8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー5(9インチ プレミアムインターナビ「VXM-207VFNi」レビュー)

レビュー5回目の今回は、HONDA(Gathers)純正ナビである9インチのプレミアムインターナビ「VXM-207VFNi」をレビューします。

s-watermarked-_DSC3839-4_.jpg
フリードは2016年9月に2代目フリードとしてフルモデルチェンジされ、2019年10月にマイナーチェンジされました。当ブログは5人乗りの「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」をチョイス。カラーはルナシルバー・メタリックとなります。

【関連記事】
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー1(納車編)
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー2(外装&メーカーオプション&ディーラーオプション編)
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー3(内装編)
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー4(他車でも使える社外品のカーアクセサリー製品を紹介)



s-watermarked-DSC05393.jpg
写真のナビが、2019年10月に発売されたHONDA(Gathers)純正ナビである9インチのプレミアムインターナビ「VXM-207VFNi」です。標準価格は231000円。

● 9インチHD液晶モニター(IPS)を採用
● DIATONE SOUNDにより高音質を追求
● 音声によって目的地検索や周辺検索のアシスト、現在地登録といった事が可能な音声認識機能
● 駐車場の満空情報、天気情報、ドライブに役立つ情報などを取得できるインターナビに対応
● 地図データを最大3回、無償で更新
● NaviCon(スマホアプリ)対応
● 地上デジタルTVチューナー内蔵(4アンテナ×4チューナー)
● Apple CarPlayに対応
● SDカードスロット、DVD(CD)スロット搭載

s-watermarked-DSC05511.jpg
「VXM-207VFNi」は4アンテナ×4チューナーを搭載した地上デジタルTVチューナーが内蔵されています。受信感度も良く不満なし。9インチという大きさなので単純に見やすいです。もう7インチクラスには戻れませんね。

s-watermarked-_DSC3965.jpg
MENUボタンの長押しで、ディスプレイ調整が可能。

s-watermarked-_DSC3950.jpg
モニターの裏にSDカードスロットとDVD(CD)スロットを搭載している。

s-watermarked-DSC05512.jpg
s-watermarked-_DSC3961.jpg
ナビのMENU画面と設定(情報)画面です。非常にシンプルで昔からのGathersユーザーなら説明書不要で使えると思います。MENU画面は多少のカスタマイズも可能。

s-watermarked-_DSC3944.jpg
9インチの大きさを活かすビュー切り替えに対応。

s-watermarked-_DSC3947.jpg
s-watermarked-_DSC3940.jpg
1画面のスタンダードは当然として、2画面にする事も可能。

s-watermarked-_DSC3938.jpg
オーディオ(テレビ)画面を表示したまま、ナビの表示も可能。

s-watermarked-_DSC3969.jpg
s-watermarked-_DSC3967.jpg
音声のみでナビの簡易的な操作もできます。例えば「自宅へ帰る」と発話するだけでナビが開始されます。

s-watermarked-IMG_2295.jpg
フリードの場合、ナビのディスプレイの他にインフォメーションディスプレイでも簡易的な案内指示が表示されます。コレ、地味に便利。

s-watermarked-_DSC3974.jpg
s-watermarked-DSC05514.jpg
これは便利だな!と感じたのが、後席会話機能。マイクとスピーカーを通して後席に居る人と会話ができます。

s-watermarked-_DSC3978.jpg
面白い機能だなと感じたのが、この記念距離メモリー。例えば走行距離の1000kmや1111kmといったキリ番で記録される機能です。

s-watermarked-DSC05521.jpg
s-watermarked-_DSC3985.jpg
Bluetooth オーディオにも対応しているので、スマホを接続して音楽を聴くことも可能。タイトルも表示可能。

s-watermarked-_DSC3983.jpg
Bluetooth接続した携帯電話は通話も当然できる。

s-watermarked-_DSC3990.jpg
s-watermarked-DSC05524.jpg
USB接続でApple CarPlayに対応している所もハイエンドモデルならではですね。通話はもちろん、iPhoneのCarPlayアプリを使ってナビやオーディオ再生などが可能です。

s-watermarked-_DSC4003.jpg
Apple CarPlayのホーム画面。Apple CarPlayに対応したアプリは端末からダウンロードする形。

s-watermarked-_DSC3998.jpg
s-watermarked-_DSC3994.jpg
ナビ(地図)アプリやミュージックなどが使える。残念ながらYouTubeといった動画アプリは安全性を考慮して非対応になっている。

s-IMG_2357.jpg
またApple CarPlayは、ハンドルの音声コントロールボタンで設定や通話が可能。

s-watermarked-_DSC4009.jpg
純正ドライブレコーダーの設定や再生は設定/情報の情報から確認可能。※取り付けたドライブレコーダーはフロント用の「DRH-204VD」となります。もちろん別途費用でリア用も取り付け可能。

s-watermarked-_DSC4017.jpg
s-watermarked-_DSC4023.jpg
ドライブレコーダーの映像は「VXM-207VFNi」から日時をチェックして再生も可能。またパソコンに取り込んで専用アプリで記録する事もできる。

s-watermarked-_DSC4014.jpg
ドライブレコーダーはリアルタイムでカメラの映像を見ることができる。

s-watermarked-_DSC4030.jpg
ETCの使用履歴もナビでチェックできます。

【Honda Total Care(アプリ)が便利】

s-IMG_2319.jpg
Honda Total Care(アプリ)をスマホにインストールすると、走行距離やメンテナンス情報がチェックでき大変便利です。

s-IMG_2320.jpg
平均燃費もHonda Total Care(アプリ)で分かります。Honda Total Careは基本無料なので是非ともインストールしてみて下さい。

【Amazonで「VXM-207VFNi」の保護フィルムを購入してみた】

s-watermarked-DSC04935.jpg
s-watermarked-DSC04934.jpg
「ホンダ VXM-207VFNi / VXM-197VFNi / VXM-187VFNi」に対応した保護フィルムです。2枚入りで実売価格はAmazonさんで977円前後となっています。アルコールパッド、清潔布、除塵ステッカー、気泡抜きヘラが付属されています。

s-watermarked-DSC05518.jpg
保護フィルムを「VXM-207VFNi」に貼ると、こんな感じ。サイズもピッタリでした。ただ9インチという大きさなので貼るのは苦労するかも。2枚入りで良かった。タッチパネルなので貼っていて損はないと思います。オススメ。

s-watermarked-_DSC3924.jpg
9インチのプレミアムインターナビ「VXM-207VFNi」大変満足。取り付けて良かった。

s-watermarked-_DSC5250.jpg
8代目のマイカーとなるHONDA車がやってきた!!「フリード+ HYBRID G Honda SENSING」レビュー6 (まとめ編)につづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント