外出自粛なら…とことんブラビアで楽しもう!!2020年モデルのブラビアが43型だと9万円!しかも基本性能を大幅に強化した4K液晶テレビの“新基準モデル” BRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(2020年モデル)レビュー3 設定と使用感&PCモニターにしてみた編

今回は、BRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(43インチ/2020年モデル)の設定や使用感&PCモニターとして使用してみたレポートです。

s-watermarked-DSC00422.jpg
SONYさんのBRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(2020年モデル)です。サイズは43インチで実売価格はAmazonさんで89000円前後です。



【関連記事】
外出自粛なら…とことんブラビアで楽しもう!!2020年モデルのブラビアが43型だと9万円!しかも基本性能を大幅に強化した4K液晶テレビの“新基準モデル” BRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(2020年モデル)レビュー1 開封編
外出自粛なら…とことんブラビアで楽しもう!!2020年モデルのブラビアが43型だと9万円!しかも基本性能を大幅に強化した4K液晶テレビの“新基準モデル” BRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(2020年モデル)レビュー2 本体編

基本性能を大幅に強化したBRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」をVESA規格対応のテレビスタンドに取り付けてみた!

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート1 開封編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート3 使用編

s-watermarked-DSC04460.jpg
s-watermarked-DSC04462.jpg
初期設定はスマートフォン(Android端末)があれば楽々。

s-watermarked-DSC04469.jpg
アプリも豊富になりました。Android TV搭載のメリットですね。

s-watermarked-DSC04480.jpg
セットアップのUIが無駄にカッコ良くなっていて草生えました()

s-watermarked-DSC04491.jpg
s-watermarked-DSC04486.jpg
録画をするためのHDD登録もセットアップ時で可能です。※後で登録する事も可能です。

s-watermarked-DSC04546.jpg
ホームメニューは、こんな感じ。Android TVはレスポンスも向上し本当に使いやすくなりました。

s-watermarked-DSC04544.jpg
番組表も瞬時に表示されサクサク。

s-watermarked-DSC04502.jpg
s-watermarked-DSC04509.jpg
Appleユーザーも安心な「AirPlay 2」に対応。※iPhoneやiPadのApple製品から動画や音楽などのコンテンツをBRAVIAにワイヤレスで配信するストリーミングサービスです。

s-watermarked-DSC04521.jpg
s-watermarked-DSC04518.jpg
HDMI端子(4端子)は全て拡張フォーマットに対応している点も注目。エントリーモデルという位置付けなのに、HDR/HDMI.2.0準拠の4K50p/60p信号(18Gbps)に対応は嬉しい限り。

s-watermarked-DSC04525.jpg
s-watermarked-DSC04532.jpg
地味に驚いたのが画質設定の項目。エントリーモデルとは思えないくらい細かな所まで画質設定を弄れます。各設定項目には画像も表示され分かりやすく説明文があるのも流石BRAVIA。

s-watermarked-DSC00394.jpg
あらゆるコンテンツを高精細な映像に作りかえる超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」を搭載しているので、地デジも違和感のない高画質で楽しめます。

【「KJ-43X8000H」をPCディスプレイとして使用してみる】

s-watermarked-DSC02239.jpg
HDMI端子で「KJ-43X8000H」を4K対応PCディスプレイとして使用してみました。

s-watermarked-DSC02243.jpg
デュアルディスプレイとして使いましたが、控えめに言って最高。43型の4Kディスプレイとして考えれば最高品質。

s-watermarked-DSC02251.jpg
s-watermarked-DSC02254.jpg
画質モードはグラフィックスに設定。文字の滲みは皆無。

s-watermarked-DSC04541.jpg
4K対応PCディスプレイとして使用する際の唯一の欠点は本体の高さ調整ができない事くらいですね。43型の4Kディスプレイとして考えても9万円という価格はコスパ高し。オススメ。

s-watermarked-DSC00407.jpg
基本性能を大幅に強化した4K液晶テレビの“新基準モデル” BRAVIA X8000Hシリーズ「KJ-43X8000H」(2020年モデル)は自信を持ってオススメできるテレビです。コストパフォーマンスも非常に高いので4Kテレビをそろそろ買おうかな?という方もご検討されても良いと思います。

最後に当ブログが視聴の楽しみ方の一つとしてオススメするのがズバリ「Netflix」の視聴ですね。ソニーとNetflixの協業によりクリエイターの意図を忠実に再現できるTVの画質設定を共同開発しており最適な画質設定を自動(Netflix画質モード)でBRAVIAがやってくれます。“お洒落”な画質が楽しめるので、是非とも体験してください。※音声に関してもドルビーアトモスに対応しています。

s-watermarked-DSC00414.jpg
Googleアシスタントにも対応しており、スマートスピーカーとしての使用や音声によるBRAVIAのコントロールが可能なので、外出自粛の今だからこそ色々とBRAVIAで遊んでみて下さい。ではでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント