【物欲-BAKA】 - 2013年秋冬の陣 - 「IFA 2013」

ドイツのベルリンにおいて国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2013」が開催されました。
その時に発表された当ブログ注目のSONY製品をいくつか紹介したいと思います。

SONY 「DSC-QX100/Q10」

画像

画像

↑↑公式発表前からファンの間で評判の高かったスマートフォンに対応するレンズカメラ「DSC-QX100」です。
簡単に説明すると、カメラ本体からレンズを取ったような製品で、スマートフォンに装着して撮影したり、スマートフォンからリモート撮影できるのが、このレンズカメラです。 ※iPhone/Androidに対応。
「DSC-RX100M2」をベースにしたレンズカメラなので、カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載しています。

画像

↑↑こちらはGレンズ搭載の「DSC-QX10」です。
※「DSC-QX100」 or 「DSC-QX10」に関しては、当ブログでレビューする予定です。

SONY Mobile 「Xperia Z1」

画像

画像

↑↑日本でもdocomoさんやauさんから発売が噂される「Xperia Z1」です。
5型のフルHDディスプレイ(トリルミナスディスプレイ for mobile)を搭載し、Gレンズの2070万画素カメラを搭載しています。 CPUは、MSM8974 2.2GHz クアッドコアを搭載。 あくまでも当ブログの予想ですが、日本の仕様ではフルセグ視聴にも対応されそうですね。

画像

↑↑他にもアクセサリー製品として、「SmartWatch MN2」の後継機モデルである「SmartWatch 2 SW2」も楽しみですね。
※「Xperia Z1」(SO-01F)に関しては、当ブログでレビューする予定です。

SONY 「VAIO Tap 11」

画像

↑↑11インチのフルHD(トリルミナス)ディスプレイ搭載の「VAIO Tap 11」です。
なかなか面白そうなギミックのVAIOが登場しました。 「VAIO Duo」の派生モデルといった感じでしょうか。
「Xperia Tablet Z」とデザインが似ており、Microsoftさんの「Surface」にも似たデザインですね。
インターフェースはHDMI端子やUSB3.0端子を確認済みですが、NFC対応のVAIOマウス登場のフラグでしょうか?(笑)
※「VAIO Tap 11」に関しては、当ブログでレビューする予定です。

SONY 「VAIO Fit 13A/14A/15A」

画像

↑↑タブレット端末にもなるようなギミックを搭載した「VAIO Fit 13A/14A/15A」(multi-flip)です。
ちなみに「VAIO Fit 15A」(15インチ)は、2880×1620(トリルミナスディスプレイ)の高解像度を搭載したディスプレイのようです。

SONY 「Walkman F886」

画像

画像

↑↑ウォークマン Fシリーズ「NW-F805」の後継機であろう「Walkman F886」です。
日本では型番など変更される可能性もありますが、ウォークマンもようやく“NFC”に対応しました。
S-Master HXやトリルミナスディスプレイを搭載しており、OSはAndroid4.1のようです。
また、「Walkman F886」の上位モデル?の存在も確認されています。 公式発表が楽しみです。
※「Walkman F886」に関しては、当ブログでレビューする予定です。

SONY 「MDR-10RBT」

画像

↑↑「MDR-1RBT」の兄弟モデルであろう ワイヤレスステレオヘッドセット「MDR-10RBT」です。
「MDR-1RBT」は、Bluetooth接続で気楽に高音質で音楽鑑賞ができるモデルなので、コンパクト化された「MDR-10RBT」にも期待です。
※「MDR-1RBT」は、「MDR-1RBTMK2」としてリニューアルされました。

SONY 「SRS-BTS50」

画像

↑↑ワイヤレススピーカーの「SRS-BTS50」です。
NFCやIPX2相当の防水性能に対応した「SRS-BTD70」といった感じのBluetoothスピーカーでしょうか。 
※「SRS-BTS50」に関しては、当ブログでレビューする予定です。

SONY 「HMZ-T3W/HMZ-T3」

画像

↑↑先日、日本でも公式発表された「HMZ-T2」の後継機である「HMZ-T3W」です。
「HMZ-T3W」は、WirelessHD方式のワイヤレス伝送に対応し、接続ケーブル不要で部屋のどこでも楽しめるのが特徴です。 スマートホンやタブレットなどのモバイル機器をHDMIケーブルやMHLケーブルでバッテリーユニットに直接接続してコンテンツを楽しめる事も可能となりました。
※「HMZ-T3W」に関しては、当ブログでレビューする予定です。
ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” 「HMZ-T3W/HMZ-T3」 公式ページ

SONY 「BRAVIA X8500Aシリーズ」

画像

↑↑55型「KD-55X8500A」と65型「KD-55X8500A」の2モデルが“4K BRAVIA”の秋モデルとして発表されました。
基本仕様は、X9200Aシリーズと同じですが、サイドスピーカーではなくアンダースピーカーを採用したため、横幅が短くなり、設置スペースで悩んでいた方には嬉しいモデルですね。
パネルの表面加工はクリアブラックとなり、3D方式はアクティブシャッターとなっているため、「KDL-40W900A」の4Kバージョンといった所でしょうか。 この機種はかなり期待できます。
※2013年内実施予定のファームウェアアップデートにより、3840×2160p(59.94/60Hz)にも対応予定だそうです。 いわゆる、HDMI 2.0に対応予定ですね。
SONY 「BRAVIA X8500Aシリーズ」 公式ページ

日本で、まだ公式発表されていない製品も9月5日現在で何点かありますが、怒涛の新製品発表に興奮された方も沢山いらっしゃると思います。 秋から年末に向けて非常に楽しみになってきましたね。

【関連記事 ・ リンク】
IFA2013 日本語サイト

THE 物欲BAKA -2012年秋冬の陣-

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック