第12世代 Intel CPU「Core i5 12600K」で自作PCを組むぞー!【Core i5 12600Kが予想以上に強かった!購入した製品&使用パーツを紹介】

11月4日に発売された話題の第12世代 Intel CPUで自作PCを組んでいこうと思います。

s-watermarked-DSC09972.jpg
当ブログが選んだ第12世代 Intel CPUは「Core i5 12600K」となります。実売価格はAmazonさんで39000円前後となっています。





s-watermarked-DSC09754.jpg
● 第12世代Coreプロセッサー(Alder Lake-S)
● ソケット LGA 1700
● 基本周波数 3.7 GHz(4.9GHz)
● 10コア / 16スレッド
● Pコア(Performanceコア)6 / Eコア(Efficientコア)4
● グラフィック機能 Intel UHD グラフィックス 770
● TDP 125W
● 対応メモリ DDR5:4800MHz / DDR4:3200MHz

s-watermarked-DSC09748.jpg
当ブログが今回新しく導入したパーツは「Core i5 12600K」とマザーボードの「Z690 Extreme WiFi 6E」のみ。ASRockさんの「Z690 Extreme WiFi 6E」はメモリーがDDR4対応という事で、DDR5メモリーは今回スルー。DDR5メモリーは高いし品薄なので導入は1年後?くらいでも良いかも。

※「Z690 Extreme WiFi 6E」のレビューは別のエントリーで紹介します。

s-watermarked-DSC00050.jpg
その他のパーツは既に使っていたパーツをそのまま使う事にしてコストを下げました。

s-watermarked-DSC00001.jpg
s-watermarked-DSC00052.jpg
CPUクーラーは、NZXTさんの「KRAKEN X53(RL-KRX53-01)」を使います。何故なら前回のエントリーで紹介したLGA1700マウントキットが届いて LGA1700ソケットでも使えるようになったから。しかも無償提供でした。感謝感謝。

【関連記事】
【第12世代 Intel CPU導入の準備】代理店のタイムリーさんから「NZXT KRAKEN の LGA1700マウントキット」が届いた話

s-watermarked-DSC00060.jpg
【使用パーツ】

●CPU Intel「Core i5 12600K」

●マザボ ASRock「Z690 Extreme WiFi 6E」


●グラフィックボード MSI「GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC」

●メモリ CORSAIR「DOMINATOR PLATINUM RGB(DDR4-3200MHz/16GB×2枚=32GB)」

●ストレージ Samsung「980 PRO 1TB」× 2個 / Samsung「SSD 860 EVO 1TB(SATA)」

●外付けSSD SONY「SL-M1/1TB」

●ケース NZXT「H510 Flow(ホワイト)」

●電源ユニット CORSAIR「RM850x -2018- 850W」

●CPUクーラー NZXT「KRAKEN X53」※LGA1700マウントキット使用


s-watermarked-DSC00097.jpg
OSは、Windows 11 HOMEをクリーンインストールしました。※Windows 10のプロダクトキーでライセンス認証できました。

s-watermarked-DSC09770.jpg
「Core i5 12600K」のパッケージ内容は、CPU本体とマニュアルとシールでした。CPUファンは付属されてなくて、めっちゃ小さな箱に入っています。

s-watermarked-DSC09790.jpg
s-watermarked-DSC09791.jpg
「Core i5 12600K」です。縦長の形状になり、ピンの数が1700と凄い事になってます。

s-watermarked-DSC09996.jpg
LGA1700ソケットに取り付けると、こんな感じ。

s-watermarked-DSC09761.jpg
s-watermarked-DSC09784.jpg
折角なのでライバルCPUの「Ryzen 5 5600X」で、パッケージとCPUサイズを比較してみました。特にコメントはありません()

s-watermarked-DSC00079.jpg
10コア16スレッド.png
目立ったトラブルもなく無事に起動。サクサク動いております。では簡単なベンチマーク。

12600k.jpg
「Core i5 12600K」で、みんな大好き「Cinebench R23」を実行。マルチで16844pts、シングルで1847ptsでした。4万を切るCPUなのに強すぎる。第12世代 Intel CPU…恐るべしですね。

5600x_r23.jpg
参考として「Ryzen 5 5600X」は、マルチで10296pts、シングルで1516ptsです。※「Core i5 12600K」の圧勝。

5950X_R23.JPG
「Ryzen 9 5950X」は、マルチで24146pts、シングルで1562ptsです。※シングルコアだと「Core i5 12600K」の方が強い。

s-_________ 2021-10-27 18.17.15.jpg
オマケで「MacBook Pro」(M1 Pro / 8コアCPU)の「Cinebench R23」は、マルチで9582pts、シングルで1529ptsでした。※どちらかと言うと「Ryzen 5 5600X」に近いスコアですね。

12600K温度.png
あと「Core i5 12600K」のCPU温度にも驚きました。アイドル状態で18度前後と冷え冷え。負荷をかけても50度前後。簡易水冷CPUクーラー(KRAKEN X53)だと相当冷えますね。これなら普通にオーバークロックが楽しめそうです。※CPUグリスは使用せず、サーマルパッド(Thermal Grizzly TG-CA-38-38-02-R)を使っています。

12600K環境SSD.png
「Z690 Extreme WiFi 6E」は、M.2スロットでPCIe Gen 4.0対応のスロットが2スロット用意されています。これを有効活用すると、更にサクサク動きます。※PCIe Gen 3.0スロットも用意されており、計3スロットのM.2スロットがサポートされています。

12600K環境_4K_FF.png
ついでに「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」でも計測。4K・高品質・フルスクリーンだと、スコア3946点の普通。

12600K環境_フルHD_FF.png
フルHD・標準品質・フルスクリーンだと、スコア12325点のとても快適。グラボに依存する部分が多いですが「Core i5 12600K」はゲームにも強いかも。

s-watermarked-DSC09972.jpg
39000円前後という価格で、このパフォーマンス。いやー素直に驚きました。Core i9の12900Kが注目されがちですが「Core i5 12600K」はコストパフォーマンス的に最強かもしれませんね。ここ3年ほど散々と言われてきたインテルCPUですが、第12世代 Intel CPUは文句なしに買いです。

【第12世代 Intel CPU対応マザボ】ASRock「Z690 Extreme WiFi 6E」開封レビュー!【丁度良いスペック】につづく。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント