Intel Haswell レポート3 使用編

最終レポートの今回は、Haswellで組んだ自作パソコンの使用感やベンチマークをレポートします。

画像

↑↑写真は、Haswell環境の自作パソコンです。

【Digital-BAKA 自作パソコン (2013年仕様) スペック】

画像


●CPU
Intel 「Core i7 4770K」


●マザーボード
ASUS 「Z87-PRO」


●メモリー
elixir 「DDR3-1600 (PC3-12800)」 4GB 2枚組 ×2 ※計16GB (型番 W3U1600HQ-4G)
●ビデオカード
ELSA グラフィックスボード 「GLADIAC GLADIAC GTX 560 Ti」(NVIDIA GeForce GTX 560 Ti)
●SSD
Intel SSD 510シリーズ SSDSC2MH120A2C (120GB) ×2 ※“RAID0”を構築
●HDD
日立 3.5インチHDD 「DESKSTAR 0S03191」 (2TB)
●電源ユニット
Corsair 「HX750 (CP-9020031-JP)」(750W)
●BDドライブ
PIONEER Blu-ray ドライブ 「BDR-S07J-KR」
●PCケース
クーラーマスター 「CM 690 II Plus rev2」
●液晶モニタ
三菱 Diamondcrysta WIDE RDT231WM-X(BK)
●CPUクーラー
サイズ 「KABUTO SCKBT-1000」


ではベンチマークの結果をレポートします。 なお、CPUのオーバークロックはしていません。

画像

↑↑Haswell環境 「Core i7 4770K」の「Windows エクスペリエンス インデックス」(Win8)の結果です。

画像

↑↑参考比較として、Ivy Bridge環境 「Core i7-3770K」の「Windows エクスペリエンス インデックス」の結果です。

「Windows エクスペリエンス インデックス」を見ると、今回の「Core i7 4770K」では8.1となり
「Core i7-3770K」では8.0となりました。 微妙ではありますが確実にアップグレードされています。

画像

↑↑つづいて、Haswell環境 「Core i7 4770K」の「CrystalMark 2004R3」の結果です。
トータルスコアで“383287”という結果が出ました。

画像

↑↑参考比較として、2010年に発売された「Core i7-860」の「CrystalMark 2004R3」の結果です。
トータルスコアで“221329”でした。

CPU以外にもメモリやビデオカードも性能アップしているので、格段とパフォーマンスがアップしている事が分かります。

画像

↑↑「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編」では“14207”でした。

画像

↑↑ついでに、Haswell環境で「ストリートファイターIV ベンチマークソフト」も試してみました。
スコアは“9938”でした。

画像

↑↑参考として、2010年発売の「Core i7-860」環境の「ストリートファイターIV ベンチマークソフト」の結果です。
スコアは“9927”でした。

画像

↑↑あまり関係ありませんが、Haswell環境から「CrystalDiskMark 3.0.1」を使って
「Intel SSD 510シリーズ」で“RAID0”を構築した状態のベンチマークを計測してみました。

画像

画像

↑↑「Intel Z87 Express チップセット」を搭載した「Z87-PRO」の“UEFI BIOS Utility”は非常に使いやすく
設定の変更をした場合には何処を変更したかセーブする時点で知らせてくれます。

Haswellに限った事ではありませんが、UEFIブートのお蔭でPCの起動も非常に早く快適です。
詳しくはコチラ → 【自作PC】 猿でも分かるレポート 「UEFIでWindows8をインストールしてみる」

Ivy Bridgeの環境でしたら、Haswellに買い替える必要性は正直余りありませんが
Sandy Bridge以前の自作PC環境の方でしたら、間違いなく快適になると思います。
省電力効果も強化されていますし、内蔵GPUコア “Intel HD Graphics 4600”もそれなりに動きます。
自作PCで、省電力を意識したり、内蔵GPUコアを使用している方はいないと思いますが(笑)

何はともあれ、CPUパワーとコストパフォーマンスを両立したいならば、間違いなくHaswellをオススメします。

迷ったらコレ的なモデル(Haswell)はコチラ↓↓
Intel Haswell レポート2 ASUS 「Z87-PRO」編
Intel Haswell レポート1 「Core i7 4770K」編

ノートPC向けとされる低消費電力の第4世代Core Uシリーズが注目されていますが
デスクトップ向けのHaswellもパフォーマンスが高くオススメですよ。
“K”が語尾についている型番はクロックアップという自作PCならではの“遊び”もできますしね。
ではでは失礼しました。

【関連記事 ・ リンク】
Intel Haswell レポート2 ASUS 「Z87-PRO」編
Intel Haswell レポート1 「Core i7 4770K」編

DSP版 Windows8 Pro(64bit) 発売記念パック「窓辺ゆうVer.」 レポート2
DSP版 Windows8 Pro(64bit) 発売記念パック「窓辺ゆうVer.」 レポート1

【自作PC】 猿でも分かるレポート 「UEFIでWindows8をインストールしてみる」
【自作PC】猿でも分かるレポート「Intel SSD 510シリーズ」で“RAID0”を構築してみた

Intel Ivy Bridge レポート4 ベンチ編
Intel Ivy Bridge レポート3 「ASUS P8Z77-V PRO」編
Intel Ivy Bridge レポート2 「Elixir DDR3 W3U1600HQ-4G」編
Intel Ivy Bridge レポート1 「Core i7-3770K」編

Corsair 電源ユニット 「HX750(CP-9020031-JP)」(750W) レポート
PIONEER Blu-ray ドライブ 「BDR-S07J-KR」 レポート
クーラーマスター PCケース 「CM 690 II Plus rev2」 レポート
サイズ CPUクーラー 「KABUTO SCKBT-1000」 購入レポート

ASUS 「Z87-PRO」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック