Mini-ITX(ミニタワー)のPCケースに迷ったらコレが良いよ!NZXTさんの「H210i White & Black(CA-H210I-W1)」開封レビュー!【自作サブマシン・PCケース編】

NZXTさんのMini-ITX専用PCケース「H210i White & Black(CA-H210I-W1)」を紹介します。

s-watermarked-DSC03900.jpg
NZXTさんの「H210i White & Black(CA-H210I-W1)」です。実売価格はAmazonさんで15000円前後となっています。


YouTube動画はコチラ。



【関連記事】
小さくて白いロマンある自作PCを組みたい!!【パーツ選び編(デジー2021年夏モデル)】
MSI「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」(GeForce RTX 3060)購入レビュー!【自作サブマシン・グラフィックボード編】
Mini ITXで迷ったらコレ!ASUS「ROG STRIX B550-I GAMING」(B550チップセット)開封レビュー!【自作サブマシン・マザーボード編】

s-watermarked-DSC03672.jpg
● Mini-ITX専用PCケース
● サイドガラスがネジ一つで簡単に開閉可能
● USB-Cコネクタに対応したフロントインターフェースパネル
● Smart Device V2を搭載(HUE 2 RGB照明チャンネル2つとファンチャンネル3つ)
● 特許取得済みケーブル配線キット
● クリアランス裏配線スペース:16.5-20.5mm
● クリアランスGPUの長さ:325mmまで
● クリアランスCPUクーラーの高さ:165mmまで
● 電源長さ:311mm
● 本体サイズ:(幅)210mm×(高さ)349mm×(奥行き)372mm
● 重量:6.0kg

s-watermarked-DSC03868.jpg
s-watermarked-DSC03873.jpg
付属品は、ご覧の通り。ネジ類一式やグラフィックカードを支えるマウントも付属されてました。

s-watermarked-DSC03889.jpg
s-watermarked-DSC03925.jpg
本体の「H210i White & Black(CA-H210I-W1)」です。ホワイトとブラックのツートンカラーとなります。

s-watermarked-DSC03823.jpg
サイドガラス側は、こんな感じ。Mini-ITX専用(ミニタワー)としては、やや大きめのスペースでパーツ取付やメンテナンスなども容易だと思います。

s-watermarked-DSC03916.jpg
白の金属プレート(ケーブルバー)が良いアクセントです。

s-watermarked-DSC03817.jpg
s-watermarked-DSC03813.jpg
冷却ファンは、2個標準付属で、Aer F120(PCケース搭載バージョン、※トリム非交換)となります。またLEDストリップも標準装備。

s-watermarked-DSC03886.jpg
2.5インチベイがサイドガラス側に1個設けてあります。RGB対応のSSDなどを設置するのに良いかもしれませんね。

s-watermarked-DSC03932.jpg
サイドガラスがネジ一つで簡単に開閉可能な所は楽ちん。ただ少し固めで開けづらい印象。パープルのNZXTロゴがカッコイイですね。

s-watermarked-DSC03691.jpg
s-watermarked-DSC03696.jpg
右側のサイドパネルを取り外すと、こんな感じ。

s-watermarked-DSC03709.jpg
LEDコントローラーとファンコントローラーを統合した「Smart Device V2」が標準搭載されているのは嬉しい限り。

s-watermarked-DSC03704.jpg
2.5インチベイは背面側に2基搭載可能。

s-watermarked-DSC03755.jpg
下部スペースは、Mini-ITXケースと考えれば、まあまあ確保されており裏配線もやりやすいと思います。

s-watermarked-DSC03720.jpg
s-watermarked-DSC03722.jpg
I/Oポートケーブルをチェックします。HD AUDIO端子ケーブルとUSB 2.0端子ケーブルとUSB 3.0端子用ケーブルとUSB 3.1 Gen 2対応USB-C用端子ケーブルです。

s-watermarked-DSC03731.jpg
s-watermarked-DSC03741.jpg
そして、ここに注目。フロントパネルコネクタ(I/Oポートケーブル)が1つにまとめられています。これは凄く便利!瞬時にマザボへ接続可能になりました。これがあるから他社のPCケースは使えないと言っても過言ではありませんね。(コネクタが別々になっている変換ケーブルも付属されています)

s-watermarked-DSC03751.jpg
また、Smart Device V2に接続する電源用端子なども装備。

s-watermarked-DSC03781.jpg
天面は、こんな感じ。

s-watermarked-DSC03849.jpg
電源ボタン(白色LEDが点灯しアクセス時には点滅)、USB 3.0端子、USB 3.1 Gen 2対応のUSB-C端子、Audio/Mic端子が配置。USB 3.0端子の色がパープルになっているのが地味にオシャレ。

s-watermarked-DSC03770.jpg
天面の後方に120mmファン(1個装備済み)が配置。

s-watermarked-DSC03860.jpg
フロントは、こんな感じ。下にはNZXTロゴが刻印。

s-watermarked-DSC03953.jpg
取り外し可能なケースファン(ラジエータ)用ブラケットになっているので、ファンとラジエーターの取り付けも簡単。これは評価すべき点ですね。もちろんダストフィルター付き。ただフロントカバーがクソ固く…取り外しにくいのがマイナスポイント。

s-watermarked-DSC03787.jpg
背面は、こんな感じ。後方にも120mmファンが配置。

s-watermarked-DSC03796.jpg
電源ユニット取付部はATXにも対応しており、SFX電源ユニット用のブラケットが標準装備されています。拡張スロットは、2スロット分が確保されています。

s-watermarked-DSC03844.jpg
底面には、取り外し可能な電源部のダストフィルターが配置。また3.5インチと2.5インチドライブベイが前方に配置されています。

s-watermarked-DSC03903.jpg
Mini-ITX(ミニタワー)のPCケースに迷ったらコレっすよ。大き過ぎず小さ過ぎず、程よいサイズで、カッコ良い。

温度.JPG
ちなみにパフォーマンス、温度、デバイスをすべて1つのアプリケーションから管理できる「NZXT CAM」(ダウンロード無料)は、なかなか使いやすいのでオススメ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント