180度チルトやバリアングル非対応でも低コストで自撮りが可能!UURigの自撮り用ミラー購入レビュー!

ミラーレス一眼カメラで、180度チルト液晶やバリアングル液晶に非対応でも低コストで自撮りが可能な面白いアイテムをAmazonさんで見つけたので紹介したいと思います。

s-watermarked-DSC03797.jpg
UURigというメーカーから発売されている自撮り用ミラーです。実売価格はAmazonさんで2400円前後となっています。



s-watermarked-DSC03723.jpg
s-watermarked-DSC03730.jpg
パッケージと付属品です。付属品は自撮りミラーを収納するポーチとなっています。

s-watermarked-DSC03738.jpg
s-watermarked-DSC03748.jpg
本体です。中を見ると鏡が斜めに設置されていますね。対応カメラはカメラの液晶がチルト機構(90度のローアングルポジション)に対応していれば大体使えます。

【主な対応機種一覧】
Sony A6000 / A6300 / A6500 / A7M2 / A7M3 / RX100 M1-M7
FUJIFILM XT2 ST3 XT-20 XT-30
Nikon Z6 Nikon Z7 D750、D500、D810、D850
Panasonic GX85

s-watermarked-DSC03759.jpg
s-watermarked-DSC03753.jpg
サイドや真上は、こんな感じ。3つのシューが搭載されているので、ビデオマイクやビデオライトなども同時に使用可能です。

s-watermarked-DSC03793.jpg
s-watermarked-DSC03775.jpg
α7IIIのシューに取り付けると、こんな感じ。少々、不格好になりますが自撮りが気楽にできるといった便利さを優先すると仕方ないかも。

s-watermarked-DSC03802.jpg
s-watermarked-DSC03809.jpg
自撮りミラーのシューに外付けのマイクを付けてみました。

s-watermarked-DSC03812.jpg
真上、左右にシューが付いているのは単純に便利です。

s-watermarked-DSC03816.jpg
s-watermarked-DSC03778.jpg
使い方は簡単。写真のようにカメラの液晶モニターを90度にチルトするだけ。

s-watermarked-IMG_2409.jpg
もちろん鏡なので実際の映像と違い、反転してしまうのが欠点ですが、わざわざ外部モニターを用意しなくても気楽に“確認”する事が可能なのが大きなメリットでしょうね。低コストで自撮り可能になる事が売りの商品ですね。外部モニターはコストも高いしバッテリー残量の心配もありますから、自撮りミラーを持っていても損はないと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント