F1.4の大口径レンズなのに軽くてコンパクトなサイズは反則です!!SIGMAさんの「Art 85mm F1.4 DG DN(Eマウント)」開封レビュー!

今回は2020年8月27日に発売されたEマウント(フルサイズ対応)の「Art 85mm F1.4 DG DN(Eマウント)」を紹介します。

s-watermarked-DSC04395.jpg
「α7III」に取り付いているレンズはSIGMAさんの「Art 85mm F1.4 DG DN(Eマウント)」です。実売価格は10万7000円前後となっています。




YouTube動画はコチラ。

s-watermarked-DSC04339.jpg
● Art 85mm F1.4に相応しい史上最高の光学性能
● F1.4の常識を覆す軽量・コンパクトなボディ
● ポートレート撮影に必要とされる繊細な描写をプロ・ハイアマチュアユーザーの使用に耐えうる高い次元で実現
● 5枚のSLDガラスと非球面レンズに加え、最新の高屈折ガラスを積極的に採用
● 質量630g、フィルター径77mm、長さは94.1mm(ミラーレス専用設計)

● レンズ構成:11群15枚(SLD5枚、非球面レンズ1枚)
● 画角:28.6°
● 絞り羽根枚数:11枚(円形絞り)
● 最小絞り:F16
● 最短撮影距離:85cm
● 最大撮影倍率:1:8.4
● フィルターサイズ:φ77mm
● 最大径×長さ:φ82.8mm×94.1mm
● 質量:625g

s-watermarked-DSC04349.jpg
付属品です。ロック付フード(LH828-02)となります。

s-watermarked-DSC04386.jpg
FRONT CAP LCF Ⅲ 77mm と REAR CAP LCR Ⅱです。※他にソフトケースも付属しています。

s-watermarked-DSC04364.jpg
本体の「Art 85mm F1.4 DG DN(Eマウント)」です。第一印象は小さくて軽い!質量が625gと軽い軽い。

s-watermarked-DSC04373.jpg
レンズ構成は11群15枚で、絞り羽根は11枚の円形絞りです。

s-watermarked-DSC04383.jpg
フィルター径はφ77mmです。

s-watermarked-DSC04401.jpg
「α7III」に取り付けると、こんな感じ。ホント小さい。

s-watermarked-DSC04440.jpg
s-watermarked-DSC04456.jpg
フードを取り付けると、こんな感じ。一気に迫力が増します。

s-watermarked-DSC04450.jpg
フードはロック付でプラスチッキーな素材ですが、質感は悪くありません。(ロックボタンがある部分はゴム素材になっていました)

s-watermarked-DSC04428.jpg
前方がフォーカスリングで、後方が絞りリングとなります。

s-watermarked-DSC04410.jpg
レンズに搭載しているスイッチ類も豊富で、AF/MFを切り替えるフォーカスモードスイッチ、カメラ側でカスタマイズ可能なAFL(オートフォーカスロック)ボタン。

s-watermarked-DSC04412.jpg
s-watermarked-DSC04418.jpg
絞りリングのクリック有り無し切り替えスイッチ、絞りリングのロックスイッチとなります。フォーカスリングのトルクはやや重たい印象。

s-watermarked-DSC04425.jpg
絞りリングのロックスイッチが何気に便利で、A(カメラ側で絞りを設定するモード)の位置でロックしておくと、不意に絞りリングは回らないですし、絞り目盛り側でロックしておくと、Aまでリングは回りません。このようなスイッチは今までありそうで無かったロックスイッチで高く評価できますね。

s-watermarked-DSC04436.jpg
F1.4の大口径レンズなのに軽くてコンパクトなサイズは反則です。フードを取り付けると、存在感を強調してくれる所も良い。価格も85mmGMと比べると半額近いので、ある意味Eマウント最強のポートレートレンズになりそうです。


「Art 85mm F1.4 DG DN(Eマウント)」のYouTube動画はコチラ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント