SONY 「VAIO Tap 11 (SVT1121A1J)」 レポート2 本体編

今回は、「VAIO Tap 11」の本体とキーボード周りをレビューしたいと思います。

画像

↑↑写真は、SONYさんの「VAIO Tap 11 (SVT1121A1J)」※ブラックでございます。

画像

↑↑まずは本体からチェックします。 ディスプレイは11.6型のオプティコントラストパネル(IPSパネル)を採用しており、フルHD(1920×1080)のトリルミナス ディスプレイ for mobile、X-Reality for mobileを搭載しています。 ベゼルはやや厚めです。

画像

↑↑非常に発色が良く色鮮やかなディスプレイ品質です。 やや色温度が低めで濃い発色を実現していますね。
トリルミナス ディスプレイ for mobileの特徴でしょうか。

画像

↑↑IPSパネルの搭載により視野角も広いです。

画像

↑↑ディスプレイの中央上にインカメラとカメラランプと輝度センサーが配置されています。

画像

↑↑ディスプレイの中央下にWindowsボタンが配置されています。

画像

↑↑右下にはキーボードと重ねて使用するキーボード充電端子が配置されています。

画像

↑↑上サイドです。

画像

画像

↑↑右側のカバーには、microSDカードスロットとバッテリーオフボタンが配置されています。 また、赤外線ポートやデュアルマイクも配置されています。 SDカード非対応なのは残念です。

画像

↑↑本体の充電中を知らせてくれる充電ランプも配置されています。

画像

↑↑左側にはファンの排気口。 ※これだけボディが薄くてもファンは装備されています(笑)

画像

↑↑下サイドは特にありません。

画像

↑↑左サイドです。

画像

画像

↑↑左サイド上のカバーには、USB 3.0端子(USB給電対応)とmicro HDMI出力端子が配置されています。 デザイン重視のためかカバーを開けないとUSB端子とmicro HDMI端子が使えないのは微妙に不便と感じます。

画像

↑↑左サイド下には、電源端子が配置されています。

画像

↑↑右サイドです。

画像

↑↑右サイド上には、ヘッドホン出力端子(ヘッドセット対応)とXperiaの電源ボタンにそっくりな電源ボタン(電源ランプ)とボリュームキーが配置されています。

画像

↑↑つづいて、背面です。 左右にステレオスピーカーが配置されています。 コンテンツにあわせて最適な音質を設定できる「Clear Audio+」モードをはじめ、ソニー独自の高音質技術を結集しているそうです。 たしかに、なかなかの音質でビックリしました。

画像

↑↑上部中央に“Exmor RS for PC” CMOS センサーを備えた8Mカメラを配置されています。

画像

↑↑左上に“ASSIST”ボタンとNFC(タッチマーク)が配置されています。

画像

↑↑非常に細く作られているスタンドです。

画像

画像

↑↑スタンドは角度調整も可能です。

画像

↑↑ではキーボードをチェックしてみます。

画像

↑↑キーボードは本体よりも薄く非常に軽いです。 ※本体の厚みは9.9mmで、キーボードの厚みは4.25mmです。

画像

↑↑一般的なノートPCと同等の約19mmの広いキーピッチと、しっかりと打てる約1.1mmのキーストロークを確保しており、思っていたよりも打ちやすいですね。

画像

↑↑タッチパッドです。 個人的には滑りが悪く操作性が微妙かなと感じました。

画像

↑↑右上にキーボードバッテリーランプ、キーボード電源スイッチ、キーボード充電端子が配置されています。

画像

画像

↑↑キーボードの背面です。 ヘアライン加工されています。

画像

画像

↑↑本体とキーボードを装着させてキーボードの充電をします。 充電中はキーボード背面の充電ランプがオレンジに点灯します。

画像

↑↑本体とキーボードで約1100gあり、お世辞にも軽いとは言えません。 あとマグネットで装着されているだけなので若干ぐら付き持ち運びには注意が必要ですね。 ※本体が約780g、キーボードが約320gとなります。

質感は所々に微妙な箇所もありますが、タブレットやサブマシンと割り切った使い方なら非常に魅力なPCだと感じますね。

って事で SONY 「VAIO Tap 11 (SVT1121A1J)」 レポート3 比較編 につづく。
次回は、「VAIO Tap 11 (SVT1121A1J)」と他機種のPCやタブレット端末と本体比較してみます。



【関連リンク ・ 記事】
SONY 「VAIO Tap 11 (SVT1121A1J)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート5 使用(2)編
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート4 使用(1)編
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート3 比較編
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 13 | red edition」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート4 使用編
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート3 比較編
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Pro 11 (SVP1121A1J)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Fit 15 (SVF15A1A1J)」 ミニ・レポート

SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート3 アクセサリー編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート5 使用編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート4 比較編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート3 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート2 本体編
SONY 「VAIO Z (SVZ1311AJ) VAIO15周年記念モデル」 レポート1 開封編

Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート5 使用編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート4 比較編
Apple「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」レポート3 Win7編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート2 本体編
Apple 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」 レポート1 開封編

SONY 「VAIO Tap 11」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック