docomo Sony Mobile 「Xperia GX SO-04D」 レポート0 購入準備編

今回は、発売前のスマートフォンで、docomoさんから発売される
Sony Mobile 「Xperia GX SO-04D」のファーストインプレーションをレポートしたいと思います。
大阪の梅田にあるdocomoスマートフォンラウンジさんで、「Xperia GX SO-04D」を触ってきました。
※あくまでも展示機を見てのレビューです。 参考程度に見て頂けると幸いです。

画像

↑↑写真は、NEXT series「Xperia GX SO-04D」(ホワイト)の展示機です。

「Xperia GX SO-04D」

画像

展示機は、上に“NTT docomo Xi”ロゴはなく、“Xperia”ロゴになっていました。
「Xperia GX SO-04D」の製品版は、この位置に“NTT docomo Xi”ロゴが入ります。


●OS Android 4.0.4
●ディズプレイ 4.6インチ HD Reality Display (1280×720)
●CPU Qualcomm Snapdragon S4 1.5GHzデュアルコア
●メモリ(RAM) 1GB
●内蔵ストレージ 16GB
●リアカメラ 裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile” 約1310万画素
●フロントカメラ 130万画素CMOS
●おサイフケータイ(FeliCa)
●Bluetooth 3.1
●microSDカードスロット(最大32GB)
●バッテリー容量 1700mAh
●ネットワーク LTE(Xi) / W-CDMA
●サイズ 131×69×8.6mm (最厚部 10.5mm)
●重量 127g
●カラー ブラック ホワイト
●7月発売予定


画像

画像

↑↑ディスプレイが4.6インチって事もあり
展示機を見る前は、本体サイズがかなり大きいだろうなと思っていましたが
実際、「Xperia GX SO-04D」を手にとって触った所、意外とコンパクトだなと感じました。
ディスプレイ下部に配したソニーロゴは、ディスプレイON/OFF時に光りますが、控えめな光です。
背面の素材は、指紋や傷が付き難いマットな質感のボディになっていました。

画像

画像

↑↑持ちやすいのは、この左右の厚みが薄いからなんでしょうか。
サイドは、アーク形状のデザインになっており、質量の軽さにも驚きました。
右側に、microUSB端子 / 音量キー・ズームキー / カメラボタンが配置されており
左側に電源ボタンとストラップホールが配置。
HDMI端子は付いていませんが、市販のHDMI変換コネクターをmicroUSB端子に接続すれば
HDMI端子として使えます。
※端末にピントが合っていません。 ご了承下さい(笑)

画像

画像

↑↑上サイドと下サイドです。 サイドの中央にはシルバーのラインがあります。
上サイドにイヤフォンジャック、下サイドにはマイクが配置されています。

画像

↑↑「Xperia GX SO-04D」でブラウジングしてみました。
何気にLTE(Xi)は初体験でしたが、やはりキビキビ動きますね。