SONY ポータブルワイヤレスサーバー 「WG-C20」 レポート1 開封編

【Digital-BAKA】 2013年 秋冬 怒涛のレビュー祭り (Vol.7)
今回は「WG-C10」の後継機で、NFCワンタッチ接続に対応したポータブルワイヤレスサーバーを紹介します。

画像

↑↑モデルさんが持っているポータブル機器は
SONYさんのポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」(パープル)でございます。 価格は9980円前後です。

ポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」 主な特徴

画像


●薄さ約9mmのフラットタイプ
●NFCワンタッチ接続に対応 ※タッチするだけでWi-Fi接続が完了し、アプリが起動
●専用アプリ「File Manager」を使ってスマートフォン・タブレットからワイヤレスに簡単操作
●スマートフォン、タブレット、PC内のデータをワイヤレスでSDメモリーカード、USBメモリー、USB外付けハードディスクにコピーが可能
●SDメモリーカード、USBメモリー、USB外付けハードディスクのデータをワイヤレスでスマートフォン、タブレットに再生・保存が可能
●無線LANルーター経由でも、PCでワイヤレスにSDメモリーカード、USB外付けハードディスク、USBメモリーのデータを再生・コピーが可能
●外出先で、デジタルカメラで撮影した写真をSNSへアップロード
●スマートフォン、デジタルカメラ、タブレットへの給電機能搭載 ※3,000mAhのバッテリーを搭載
●給電専用モードを使用すれば、最大1.5A出力が可能
●ホームネットワーク内のDLNAクライアント機器での再生が可能
●nasne(ナスネ)や2013年11月発売のソニー製ブルーレイディスクレコーダーからフルHDおでかけ転送対応(SeeQVault SDメモリーカードのみ対応)
※おでかけ転送の操作は、Androidアプリケーション「おでかけ転送for WG series」のインストール(無料)が別途必要です

●最大8台まで同時接続が可能
●最大10時間の連続再生が可能


NFCワンタッチ接続対応やおでかけ転送対応と前モデルの「WG-C10」と比べると、かなりパワーアップしていますね。 では付属品の紹介から。

画像

↑↑microUSBケーブル(約30cm)です。 「WG-C10」に付属していたmicroUSBケーブルはカバー付きで豪華でしたが、「WG-C20」のmicroUSBケーブルは普通のケーブルでした。

画像

↑↑マニュアルなどの書類です。 ちなみに“SMART STYLE キャンペーン”で2012年8月以降発売モデルのXperiaと今回のポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」を購入すると、Edy 1000円分プレゼントというキャンペーンが実施中なので、該当される方はお忘れなく。 ※“SMART STYLE キャンペーン”は2014年1月17日までです。

画像

画像

↑↑そして本体のポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」(パープル)です。 薄さ約9mmのフラットタイプデザインで、一見するとスマートフォンと間違えられそうなカッコイイデザインですね。

画像

↑↑では表面からチェックします。

画像

↑↑ボディはマット調の素材を使っており、触り心地が良いです。

画像

↑↑NFCも表面に配置されています。

画像

↑↑つづいて、裏面をチェックします。 裏面は特にありませんが、SSIDが記入されています。

画像

↑↑上サイドです。 中央に充電(PCに接続)するためのmicro USB端子が配置されており、右側に「WG-C20」を充電したりUSBメモリー(HDD)を接続する為のUSB端子が配置されています。 左側にはステータスランプ(右から給電表示ランプ、無線LAN表示ランプ、データアクセスランプ)が配置されています。

画像

画像

↑↑ステータスランプは、こんな感じで点灯(点滅)します。 ※充電中は電源ランプは赤に点灯します。

画像

画像

↑↑右サイドです。 Xperiaを意識した電源ボタンとSDメモリーカードスロットが配置されています。 残念ながらメモリースティックは非対応になってしまいました。

画像

画像

↑↑下サイドと左サイドは特にありませんが、左サイドにリセットボタンがあります。

画像

画像

↑↑「WG-C20」のサイズや厚みは、「Xperia Z1」とほぼ同じでした。

画像

画像

↑↑「WG-C20」はNFCを搭載されているので、面倒な接続設定をしなくてもタッチするだけで直ぐにNFC対応端末と接続できます。 しかもアプリも自動で起動するので、かなり便利になりました。 ※電源は予めONにする必要があります。

画像

↑↑NFCで接続しただけでWi-Fiの設定が完了しました。 NFCのお蔭で接続設定はずっとハードルが低くなり、誰にでも扱いやすくなっていますね。

画像

↑↑専用アプリ「File Manager」です。 非常にシンプルで使い勝手も悪くないと感じました。 ※PCでは専用アプリの「File Manager」は不要です。

画像

画像

↑↑スマートフォン、タブレット、PC内のデータをSDカードやUSBメモリー、またはUSB HDDへワイヤレスで簡単にコピーが可能になります。 もちろん、逆にSDカードやUSBメモリーの画像や動画、音楽、テキストファイルなどを端末にコピーするといった事も可能です。

画像

画像

↑↑例えば、デジカメで撮影したSDカードの画像データを簡単に端末やUSBメモリーなどにコピーができます。 Wi-Fi通信なのでデータ量が多いとそれなりに時間が掛かりますが、気楽にコピーできるのが大きなポイントですね。

画像

↑↑また、「WG-C20」は無線LAN親機のアクセスポイントにもなるので、スマートフォン→「WG-C20」→無線LAN親機という繋げ方も可能です。 これなら端末を「WG-C20」に繋げていてもインターネット接続が可能です。

画像

↑↑しかも「WG-C20」をモバイルバッテリー(3,000mAh)として使用できるので、スマートフォンのバッテリーが少ない時でもイザという時に便利ですね。 ちなみに給電専用モード(電源ボタンを約1秒押して無線LAN表示ランプを消灯させた状態)を使用すれば、最大1.5A出力が可能です。

しばらく「WG-C20」を使ってみて感じた事ですが、明らかに前モデルの「WG-C10」と比べ、かなり使いやすくなっています。 NFC様様です(笑)

って事で SONY ポータブルワイヤレスサーバー 「WG-C20」 レポート2 おでかけ転送編 につづく。
次回は本命の新機能でもある、フルHDおでかけ転送を「WG-C20」で試してみたい思います。

※「WG-C20」のおでかけ転送に対応したSDメモリーカードのレポートはコチラ↓↓
SONY SeeQVault対応 microSDHCメモリーカード 「SR-16SA」 レポート

画像

モデル : yurina*





【関連記事 ・ リンク】
SONY ポータブルワイヤレスサーバー 「WG-C20」 公式ページ
SONY SeeQVault対応 microSDHCメモリーカード 「SR-16SA」 レポート
SONY ポータブルワイヤレスサーバー 「WG-C10」 レポート

SONY USB出力機能付ポータブル電源 「CP-F10LSAVP」(10,000mAh) レポート
SONY USB出力付ポータブル電源 「CP-F2LSAVP」 (7,000mAh) レポート
Cheero モバイルバッテリー 「Power Plus 2 (10400mAh)」 レポート
オズマ スマートフォン用リチウムポリマー充電器 「LU-301K」 購入レポート
SONY USB出力機能付きポータブル電源セット 「CP-ELSIP」(ブラック) レポート

micro USB → 変換プラグアダプター “三種の神器”を紹介
ミヤビックス(ビザビ) 「ドロイド君 USB チャージャー」 購入レポート
iBUFFALO 4A出力対応USB充電器 4ポートタイプ 「BSMPA09BK」 購入レポート
NEC WiMAX モバイルルータ 「AtermWM3800R」 レポート2 使用編
NEC WiMAX モバイルルータ 「AtermWM3800R」 レポート1 開封編

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【Bluetooth+NC機能】ヘッドフォン「MDR-ZX750BN」
  • Excerpt: 「MDR-ZX650」の後継機となる密閉ダイナミック型ヘッドフォン。耳の形状に合わせたオーバル型のイヤーパッドを採用し、従来より密着するようにした。単に装着性が向上しただけではなく、「低域がダイレクト..
  • Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物
  • Tracked: 2014-02-19 08:54