8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー3(内装編)

レビュー3回目の今回は「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」の内装をチェックしたいと思います。

s-watermarked-DSC05537.jpg
フリードは2016年9月に2代目フリードとしてフルモデルチェンジされ、2019年10月にマイナーチェンジされました。当ブログは5人乗りの「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」をチョイス。カラーはルナシルバー・メタリックとなります。

【関連記事】
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー1(納車編)
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー2(外装&メーカーオプション&ディーラーオプション編)



s-watermarked-DSC05263.jpg
フリードと言えば、コンパクトボディながら広い室内を持つのが最大の特徴。※フリード+は5人乗りで、ラゲッジルームが広く設計(2段構造タイプ)されています。

s-watermarked-DSC05354.jpg
インパネ周りです。個人的にフリードで一番のお気に入り部分がインパネ周りのデザイン。1500ccクラスの車とは思えない、品のあるデザインだと思います。

s-watermarked-DSC05424.jpg
メーター類はフロントウィンドウ側の奥にあり、目線を余り動かすこともなく視認性が良いです。

s-watermarked-DSC05404.jpg
メーターの左側には切り替えタイプのインフォメーションディスプレイを搭載。

s-watermarked-DSC05420.jpg
メーター手前にインパネアッパーボックスという名の収納ボックス。小物やティッシュボックスくらいなら余裕で入ります。

s-watermarked-DSC05395.jpg
ナビの下にはプラズマクラスタ―搭載のフルオート・エアコンディショナーが配置。全て物理ボタンで操作性もグット。温度設定を低くするとLEDが青く光り、高く設定すると赤く光る演出が素敵。

s-watermarked-DSC05504.jpg
ちなみにナビとエアコンの真ん中にちょっとした小物を入れるスペースがあります。スマホレベルの小物が入ります。

s-watermarked-DSC05488.jpg
s-watermarked-DSC05494.jpg
中央に最大3kgまでの荷物が置ける収納式センターテーブルと収納式カップホルダー。※カップホルダーは運転席側、助手席側、中央と前席で計3つのカップホルダーが設置されています。

s-watermarked-DSC05434.jpg
中央下側にシガーソケットとUSB端子と収納スペース。※標準装備ではUSB端子は1系統です。

s-watermarked-DSC05464.jpg
助手席にはインパネトレイ。スマホや眼鏡なら2個は余裕で置けます。

s-watermarked-DSC05341.jpg
ちなみに中央にある木目調のインパネデザインは高級感が増し気に入ってます。

s-watermarked-DSC05485.jpg
グローブボックス。若干狭い気がします。フリードは、ここにドライブレコーダー本体を収納するみたいです。

s-watermarked-DSC05418.jpg
s-watermarked-DSC05415.jpg
ハンドルにはナビ(オーディオ)系の操作ボタン、ACC(アダプティブクルーズコントロール)の操作ボタン、インフォメーションディスプレイ(TRIP)の切り替えスイッチ、音声(通話)スイッチなどが搭載しています。

ちなみにアダプティブクルーズコントロールはHonda SENSINGを代表するような機能の1つで、簡単に説明すると前の車を認識し半自動運転して追尾してくれる機能です。クルーズコントロールも進化しましたね。30km以下だと作動しないのが欠点ですかね。

s-watermarked-DSC05476.jpg
ハンドルの右下にリア両側パワースライドドア開閉スイッチとHonda SENSING系の安全運転支援システムON/OFFボタンなどが付いています。

s-watermarked-DSC05449.jpg
運転席と助手席の間はウォークスルーになっています。アームレストは運転席と助手席に付いています。アームレストにはコンビニフックも付いているので買い物袋など掛けるのに便利。ただ…アームレストが細すぎて使いにくい。

s-watermarked-DSC04946.jpg
s-watermarked-DSC05322.jpg
アームレストが細すぎて使いにくいので、Nikeのリストバンドを付けて対応しました。これがなかなか良いw



s-watermarked-DSC05385.jpg
s-watermarked-DSC05451.jpg
フロントガラスの上には後部座席を見渡せる鏡が付いています。サンバイザー(運転席と助手席)は照明付きの鏡を装備。

s-watermarked-DSC05378.jpg
ルームランプはフロント(左右)、中央、ラゲッジルーム(ラゲッジルームは上下2ヵ所)に配置。必要十分。

s-watermarked-DSC05455.jpg
s-watermarked-DSC05336.jpg
ドア内張りも質が良いですね。ボトルホルダー付き大型ドアポケットなどポケットも多め。

s-watermarked-DSC05470.jpg
運転席には手動タイプの座高高さ調整ノブが付いています。

s-watermarked-DSC05316.jpg
助手席の後方にシートバックポケット。タブレット端末や雑誌を入れるのに良いかも。

s-watermarked-DSC05375.jpg
s-watermarked-DSC05319.jpg
後部座席にも左右にカップホルダー。Cパッケージには日差しよけのロールサンシェイド(スライドドア両側)が装備。

s-watermarked-DSC05360.jpg
後部座席は普通に広いですね。デブの私が座っても余裕()

s-watermarked-DSC05295.jpg
s-watermarked-DSC05298.jpg
5人乗りであるフリード+の最大の特徴は、後部座席を折り畳むと広々としたラゲッジルームが出来ることでしょうね。その分、後部座席はリクライニングが余りできないのが欠点かも。

s-watermarked-DSC05301.jpg
写真の板をベルトから取り出すと段差はありますが、フラットで広いラゲッジルームが完成します。大人2人なら普通に寝れるので車中泊される方には5人乗りのフリード+が人気なんです。※写真は完全なフラット状態に組んでいません。中途半端でスイマセン。

s-watermarked-DSC05266.jpg
フリード+のラゲッジルームをチェック。2段構造で荷物がたくさん入るのが特徴。

s-watermarked-DSC05272.jpg
s-watermarked-DSC05288.jpg
ラゲッジボードという板が2枚付いていて取り外しも可能。自転車など高さのある荷物なんかはラゲッジボードを取って積載可能。

s-watermarked-DSC05275.jpg
s-watermarked-DSC05277.jpg
ラゲッジルームにもシガーソケットが付いていて、アウトドア派には嬉しい装備かも。細長いポケットとカップホルダーも左右に付いています。

s-watermarked-DSC05285.jpg
車載工具は左右のサイドに設置。

s-watermarked-DSC05191.jpg
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー4(他車でも使える社外品のカーアクセサリー製品を紹介)につづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント