SONYの着るエアコン!?夏に向けて着るエアコンは本当に実用的なのか?「REON POCKET(レオンポケット)」を試してみた!

クラウドファンディング「First Flight」にて話題となった「REON POCKET(レオンポケット)」が一般販売されたので早速試してみます。通称、着るエアコンです。

s-watermarked-DSC02704.jpg
「REON POCKET(レオンポケット)」と「REON POCKET専用インナーウエア(ホワイト/L)」です。※REON POCKETを使用&設定するにはスマートフォン(REON POCKETアプリ)が必須です。



s-watermarked-DSC02623.jpg
● 本体を専用インナーウェアの首元にあるポケットに装着し、スマートフォンアプリで操作することで、本体接触部分の体表面を冷やしたり温めたりすることのできる、個人に合わせた温度設定が可能な新しいタイプのウェアラブルデバイス
● 季節を問わない冷温両対応
● Bluetooth接続で連携した専用のスマートフォンアプリ経由で、冷温それぞれ4段階から本体の温度を設定可能
● サーモモジュール(ペルチェ素子)に通電することで、急速な冷却・温熱が可能
● 本体を専用インナーの背面ポケットに装着して使用
● インナーウェアを着用すると本体が首もとにフィットする設計になっており、直接首もとを冷やす、温めることが可能
● 利用シーンに応じて選べる3つの機能を搭載(AUTO MODE、MY MODE、クイック起動)

s-watermarked-DSC02629.jpg
セット内容は、REON POCKET本体と充電用のUSB-Cケーブルとマニュアルなどの書類です。

s-watermarked-DSC02642.jpg
本体のREON POCKETです。幅:約54mm 高さ:約20mm 奥行:約116mmとコンパクトなサイズ。

s-watermarked-DSC02649.jpg
サイドに電源ボタンと充電用のUSB-C端子。充電時間は約2.5時間で、冷却動作時は約2.5時間、温熱動作時は約2時間持続します。

s-watermarked-DSC02667.jpg
s-watermarked-DSC02672.jpg
上の網状になっている部分が吸気口で、横に排気口が配置されています。

s-watermarked-DSC02675.jpg
s-watermarked-DSC02680.jpg
裏面に冷温部があり、ここで冷やしたり温めることが可能です。材質はシリコンで肌に優しい感じです。

s-watermarked-DSC02710.jpg
s-watermarked-DSC02716.jpg
専用インナーウエアは「REON POCKET専用インナーウエア(ホワイト/L)」をチョイス。ソニー製のインナーウエアです。ただ…大きめのサイズがLまでしか用意されてなく、デブの私はキツかったです…()LLも発売して下さいSONYさん(切実)

s-watermarked-DSC02721.jpg
s-watermarked-DSC02728.jpg
インナーウエアの使い方は、背中面にあるポケットにREON POCKETを入れるだけ。

s-IMG_0235.jpg
REON POCKETを使用&設定するにはスマートフォン(REON POCKETアプリ)が必須です。REON POCKET単体で使用できないのは、やや不便かも。

s-watermarked-DSC02697.jpg
ペアリング自体は簡単です。設定が面倒だという方にはAUTO MODEがオススメ。

s-watermarked-DSC02704.jpg
それでは肝心な使用感について。シリコン部分が冷んやりと冷たくなり良い感じですが、微妙にモーター音が気になりました。あとバッテリー駆動時間が短すぎます。この辺りは改善が必要かも。

専用インナーウエアでがっつり使うよりも、手持ちで首筋やおでこなど部分的な箇所を冷やす方が実用的かも。まだまだ改善の余地がある未完成な製品かな?という印象です。価格も少し高めなのでコスパは良くない感じ。後継機が発売されるか不明ですが、2代目のREON POCKETに期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント