ライブ配信環境の強化のためマイクアームを導入!RODE「スタジオ用マイクブーム(PSA1)」開封レビュー!(追記・ポップガードも購入)

RODEさんのマイクアーム「スタジオ用マイクブーム(PSA1)」を紹介します。

s-watermarked-DSC05233.jpg
RODEさんのマイクスタンドである「スタジオ用マイクブーム(PSA1)」です。実売価格はAmazonさんで12800円前後となっています。


YouTube動画はコチラ。



【関連記事】
ライブ配信で良質な音を届けるため定番コンデンサーマイクを導入!audio-technica「AT2020(コンデンサーマイクロホン)」開封レビュー!
ライブ配信のためオーディオインターフェースを導入!定番のYAMAHA「AG03(ウェブキャスティングミキサー)」開封レビュー!
動画配信に最適!オーディオテクニカのUSBコンデンサーマイクロホン「AT2020USB+」レビュー

s-watermarked-DSC05081.jpg
● ラジオ、ブロードキャスト、スタジオ及び家庭用のスタジオブームアーム
● 700gから1.1kg程度までのマイクを取り付け可能
● 水平リーチが820mm、垂直にした場合の高さが840mm、そして360度回転

s-watermarked-DSC05099.jpg
s-watermarked-DSC05109.jpg
では付属品の紹介から。取り付けのアタッチメントは2種類から選択でき、1個目は自由に設置できるデスククランプです(天板の厚さ55mmまでの机に設置可能)

s-watermarked-DSC05092.jpg
2個目は机に穴をあけて取り付けるデスクインサートです。(穴をあける必要があるが厚さ70mmまでの机に設置可能)

s-watermarked-DSC05112.jpg
3/8インチネジ(ドイツネジ)の変換ネジです。

s-watermarked-DSC05140.jpg
s-watermarked-DSC05145.jpg
s-watermarked-DSC05134.jpg
マイクケーブルをまとめる事ができるベルクロケーブルラップです。全部で3ケ付いていました。あと英字のマニュアルも付いています。

s-watermarked-DSC05121.jpg
本体の「スタジオ用マイクブーム(PSA1)」です。開封時はPSA1が強力なスプリングで開かないように、CAUTION(注意)の紙が巻かれています。

s-watermarked-DSC05174.jpg
水平リーチが820mm、垂直にした場合の高さが840mmとなります。

s-watermarked-DSC05157.jpg
マイクを取り付けるマウントは、こんな感じ。

s-watermarked-DSC05168.jpg
マウントネジに変換ネジ(3/8インチネジ)を取り付けると、こんな感じ。

s-watermarked-DSC05150.jpg
s-watermarked-DSC05183.jpg
取り付けは非常に簡単。デスククランプを机にしっかり固定したら、デスククランプの穴に「PSA1」を入れるだけ。※当ブログはデスククランプを使用します。

s-watermarked-DSC05215.jpg
「PSA1」にマイクを取り付けると、こんな感じ。※使用するマイクは、audio-technicaさんの「AT2020(コンデンサーマイクロホン)」です。

s-watermarked-DSC05225.jpg
キャノンケーブルは付属のベルクロケーブルラップで綺麗にまとめる事ができます。

s-watermarked-DSC05261.jpg
マイクの位置を自由自在に変更できるのは良いっすね。もちろん360度回転も可能です。

s-watermarked-DSC05257.jpg
マイクを使用しない時は外側に逃がす事もできて、スペース的余裕ができます。

s-watermarked-DSC05244.jpg
マイクアームを取り付けた事によって、めっちゃユーチューバー感が出てきました。ライブ配信環境の強化のためマイクアームを導入した訳ですが、単純にマイクアームは便利ですね。

s-watermarked-DSC05238.jpg
価格は中華製マイクアームと比べると、少々高価ですが、頻繁に買い替える物ではないので安心安定のRODE製にしました。質感も良く見た目もグット。これを選んで正解でした。

【追記】ポップガード も購入してみた

s-watermarked-DSC05631.jpg
s-watermarked-DSC05645.jpg
GRANPROさんのポップガードも追加で購入してみました。実売価格はAmazonさんで1380円前後となっています。

s-watermarked-DSC05651.jpg
取り付けやすいクリップ式を採用。

s-watermarked-DSC05654.jpg
ポップガードとクリップはネジで取り付けます。二重のフィルターがノイズを軽減し、クリアな音声を実現するそうです。

s-watermarked-DSC05659.jpg
マイクアーム(コンデンサーマイク)辺りに取り付けると、こんな感じ。ベストサイズを追求し、本当に欲しいを実現したポップガード…とメーカーさんが言っているだけあって良い感じです。

s-watermarked-DSC05671.jpg
s-watermarked-DSC05664.jpg
フィルター外径12cm、内径10.6cm、フレキシブルアーム14cm、取り付けやすいクリップ式、全て計算された適切なサイズで取り付けやすい所もめっちゃ良いですね。

s-watermarked-DSC05674.jpg
メーカーの「これが一番使いやすい」を追求した…という言葉に嘘偽りなしですね。素晴らしい。ちなみに日本製なので安心してオススメできます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント