

画像

↑↑画質設定の項目はほとんど違いが無く、同じように設定されています。
※当ブログの画質設定は、下記の記事をご参考下さい。

画像

↑↑比較してみての第一印象は
「KDL-40HX850」の方が多少輝度が明るめで、「KDL-46HX820」の方が暗く感じました。

画像

画像

↑↑両機種共にサムスン製パネルを採用しており、発色に関しては違いが無いかなぁ?…
と思っていましたが、このように比較してみると、結構違いがあります。
パネルの個体差もありますから、一概には言えませんが、コントラストは「KDL-40HX850」が高いと感じます。

画像

画像

↑↑両機種共にエッジLED(部分駆動)バックライトパネルを搭載しており、黒の表現が実に深いです。
「オプティコントラストパネル」の影響もあると思いますが、この辺りは両機種共に立派です。

画像

↑↑スポーツ観戦で比較してみると
「KDL-40HX850」では「モーションフローXR960」(4倍速) ※16倍速表示相当の残像感の低減を実現しており
「KDL-46HX820」では「モーションフローXR480」(4倍速) ※8倍速表示相当の残像感の低減を実現しています。
スペックを見ると単純に「KDL-40HX850」の方が残像感の低減が2倍になっています。
ビックリするほどの差は感じませんでしたが、やはり「KDL-40HX850」の方が残像感の低減が強いと思います。
※両機種共にモーションフローのモードは“クリア”にしてあります。

【当ブログが選んだ「KDL-40HX850」の画質設定】

画像

画像

画像

画像

画像

画像

↑↑参考にならないと思いますが、当ブログがチョイスした画質設定です。
基本的に派手めの発色を好むので、このような設定に落ち着きました。
超解像度である「XCA7」の設定では、ほぼ“オート”になっています。

【「KDL-40HX850」の画質モードを検証してみた】

画像

画像

↑↑人の肌を検知して超解像処理を調整する「美肌コントロール」を有効にしてみると
若干、シャープ感はなくなりますが肌の柔らかさや肌の色合いが向上します。
「美肌コントロール」は是非とも有効にする事をオススメします。

画像

画像

↑↑先程も少し触れましたが、 「モーションフローXR960」(4倍速)も素晴らしい技術です。
※モーションフローは、全部で5種類あります。

画像

画像

↑↑「KDL-40HX850」から新たに追加されたモーションフローの
インパルスモード(スポーツなどの素早い動きもくっきり映し出すモード)を試してみました。
輝度が暗くなり、チラつきが少し目立ちますが
画質の質感は高くなりスポーツ観戦ではストレスなく、くっきりと映し出されています。
特に周りの環境が少し暗い場合は、インパルスモードにすると効果絶大でした。
常時インパルスモードで見るのは、正直疲れてしまいますが
動きの激しいスポーツ観戦や部屋が暗い場合はインパルスモードの効果がよく分かると思います。
※当ブログの場合、通常では“標準”や“クリアプラス”に設定しています。

【「KDL-40HX850」の3D超解像を試してみた】

画像

↑↑3Dメガネ「TDG-BR750」を使い、3D視聴(3D超解像)を試してみました。

画像

画像

↑↑率直に言ってしまうと、前機種の「KDL-46HX820」と比べれば
二重に見えるクロストークがは、非常に低減されています。 これには少し感動しました。
ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」と比べると、クロストークはやはり「KDL-40HX850」の方が目立ちますが
液晶テレビの3D視聴として見ると、確実に「KDL-40HX850」の3D映像は進化されています。

画像

って事で
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート5 機能編
につづく。
最終レポートの次回は、「KDL-40HX850」の特徴的な機能を紹介したいと思います。

【関連記事 ・ リンク】
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート3 サウンドバースタンド編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-40HX850」 レポート1 開封編

SONY 3Dメガネ 「TDG-BR750」 レポート

SONY 「BRAVIA」 公式ページ
SONY 「HX850シリーズ」 公式ページ
SONY サウンドバースタンド 「SU-B403S」 公式ページ ※「KDL-40HX850」専用
SONY 3Dメガネ 「TDG-BR750」 公式ページ

2012年モデルの…SONY 「BRAVIA」シリーズの期待と不安
SONY ブラビア 2011年モデル レポート (総集リンク編)

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




SONY BRAVIA 32V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX750 KDL-32HX750
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY BRAVIA 32V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX750 KDL-32HX750 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SONY BRAVIA 46V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-46HX850
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY BRAVIA 46V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-46HX850 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SONY BRAVIA 40V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-40HX850
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY BRAVIA 40V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-40HX850 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック