SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート3 比較編

今回は「VAIO Duo 13 | red edition」と他機種のVAIOで、本体比較をレビューしたいと思います。

画像

↑↑写真は、SONYさんの「VAIO Duo 13 | red edition」 (SVD1321A1J)でございます。

「VAIO Duo 13 | red edition」と本体比較するVAIOは全部で3機種で
「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 となります。

※比較写真は輝度調整や撮影角度などにより実際に端末を見るのと多少の違いがあります。
また、ディスプレイ品質も同機種の端末でも個体差により若干の違いがある場合があります。
あくまでも、ご参考程度に見ていただければ幸いです。


【「VAIO Duo 13 | red edition」 と 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」の比較】

画像

画像

↑↑初めに本体比較するのは、「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 (写真右) と 「VAIO Duo 13 | red edition」 (写真左)です。 最初は、両機種ともに“タブレットモード”での比較です。

「VAIO Duo 11」は、11.6インチのフルHD(1920×1080)のIPSパネルを搭載しており
高さ 約1.7 cm 幅 約32 cm 奥行き 約19.9 cm 重量 約1.30 kg となります。

「VAIO Duo 13 | red edition」は、13.3インチのフルHD(1920×1080)を搭載しており
高さ 約1.95 cm 幅 約33 cm 奥行 約21 cm 重量 約1.32 kg となります。


こう比べてみると11.6インチと13.3インチの違いですが、本体サイズはほとんど変わりません。

画像

↑↑厚みもほぼ同じです。

画像

画像

↑↑次に“キーボードモード”でも比較してみました。 奥行きは約1cmほど「VAIO Duo 13 | red edition」が長いですが、幅は同じくらいのサイズでした。

画像

画像

↑↑サイドと背面です。 大きな違いと言えば、背面のヒンジ部分でしょうか。 「VAIO Duo 13 | red edition」はセンターヒンジを採用していますが、「VAIO Duo 11」はサイドヒンジです。

画像

画像

↑↑ディスプレイの比較です。
「VAIO Duo 11」(写真右)は、11.6インチのフルHD(1920×1080)のIPSパネルを搭載しており、「VAIO Duo 13 | red edition」(写真左)は、13.3インチのフルHD(1920×1080) “トリルミナス ディスプレイ for mobile”を採用しています。
「VAIO Duo 11」はノーマルなIPS液晶パネルなんですが、なかなか検討していると思います。 むしろ「VAIO Duo 13 | red edition」より、色合いは個人的に好みですね。 発色は、流石“トリルミナス ディスプレイ for mobile”搭載の「VAIO Duo 13 | red edition」ですね。 実に鮮やかな発色です。 視野角は両機種ともに広いです。

画像

↑↑デジタイザースタイラスも比較してみました。 写真左が「VAIO Duo 13 | red edition」のデジタイザースタイラスで、写真右が「VAIO Duo 11」のデジタイザースタイラスです。


【「VAIO Duo 13 | red edition」 と 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」の比較】

画像

画像

↑↑つづいて比較するのが、「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 (写真右) と 「VAIO Duo 13 | red edition」 (写真左)です。

「VAIO Z」は、13.1インチのフルHD(1920×1080)を搭載しており
高さ 約1.65 cm 幅 約33 cm 奥行 約21 cm 重量 約1.17 kg となります。

「VAIO Duo 13 | red edition」は、13.3インチのフルHD(1920×1080)を搭載しており
高さ 約1.95 cm 幅 約33 cm 奥行 約21 cm 重量 約1.32 kg となります。


両機種ともに13インチのモデルなので、サイズはほぼ同じになっています。

画像

↑↑厚みは「Surf Slider デザイン」を採用している「VAIO Duo 13 | red edition」がやや厚めです。

画像

画像

↑↑ディスプレイの比較です。
「VAIO Z」(写真右)は、13.1インチのフルHD(1920×1080)のTNパネル(Adobe RGB96%)を搭載しています。
発色の鮮やかさはTNパネルながら、Adobe RGB96%を搭載している「VAIO Z21」が有利ですが
視野角の広さは断然、「VAIO Duo 13 | red edition」(写真左)が良いですね。 「VAIO Z」は赤っぽく色潰れしてしまいます。
「VAIO Duo 13 | red edition」は、13.3インチのフルHD(1920×1080) “トリルミナス ディスプレイ for mobile”を採用しているので、非常に鮮やかな発色です。 気になる点と言えば、やや色温度が低めに設定されている事でしょうか。
色合いは個人的に「VAIO Z」の方が好みですね。

画像

↑↑キーボードは、キーピッチ約19 mm、キーストローク約1 mmを採用した「VAIO Duo 13 | red edition」の方が使いやすく感じました。 タッチパッドは、ぶっちゃけ、どちらも使いやすいとは言い難い面積です。


【「VAIO Duo 13 | red edition」 と 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」の比較】

画像

↑↑最後に本体比較するのが、プラットホームが「VAIO Duo 13 | red edition」と同じHaswellを搭載している「VAIO Pro 11」 (写真右)です。 さすがにディスプレイが13インチと11インチの違いがあるので、本体サイズはかなり違います。

「VAIO Pro 11」は、11.6インチのフルHD(1920×1080)を搭載しており
高さ 約1.18 cm 幅 約28.5 cm 奥行 約19.7 cm 重量 約870 gとなります。

「VAIO Duo 13 | red edition」は、13.3インチのフルHD(1920×1080)を搭載しており
高さ 約1.95 cm 幅 約33 cm 奥行 約21 cm 重量 約1.32 kg となります。


画像

↑↑厚みも「VAIO Duo 13 | red edition」の方が厚いです。 むしろ、「VAIO Pro 11」が薄すぎるといった方が正しいかも(笑)

画像

↑↑キーボードは両機種ともに使いやすいと思いますが、やや「VAIO Duo 13 | red edition」の方がタイピングは良好だと感じました。 タッチパッドに関しては「VAIO Pro 11」の方が面積が広い分、使いやすいですね。

画像

画像

↑↑ディスプレイの比較です。
「VAIO Pro 11」(写真右)は、11.6インチのフルHD(1920×1080) “トリルミナス ディスプレイ for mobile”を採用しており、「VAIO Duo 13 | red edition」(写真左)は、13.3インチのフルHD(1920×1080) “トリルミナス ディスプレイ for mobile”を採用しています。
違いは、ディスプレイサイズのみで発色や視野角はほぼ同じと言ってもいいと思います。 色合いは両機種ともに赤が強い傾向のパネル性質のようです。 色鮮やかにチューニングしている事だと思いますが、じっくりパネル品質を見比べてみると、若干「VAIO Duo 13 | red edition」の方が色鮮やかだと感じました。

って事で
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート4 使用(1)編 につづく。
次回は「VAIO Duo 13 | red edition」を使ってみた使用感などをレポートしたいと思います。

【関連リンク ・ 記事】
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート3 比較編
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Fit 15 (SVF15A1A1J)」 ミニ・レポート

SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート3 アクセサリー編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート3 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート4 使用編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート3 比較編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Tシリーズ11 (SVT1111AJ)」 レポート1 開封編

Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート5 使用編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート4 比較編
Apple「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」レポート3 Win7編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート2 本体編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Duo 13」 公式ページ
VAIO | red edition 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック