SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET1100」 レポート1 開封編

【Digital-BAKA】 2013年 秋冬 怒涛のレビュー祭り (Vol.16)
今回は、11月16日に発売されたSONYさんの2013年モデルBDレコーダーを開封編として紹介します。

画像

↑↑写真は、SONYさんのブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ET1100」(1TB)でございます。
実売価格は89800円前後となっています。

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ET1100」 主な特徴

画像


●HDD容量 1TB
●3番組同時長時間録画 ※トリプルチューナー
●「瞬間起動モード」で約0.5秒で起動
●外付けHDDを1台のみ追加可能 ※最大10台までの外付けHDDを登録可能
「4Kテレビ」にも対応した高画質回路“CREAS 5”4Kテレビモード
●バーチャルサラウンド機能 「S-Force フロントサラウンド」
●見たいところだけがすぐに見られる“もくじでジャンプ” ※見たいコーナーを選んで、まとめて見る事も可能
タイトル/コーナー検索機能
●好きなタレント名やキーワード、興味のあるジャンルを登録するだけで、関連する番組を自動で録画 “おまかせ・まる録” 機能
●ワイヤレスおでかけ転送 ※USB接続でも可能
DRモードで録画した番組をフルHDでのストリーミング視聴やおでかけ転送が可能
※対応スマートフォン Xperia Z1/Z/A/UL/Z1 f ※対応タブレット Xperia Tablet Z
ただし、Xperia Z/A/UL、Xperia Tablet Zは、DRモードで録画した番組は視聴できません
 
●好きなドラマを、まとめてブルーレイディスクへ“連続ドラマ一括ダビング”
●スマートフォン・タブレットで家中どこでもコンテンツ視聴可能
●スマートフォン・タブレットで外から番組予約
●スカパー!HDLAN録画 CATV LAN録画
●スカパー!HD LANダビング
対応のHDD内蔵スカパー!HDチューナーで録画されたコンテンツを
LAN経由で簡単にソニーブルーレイディスクレコーダーに移動可能
らくらくリモコン

※赤字は2013年モデルからの新機能です。

2012年モデルBDレコーダーと仕様の比較をすると、マイナーチェンジ程度の機能アップですね。 では付属品の紹介から。

画像

↑↑らくらくリモコンです。 非常にコンパクトサイズになり、よく使うボタンが大きく使いやすくなっていますね。

画像

↑↑数字キーなどは下部をスライドさせると出てくるようになっており、フルリモコンに早変わりします。

画像

↑↑らくらくリモコンの背面は、こんな感じ。

画像

画像

↑↑リモコン用単4電池(2本)も付属しており、らくらくリモコンにセットします。

画像

画像

画像

↑↑リモコンを3分割ズームして撮影しました。 ボタン配置や種類などのご参考に。

画像

↑↑2012年モデルの「BDZ-ET2000」に付属しているリモコン(写真右)と比較してみました。 らくらくリモコン(写真左)がいかにコンパクトか分かっていただけると思います。

画像

↑↑アンテナケーブルです。

画像

↑↑電源ケーブルです。

画像

画像

↑↑マニュアルなどの書類です。

画像

↑↑もちろん、B-CASカードも付属されています。

画像

↑↑そして、本体となる「BDZ-ET1100」(1TB)です。 ちなみに同日に発売された「BDZ-ET2100」(2TB)とはHDD容量の違いだけで仕様は全く同じです。

画像

↑↑ぶっちゃけると、ボディの質感やデザインは2012年モデルBDレコーダーと比べて、微妙に大人しくなったような気がします。

画像

↑↑せっかくなので、2012年モデルの「BDZ-ET2000」(写真下側) と 今回の「BDZ-ET1100」(写真上側)で本体比較をしてみます。

画像

画像

画像

↑↑本体サイズはほぼ同じですが、高さは微妙に「BDZ-ET1100」の方がコンパクトサイズになっています。 インターフェース類もほぼ同じです。 ※「BDZ-ET1100」が写真上側で、「BDZ-ET2000」が写真下側となります。

画像

↑↑正面のデザインや質感は、「BDZ-ET2000」の方が丁寧に作り込まれていると思います。

画像

↑↑「BDZ-ET2000」(写真右側)の天板はラメ入りのシルバーカラーになっており質感が良かったのですが、「BDZ-ET1100」(写真左側)の天板は普通のブラックボディになっています。 BDレコーダーの質感も残念ながら、年々とコストダウンの影が見え隠れしますね。

画像

↑↑「BDZ-ET1100」のUIです。 SONY製品では唯一、XMB(クロスメディアバー)を採用している貴重なUIです(笑)
新しいプラットフォームを期待していたのですが、XMB(クロスメディアバー)は非常に使いやすいUIなので、それなりに満足できると思います。 今までのXMB(クロスメディアバー)よりも明るめのカラー(ブルー)になっていますね。

画像

↑↑初期設定も非常に分かりやすく設定できます。 ちなみにレスポンスは2012年モデルのBDレコーダーとほぼ同じかなと感じました。

って事で SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET1100」 レポート2 本体編 につづく。
次回は、「BDZ-ET1100」の本体周りをレビューしたいと思います。

【関連記事】
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET1100」 公式ページ
SONY ブルーレイディスクレコーダー 公式ページ

SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート4 機能(2)編
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート3 機能(1)編
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート2 本体編
SONY ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-ET2000」 レポート1 開封編

SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート5 機能(その2)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート4 機能(その1)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート3 画質(比較)編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 「KDL-40W900A」 レポート1 開封編

SONY 3Dメガネ(アクティブシャッター方式) 「TDG-BT500A」 開封レポート

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。




ソニー HDD 1TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET1100
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー HDD 1TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET1100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ソニー HDD 2TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET2100
ソニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー HDD 2TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET2100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック