RAVPowerのUSB-C急速充電器(61W/PD 3.0対応/USB-A & USB-C)とAnkerのUSB-C to USB-C 2.0 ケーブル (PD対応/1.8m)でモバイル充電環境を強化してみる

最近、USB-C Power Delivery対応のデバイスが増えつつあるので、モバイル充電環境を強化してみました。

s-watermarked-DSC09590.jpg
RAVPowerさんのUSB-C急速充電器(61W/PD 3.0対応/USB-A & USB-C)とAnkerさんのUSB-C to USB-C 2.0 ケーブル (PD対応/1.8m)を購入してみました。

RAVPowerさんのUSB-C急速充電器は3800円前後、AnkerさんのPowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (PD対応/1.8m/グレー)は1300円前後となっています。

s-watermarked-DSC09484.jpg
数ある充電器の中で、当ブログがチョイスしたのは、この2点。

VAIO SX14をUSB-Cで充電するぜ!「AUKEY USB充電器 ACアダプター 46W」
ロングケーブル(3m)のMicro USBケーブルとRAVPower USB充電器を買ってみた理由



s-watermarked-DSC09499.jpg
s-watermarked-DSC09495.jpg
まずはAnkerさんのPowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル(PD対応/1.8m/グレー)です。無駄に高級感のあるフェルト製ポーチが同梱しています。もちろんPD対応。

s-watermarked-DSC09509.jpg
外部には2重に編み込まれた高耐久ナイロン、内部には高耐久素材を使用しているそうです。しかも一般的なケーブルより5倍以上も長持ちするみたい。素材がナイロンなので取り回しも柔らかく良い感じ。

s-watermarked-DSC09514.jpg
s-watermarked-DSC09517.jpg
つづいてRAVPowerさんのUSB-C急速充電器(61W/PD 3.0対応/USB-A & USB-Cの2ポート)です。収納しやすい折畳式プラグを採用。

s-watermarked-DSC09576.jpg
iPhone 11 Pro Maxとサイズ比較。

s-watermarked-DSC09537.jpg
USB-A & USB-Cで、2台同時にスマート充電可能。MacBookに付属した充電器より小さく手で握れるサイズでスペースを合理に利用できます。ちなみに電源に挿すと青いLEDが点灯。

s-watermarked-DSC09574.jpg
USB-C Power Deliveryの規格では最大61Wで出力可能。USB-A充電ポートにはPD非対応デバイスを5V/2.4Aの出力で充電可能。※USB-C & USB-Aポートを同時に利用して充電する場合、USB-C口の出力は45Wになり、総計出力は57Wになります(マルチ保護システム搭載)。

s-watermarked-DSC09567.jpg
USB-C Power Delivery対応のVAIO SX14とiPhone 11 Pro Maxの同時充電。うん、完璧じゃん。(余談ですが、iPhone 11 Pro MaxもPDに対応しています)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント