最大転送速度1,050MB/秒を実現!SamsungさんのポータブルSSD「T7 500GB(USB3.2 Gen2)」開封レビュー!

SamsungさんのポータブルSSD「T7 500GB(USB3.2 Gen2)」を紹介します。

s-watermarked-DSC00570.jpg
SamsungさんのポータブルSSD「T7 500GB(USB3.2 Gen2)」です。実売価格はAmazonさんで12000円前後となっています。



【関連記事】
SamsungのポータブルSSDが壊れたので…SanDiskさんのポータブルSSD(500GB USB3.1 Gen2)を購入した話
通常より3倍速い、Samsung 外付けSSD 「T5 500GB」 使用レビュー
NVMeのSSDが余っていたので「M.2 NVMe PCIE SSDケース USB3.1 Gen2」を購入してみた!

s-watermarked-DSC00496.jpg
● 名刺サイズ、重さ58グラム、厚さわずか8ミリとコンパクトかつスタイリッシュ
● PCIe NVMeテクノロジとUSB3.2 Gen2インターフェースを組合せ
● 最大転送速度1,050MB/秒まで向上(T5の約1.9倍、外付けHDDの約9.5倍の転送速度を実現)
● 最大2メートルの高さからの落下にも耐えうる優れた堅牢性
● T7はePCMテクノロジとDynamic Thermal Guardにより、熱制御と温度管理を実現

s-watermarked-DSC00555.jpg
s-watermarked-DSC00561.jpg
付属品は、USB Type-C to CケーブルとType-C to Aケーブルの2本。長さは約45cmでした。※日本語表記のあるマニュアルも付属。

s-watermarked-DSC00509.jpg
ファイナルランサムディフェンダー(1年版)がダウンロード特典で付いてきます。当ブログは使う予定が絶対ないけど。

s-watermarked-DSC00512.jpg
本体の「T7 500GB(ブルー)」です。シンプルなデザインで、めっちゃコンパクト。

s-watermarked-DSC00582.jpg
ブルーの塗装が無駄に素敵。質感が良すぎてSSDストレージとして使うのは勿体ないくらい。良いね。

s-watermarked-DSC00531.jpg
底面。

s-watermarked-DSC00520.jpg
s-watermarked-DSC00526.jpg
サイドは、こんな感じ。インターフェースはUSB-Cとなります。

s-watermarked-DSC00591.jpg
アクセスランプも搭載されており、接続すると青く点灯し、アクセス中は点滅します。

s-watermarked-DSC00546.jpg
サイズの参考として「iPhone 12 Pro」とサイズ比較してみました。「T7 500GB」めっちゃコンパクトでしょ?

プロパティ.JPG
総容量は、500GBモデルで465GBとなります。

ベンチ.JPG
それでは肝心のベンチマーク。「T7 500GB(USB3.2 Gen2)」のCrystalDiskMark(v7.0.0h)結果がコチラ。シーケンシャル読み取りが4桁の1025MB/秒を記録しました。外付けなのに…凄い爆速です。※USB3.2 Gen2対応の端子にケーブルが必須です。

s-watermarked-DSC00541.jpg
最大2メートルの高さからの落下にも耐えうる優れた堅牢性で、質感や塗装(ブルー)も無駄に良いので、ストレージ機器のくせに使っていて楽しいですね。書き込み中は、わずかに温かくなりますが、ePCMテクノロジとDynamic Thermal Guardにより、熱制御と温度管理を実現しているそうです。何より…爆速で快適です。

価格は同社のT5(最大転送速度 : 540MB/秒)よりは3000円ほど高い価格設定ですが、速度の事を考えると安いかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント