パワフルな高音質で低価格!テレワークにも使える!実はめっちゃ売れているSONY製ワイヤレスステレオヘッドセット「WH-CH510」を紹介!

SONY製ワイヤレスステレオヘッドセット「WH-CH510」を紹介します。

s-watermarked-DSC00286.jpg
SONYさんのワイヤレスステレオヘッドセット「WH-CH510」(ブラック)です。実売価格はAmazonさんで4800円前後となっています。※2019年10月発売製品

【関連記事】
ノイズを気にせず、自分スタイルで楽しむハイレゾ級高音質!「h.ear on 3 Wireless NC(WH-H910N)」レビュー!
ハイレゾの音域に対応したプロフェッショナル仕様モニターヘッドホン「MDR-M1ST」を開封レビュー
SONY 完全ワイヤレスヘッドホン「WF-1000XM3」開封レビュー



s-watermarked-DSC00241.jpg
● 最大35時間再生のスタミナ&クイック充電対応(10分の充電で90分の再生が可能)
● コンパクト軽量な30mmドライバーでも高精細な音楽再生を実現
● ワイヤレスでも高音質なAACに対応で音質劣化の少ないリスニングを実現
● オンイヤータイプの小型ハウジングと、わずか約132gの軽量設計で快適な装着感を実現
● ハウジング部をフラットにしまえるスイーベル機構を採用
● 耳元のボタンでiPhone/スマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作
● ハンズフリー通話対応
● 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応(Bluetooth Ver.5.0)
● スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応

s-watermarked-DSC00254.jpg
付属品は、約20cmのUSB Type-C ケーブル(USB-A - USB-C)です。

s-watermarked-DSC00283.jpg
本体の「WH-CH510」です。カラーはブラックをチョイス。

s-watermarked-DSC00272.jpg
5000円前後の低価格ですが、質感は割と頑張ってます。プラスチッキー感はありますが、デザインやイヤーパッド部分は良い感じに作り込まれています。

s-watermarked-DSC00267.jpg
ハウジング部をフラットにしまえるスイーベル機構を採用しているので、持ち運びに有利。

s-watermarked-DSC00299.jpg
曲送り/曲戻し、音量の調節、再生/一時停止、電話の受話や終話(電源/ペアリング)ボタン。

s-watermarked-DSC00302.jpg
充電端子はUSB Type-Cです。その横にマイクがあります。また最大35時間再生のスタミナ&クイック充電に対応してます。35時間再生って普通に凄いですよね。

s-watermarked-DSC00315.jpg
ヘッドバンド部は流石に安物くさい。ただの樹脂で作られています。

s-watermarked-DSC00318.jpg
「iPad Pro」とペアリングしてリスニングしてみました。おや、普通に良い音じゃん!がファーストインプレッション。やや低音が強調しすぎている感じはしますが、全体的にフラットな音で良いバランスだと感じました。ただ長時間装着していると、若干耳が痛くなったのは気になりましたね。

s-watermarked-DSC00325.jpg
s-watermarked-DSC00331.jpg
つづいてBRAVIAに繋げてリスニング。音声の遅延は全く無く良い感じ。ある意味「WH-CH510」は音楽を聴くよりもテレビやPS4などに接続して使用した方が相性は良いかも。

s-watermarked-DSC00310.jpg
価格コムでも常に上位ランキングしているヘッドホンで、実はめっちゃ売れています。ワイヤレスステレオヘッドセット「WH-CH510」は価格的にも気楽に使えるので、テレワークで使用するのにも良いかもしれません。普段はヘッドホンを使わない層にもオススメできます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント