SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート1 開封編

今回は先進のスペックを搭載しながら圧倒的な軽さを実現し
高画質技術のディスプレイを搭載したスタイリッシュモバイルである
「VAIO Pro 11」を開封編として紹介したいと思います。

画像

↑↑写真は、SONYさんの「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 ※ブラックでございます。
11インチクラスでは久しぶりにスタイリッシュで非常に軽いVAIOが登場しました。

「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 ※11.6型ワイドモデル 基本仕様

画像


●約17mmとキーピッチが広く、薄型ながらキーストロークもしっかり打てる約1.4mmの深さを確保
●広視野角を実現するIPS方式に対応したフルHD液晶を搭載 (11.6型)
●トリルミナス ディスプレイ for mobileやX-Reality for mobileなどのソニー独自の高画質技術
●解像度 1920×1080ドット (16:9)
●「ClearAudio+」や内蔵スピーカーの音圧を強める「xLOUD」などのソニー独自の高音質技術を採用
●約11時間の長時間駆動が可能
●軽さと剛性を高次元で両立した「UDカーボン」の採用
●質量 約870g (タッチパネル無しモデルは、約770g)


当ブログがチョイスした
「カスタマイズ構成」(VAIOオーナーメードモデル)

●OS Windows 8 64ビット
●本体カラー + タッチパネル液晶 ブラック+タッチパネルあり
●CPU Core i5-4200U (1.60GHz)
●メモリー 4GB ※固定
●ストレージ SSD 約128GB
●キーボード 日本語配列/バックライトキーボード搭載
●TPMセキュリティーチップ なし
●ワイヤレスルーター なし
●液晶保護シート 液晶保護シート+貼付サービス
●バッテリー 内蔵バッテリー
●長期保証サービス 3年ワイド


画像

↑↑パッケージを開けると、ブラックのダンボールに包まれた「VAIO Pro 11」がお目見えします。
なかなか高級感があり、テンションの上がる演出ですね。

画像

↑↑それでは付属品をチェックしましょう。

画像

↑↑ACアダプターと電源ケーブルです。

画像

↑↑ACアダプターにはUSB端子が装備されており、別売りのワイヤレスルーター「VGP-WAR100」接続やスマートフォンなどを充電する事が可能です。

画像

↑↑VAIO本体は関係なく、ACアダプターだけでスマートフォンを充電できるので大変に便利です。 このアイデアはありそうでなかったギミックですよね。
※「VAIO Pro 11」にACアダプターを繋げている状態でも、ACアダプターのUSB端子は利用可能です。

画像

↑↑補足ですが、「VAIO Pro 11」本体に付いているUSB3.0端子でもスマートフォンの充電は可能です。

画像

↑↑参考として、「VAIO Pro 11」のACアダプター仕様です。

画像

画像

↑↑ACアダプターのサイズ参考として、「VAIO Duo 11」のACアダプター(写真右)と比較してみました。
若干「VAIO Pro 11」の方がUSB端子が付いている分、縦に長いですね。 厚みはほぼ同じです。

画像

↑↑VAIOロゴ入りの黒いクリーニングクロスです。
※「VAIO Pro 11」本体のディスプレイとキーボードに挟まれています。

画像

↑↑マニュアル等の書類です。 マニュアルもかなり簡易的になっていますね。

画像

画像

↑↑そして本体の「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」です。

画像

↑↑ファーストインスプレーションとしては、とにかく軽く非常にコンパクトなサイズと感じた事。
久しぶりに“VAIOらしいなぁ”と感じたノートパソコンです。 タッチパネル仕様で約870gと驚きの軽さを実現しており、持ち歩きもかなり楽になると思います。

画像

↑↑「VAIO Pro 11」の本体サイズは、A4サイズの雑誌より少しコンパクトにした感じです。

画像

画像

↑↑天板にも底面にも“VAIO”ロゴが印字されており、微妙にヘアライン加工が施されています。
質感はまあまあ良いです。 所有欲が出まくりのVAIOです。

画像

↑↑“トリルミナス ディスプレイ for mobile”や“X-Reality for mobile”などのソニー独自の高画質技術を惜しみなく搭載しており、納得の発色です。 鮮やかな色合いなので、これだけでも買い。 軽くてコンパクトで更にディスプレイ品質も素晴らしいと三拍子揃っています。

「VAIO Pro 11」本体の詳細は次回のレポートでレビューします。

画像

↑↑後日のレポートでも詳しく比較しますが、他機種のVAIOで本体サイズの比較をしてみました。
写真左が「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」で、写真右が「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」です。
ディスプレイは同じ11.6型を採用していますが、本体サイズは「VAIO Pro 11」が圧倒的にコンパクトです。

画像

↑↑写真左が「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」で、写真右が「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」です。
13.1型の「VAIO Z」でもコンパクトだと思っていましたが、「VAIO Pro 11」の隣だと大きく感じます(笑) 

画像

って事で
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート2 本体編 につづく。
次回は、「VAIO Pro 11」の本体周りを詳しくレビューしたいと思います。

【関連リンク ・ 記事】
SONY 「VAIO Pro 13/11」 公式ページ
ソニーストア 「VAIO Pro 13/11」 購入ページ

SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート3 アクセサリー編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート3 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート4 使用編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート3 比較編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート1 開封編

Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート5 使用編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート4 比較編
Apple「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」レポート3 Win7編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート2 本体編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート1 開封編

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック