【サルでも分かるTPM 2.0の設定方法】Windows 11のために内蔵TPM 2.0を有効化してみた!MSI製マザボ「MEG X570 UNIFY」編

今回は、Windows 11で必須とされているTPM 2.0の設定方法(有効化)を説明します。

s-watermarked-DSC09882.jpg
MSI製マザボ「MEG X570 UNIFY」のBIOSで内蔵TPM 2.0の有効化を説明します。設定は非常に簡単です。



【関連記事】
「Ryzen 9 5950X」を購入したのでマザーボードも新調!ハイエンドモデルの「MSI MEG X570 UNIFY(X570チップセット)」開封レビュー!

s-watermarked-DSC02766.jpg
電源を入れ、この画面になったらDelキーを連打して、BIOS(UEFI)画面に移ります。

s-watermarked-DSC02754.jpg
次に SETTINGS から Security をクリック。

s-watermarked-DSC02757.jpg
次に Trusted Computing をクリック。

s-watermarked-DSC02758.jpg
s-watermarked-DSC02760.jpg
Security Device Support という項目が Disable になっていると思うので、Enabled に変更します。

s-watermarked-DSC02763.jpg
これで TPM 2.0 が有効化されました。

s-watermarked-DSC02764.jpg
あとはF10キーを押し、BIOS(UEFI)を保存して再起動すれば大丈夫です。

s-watermarked-DSC02770.jpg
「PC正常性チェック」というMicrosoftのアプリでチェック。※現在は「PC正常性チェック」がダウンロード不可になっています。ただ秋頃に改めて一般公開されるそうです。

Windows11.PNG
PCがWindows 11に対応できるかどうかをチェックするアプリで、無事にMSI製マザボ「MEG X570 UNIFY」もWindows 11対応が確認されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント