MSI「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」(GeForce RTX 3060)購入レビュー!【自作サブマシン・グラフィックボード編】

今回はNVIDIA GeForce RTX 3060搭載のグラフィックボードを紹介します。※自作サブマシン(デジー2021年夏モデル)に取り付けます。

s-watermarked-DSC03294.jpg
MSIさんの「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」です。実売価格はAmazonさんで75000円前後となっています。


YouTube動画はコチラ。



【関連記事】
小さくて白いロマンある自作PCを組みたい!!【パーツ選び編(デジー2021年夏モデル)】

s-watermarked-DSC03251.jpg
● NVIDIA GeForce RTX 3060搭載
● オリジナルデュアルファンクーラー「TWIN FROZR 8」採用
● ブーストクロック 1,837MHz
● メモリクロック 15,000MHz
● 12GB GDDR6 192bitメモリ搭載
● DisplayPort×3、HDMI 映像出力端子装備
● ボード1枚で4画面出力が可能
● LEDカラーのカスタマイズが行える「Mystic Light」※専用ユーティリティ「Dragon Center」対応

s-watermarked-DSC03259.jpg
付属品は謎の書類のみ。

s-watermarked-DSC03277.jpg
s-watermarked-DSC03292.jpg
本体の「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」です。デザインが良かったのと、小さめのサイズという事で決めました。※外形寸法は、約276×131×51mmとなります。

s-watermarked-DSC03335.jpg
s-watermarked-DSC03280.jpg
ファンは、オリジナルデュアルファンクーラー「TWIN FROZR 8」を採用しています。

s-watermarked-DSC03323.jpg
s-watermarked-DSC03317.jpg
アルミニウム製のバックプレートとチラッと見えるヒートシンクもカッコ良いです。

s-watermarked-DSC03320.jpg
補助電源は、8ピンと6ピン。

s-watermarked-DSC03301.jpg
s-watermarked-DSC03283.jpg
開封時は、インターフェース類全てに保護カバーされています。

s-watermarked-DSC03304.jpg
ディスプレイ出力端子には、DisplayPort 1.4a×3、HDMI 2.1を搭載しています。もちろん4画面出力が可能です。

s-watermarked-DSC04334.jpg
一番心配していた取付設置ですが、PCケースのNZXT「H210i White & Black(CA-H210I-W1)」で、簡易水冷CPUクーラーのNZXT「KRAKEN X53(RL-KRX53-01)」を前面に取り付けても「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」は、無事に取り付けが可能でした。かなり窮屈なスペースですが、とりあえず安心しました…w

s-watermarked-DSC03333.jpg
s-watermarked-DSC04378.jpg
もちろん、光ります。LEDカラーのカスタマイズが行える「Mystic Light」にも対応しています。※表面は、デュアルファンの中央が光ります。

【お約束として、みんな大好き「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」を試す】

4K.JPG
4K・高品質・フルスクリーンだと、スコア3654点の普通。
※参考として、ASUSさんの「ROG Strix GeForce RTX 3070 Ti OC Edition」(GeForce RTX 3070 Ti)の場合は、4K・高品質・フルスクリーンで、スコア6448点の快適。

HD.PNG
フルHD・標準品質・フルスクリーンだと、スコア11739点のとても快適。
※参考として、ASUSさんの「ROG Strix GeForce RTX 3070 Ti OC Edition」(GeForce RTX 3070 Ti)の場合は、フルHD・標準品質・フルスクリーンで、スコア18543点の非常に快適。

【参考記事】
【カッコ良い・デカい・強そうな3070Ti】ASUSさんの「ROG Strix GeForce RTX 3070 Ti OC Edition」(ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING)開封レビュー!!

IMG_0180_3060.PNG
ついでに動画のレンダリング時間を計測してみましたが、4Kで約12分の動画をハードウェア(GeForce RTX 3060)エンコードしてみました。

GeForce RTX 3060 と Ryzen 5 5600X と メモリ(DDR4-3200MHz/32GB)という環境で、約4分12秒です。全く不満のないタイムです。

IMG_0179_5950X.PNG
参考としてメインマシンに搭載している、GeForce RTX 3070 Ti と Ryzen 9 5950X と メモリ(DDR4-3200MHz/128GB)という環境で、約3分25秒でした。スペック盛り盛りのメインマシンなので爆速。

s-watermarked-DSC03266.jpg
デザイン良し、サイズ良し、パフォーマンス良しと、サブマシン用のグラボと考えれば必要充分で大満足しています。フルHDでゲームをしたり、動画エンコードなら格上のパフォーマンスで良い仕事をしてくれると思います。価格もやっと下がってきましたが…まだ高いかな?6万円台になったら買いかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント