M1チップ搭載のMacBook Airがやってきた!!(高速と噂のM1でLightroomが快適に使えるか試してみる)

今回は以前からめっちゃ気になっていたM1チップ搭載のMacBook Airを紹介します。

s-watermarked-DSC03381.jpg
M1チップ搭載の「MacBook Air」(スペースグレー)です。実売価格はAmazonさんで11万5280円前後となっています。※M1チップ搭載「MacBook Air」では最小構成のモデルをチョイスしています。


YouTube動画はコチラ。



【関連記事】
ラップトップ兼タブレットの10.5 インチ「Surface Go 2」(2020年モデル)が思いの外、楽しく便利なモバイルノートPCだった!「Surface Go 2」開封レビュー!
14インチMacBook Proまでの繋ぎ?敢えて最安構成にした「13インチ MacBook Pro スペースグレイ(2020年モデル)」の開封&最速レビュー!
「Mac mini(2020年モデル)」をデスクトップのサブマシンにしたら最強(オシャレ空間)になった件。Thunderbolt 3に対応した31.5インチ「デザイナーモニターPD3220U」を更に有効活用してみる!

s-watermarked-DSC03296.jpg
● Apple製M1チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上
● これまでよりも長く最大18時間駆動するバッテリー
● 最大3.5倍のパフォーマンスで、かつてないほどすばやくプロジェクトに取り組める8コアCPU
● グラフィックスを駆使したアプリやゲームで最大5倍速いグラフィックス性能を発揮する最大7コアのGPU
● 高度な機械学習ができる16コアNeural Engine
● どんな作業も高速でスムーズにする8GBユニファイドメモリ(DDR4)※当ブログは8GBを選択
● アプリやファイルを一瞬で開く超高速SSDストレージ ※当ブログは256GBを選択
● 静かなファンレス設計
● あざやかな色と目を見張るディテールを映し出す、P3の広色域を持つ13.3インチRetinaディスプレイ(2560x1600、227ppi)
● Magic Keyboard(Touch ID)
● Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.0
● Thunderbolt 3×2(充電、DisplayPort、Thunderbolt接続時最大40Gb/s、USB 3.1接続時最大10Gb/s)
● 1台の外部ディスプレイで最大6K解像度、60Hz
● 3.5mmヘッドフォンジャック
● FaceTime HDカメラ(720p)
● 重量 約1.29kg

s-watermarked-DSC03309.jpg
s-watermarked-DSC03302.jpg
付属品は、USB-Cケーブル(2m)と30W USB-C電源アダプタ。

s-watermarked-DSC03317.jpg
30W USB-C電源アダプタのサイズ感を知ってもらうため、PS5のコントローラーと比較。割とコンパクト。

s-watermarked-DSC03319.jpg
マニュアルなどの書類です。お約束のリンゴシールも付いてきます。

s-watermarked-DSC03325.jpg
s-watermarked-DSC03352.jpg
本体のM1チップ搭載「MacBook Air」です。カラーはスペースグレーをチョイスしました。アルミボディの筐体は、やはり質感が良いっすね。

s-watermarked-DSC03401.jpg
ストレージ256GBでメモリー8GBの最小構成の場合は実売価格が11万5000円前後となっており、コスパは非常に高いですね。M1チップ搭載なら個人的に「MacBook Pro」よりも「MacBook Air」の方が断然オススメ。スペックがそんなに変わらないですし、Touch Barいる?って感じです。

s-watermarked-DSC03412.jpg
ご参考として、M1チップ搭載の「MacBook Air」と「MacBook Pro」の簡単なスペックの違いをまとめてみました。

「MacBook Air」M1
・400ニトの輝度
・7コアGPU ※142,780円モデルなら8コアGPU
・30W USB-C電源アダプタ
・Touch Barなし
・最大15時間のワイヤレスインターネット
・重量:1.29 kg ※Proより約110g軽い
・最小構成115,280円(税込)※Proより33,000円お安い

「MacBook Pro」M1
・500ニトの輝度
・8コアGPU
・61W USB-C電源アダプタ
・Touch Barあり
・最大17時間のワイヤレスインターネット
・重量:1.4 kg
・最小構成148,280円(税込)

s-watermarked-DSC03341.jpg
s-watermarked-DSC03336.jpg
左側にThunderbolt 3(最大40Gb/s)に対応したUSB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)が2ポート。右側にヘッドホン端子。

s-watermarked-DSC03436.jpg
USB-Cなので、サードパーティー製のケーブルや充電器が使えるのは素直に便利。

s-watermarked-DSC03343.jpg
底面は、こんな感じ。

s-watermarked-DSC03399.jpg
見た目はIntelモデルと全く同じ。

s-watermarked-DSC03357.jpg
s-watermarked-DSC03366.jpg
キーボードはMagic Keyboardを搭載し、Touch IDも対応。トラックパッドは感圧タッチトラックパッドを採用。

s-watermarked-DSC03407.jpg
もちろんバックライト付き。

s-watermarked-DSC03373.jpg
ディスプレイは13.3インチ(IPSパネル)のRetinaディスプレイ。解像度は2,560×1,600の227ppi。

s-watermarked-DSC03445.jpg
P3の広色域で、400ニトの輝度と文句なしのディスプレイ品質。Apple製品はパネルの品質が優秀なので安心して購入できますな。

s-watermarked-DSC03391.jpg
ディスプレイは写真の角度まで倒せます。

s-watermarked-DSC03422.jpg
お約束ですが【Cinebench R23】でベンチマーク。マルチコアで7233pts。シングルコアで1517ptsでした。
※参考として「ThinkCentre M75q 2 Tiny」(Ryzen 7 Pro 4750GE)のベンチマーク結果は、マルチコアが9655pts、シングルコアで1220ptsです。

s-watermarked-DSC03478.jpg
M1チップ、数字だけ見ても普通にパフォーマンスが良いですね。

s-watermarked-DSC03421.jpg
肝心のアプリ動作ですが、M1にネイティブ対応してなくても「Rosetta 2」(互換性を保つためバイナリ変換されて動かすソフトウェア)で大抵のアプリは動く印象です。※Canonさんのインクジェット複合機「PIXUS TS8230」もRosetta 2環境で印刷など出来ましたよ。

s-watermarked-DSC03442.jpg
s-watermarked-DSC03470.jpg
念のため色々なデバイスを繋げて動作確認もしてみました。外付けSSDやUSB-Cハブなどは普通に使えてます。※ポータブルSSD「T7 500GB(USB3.2 Gen2)」

s-watermarked-DSC03471.jpg
USBハブ経由のHDMI出力も可能でした。※Dell ゲーミングモニター「S2721DGF」に接続。WQHD(2560x1440)の60Hzとなります。

s-watermarked-DSC03461.jpg
USB-Cコネクタのヘッドセットも普通に認識して使用可能。※「ROG DELTA ガンダムエディション」(ゲーミングヘッドセット)

s-watermarked-DSC03467.jpg
そうそう、当然かもしれませんがSidecarも使えます。※iPadをMacのサブディスプレイとして使う機能。

噂通り、快適にM1チップ搭載「MacBook Air」を使えていますが、多少の不満もありますね。

● Windowsが動かない(Boot Camp非対応)
● USB端子が左のみ
● eGPU非対応(外部モニターの制限)

って所ですかね。ただコスパを考えれば必要十分なマシンだと思います。

s-watermarked-DSC03459.jpg
当ブログにとって一番気になっていたのが、Adobe系アプリ。4月11日現在では、ほぼ全ての使っているアプリがネイティブ対応している事が購入動機の一つにもなりました。

s-watermarked-DSC03488.jpg
しばらくLightroom Classicを使用しましたが、うん普通に快適。何よりファンレス設計で静かなのがヤバい。正直、購入前は半信半疑で、いちゃもんをつけてやろうと思ってましたが…M1チップ搭載「MacBook Air」めっちゃ快適に使用しています。参りました()

s-watermarked-DSC03284.jpg
機会があれば動画編集(4K)でもM1チップ搭載「MacBook Air」を使用するつもり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント