4000円前後で購入できる低価格キャプチャーカード(DAZFE製)を試してみた!HD1080P 60FPS/4Kパススルー対応で、こいつ…普通に使えるぞ!

4000円前後で購入できる低価格キャプチャーカード(DAZFE製)を紹介します。

s-watermarked-DSC08468.jpg
DAZFEという中華メーカーのビデオキャプチャカードです。実売価格はAmazonさんで驚きの4000円前後となっています。


YouTube動画はコチラ。



【関連記事】
AVerMedia PC内蔵型キャプチャーボード 「Live Gamer HD 2」 レポート

s-watermarked-DSC08436.jpg
● USB3.0 HDMI HDキャプチャーカード(1080p/60fps)
● YouTube/Twitchなどのゲーム録画・実況・配信、ライブ会議用に最適
● HDMIビデオとHDMIオーディオの両方を同時にキャプチャー可能
● 4K 60HZパススルー対応

s-watermarked-DSC08443.jpg
s-watermarked-DSC08451.jpg
付属品は、UBS 3.0ケーブルにUSB-Cケーブル。そしてマニュアル(日本語対応)などの書類です。

s-watermarked-DSC08475.jpg
本体のキャプチャーカードです。

s-watermarked-DSC08487.jpg
質感は、まあまあの良いですね。デザインもシンプルで好感が持てます。

s-watermarked-DSC08496.jpg
6.1インチの「iPhone 12 Pro」とサイズ比較。「iPhone 12 Pro」より、一回り小さい事が分かります。このサイズなら置く場所には困らないと思います。

s-watermarked-DSC08482.jpg
インターフェースです。給電用のUSB-C端子、HDMI出力端子、USB3.0端子です。

s-watermarked-DSC08477.jpg
反対側に、3.5mmヘッドホン端子、3.5mmマイク端子、HDMI入力端子となります。

s-watermarked-DSC08613.jpg
接続すると、こんな感じ。USB3.0端子をPCに接続し、任意でHDMI出力端子(4K 60HZパススルー対応)からモニターへ接続します。あとはカメラやゲーム機をHDMI入力端子へ接続します。※USB-C端子は給電用です。

USB3.0 キャプチャー.JPG
s-watermarked-DSC08493.jpg
PCに接続すると、USB3.0 captureとして認識します。またHDMI機器を認識すると、青のLEDが点灯します。

s-watermarked-IMG_0283.jpg
当ブログでは、写真のようにミラーレスカメラ「α7C」を接続してキャプチャーしております。

s-2020-12-30 (1).jpg
OBS Studioでもバッチリ使えます。フルHD(1080p/60fps)で4K 60HZパススルー対応のキャプチャーカードが4000円前後という安さで購入できるので、お試しに欲しい方や初心者の方にもオススメできます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント