SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート1 開封編

今回は6月8日に発売されたばかりのソニーのテレビの最高峰 MASTER Series 「KJ-55A9G」を紹介します。

画像

SONYさんのBRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ「KJ-55A9G」(55インチ)です。

●クリエイターの制作意図を忠実に再現するソニーのテレビの最高峰「MASTER Series」
●次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」搭載
●被写体ごとに最適な精細感に「オブジェクト型超解像」
●超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」搭載
●よりリアルな高コントラストを実現「HDRリマスター」
●HDR10やBS4K/CS4K放送で使用されているHLG、ドルビービジョンなどのHDR信号に対応
●豊かな色を再現「トリルミナスディスプレイ」
●明るく、鮮やかな新有機EL画質を実現「ピクセル コントラスト ブースター」
●クリエイターの想いまで忠実に表現するNetflix画質モード搭載
●倍速駆動パネル(120コマ)

画像


●画面そのものから音が出る「アコースティック サーフェス オーディオプラス」
●映像と音の一体感をサウンドシステム構成時にも堪能できる「センタースピーカーモード」対応
●テレビ本体のスピーカーで3次元のリアルな立体音響を実現「ドルビーアトモス」対応 ※2019年アップデート
●「S-Force フロントサラウンド」
●デジタルアンプ「S-Master」
●Bluetooth対応のヘッドホンやサウンドバー対応 ※Bluetooth搭載

●ハンズフリー音声検索 ※テレビ本体にマイク内蔵
●AirPlay 2対応 ※2019年アップデート

●BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵
●見たいアプリをらくらく起動「ネット動画」ボタン
●従来のAndroid TV機能搭載ブラビアと比較して起動時間を最大約1/4まで高速化
●「Google アシスタント」「Amazon Alexa」対応、「Apple HomeKit」※2019年アップデートにて対応

●テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」対応
※Android OSのストレージとしても使用可能(デジタルバカ調べ)
●薄型スイーベルに対応した壁掛けスタイル
●面倒な配線なしでネットに接続できる「無線LAN内蔵」

画像

去年のモデル「KJ-55A8F」とほぼ同じ価格(55インチ)ながら、スペックは格段と上がっている。

画像

リモコン(RMF-TX410J)です。

画像

「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube」などのネット動画ボタンや4K(BS/CS)ボタンが付いています。

画像

画像

単4形乾電池(2個)、転倒防止用固定ベルト一式、電源コードです。電源コードは本体直結。

画像

背面カバーです。全部で5つあります。

画像

カバーを付けた状態の背面。無駄にカッコイイ。

画像

画像

標準スタンドです。前面はヘアライン仕上げで高級感があります。

画像

画像

付属のネジ(全部で8本)でスタンド取付金具(2個)を取り付けます。

画像

画像

A9G本体に取り付けると、こんな感じ。十分にカッコイイですが個人的にはA8Fシリーズの標準スタンドのデザインの方が好きでしたね。

画像

背面の方はケーブルを通す機構になってます。

画像

ケーブルはカバーで隠せます。

画像

画像

マニュアルなどの書類です。2019年発売モデル対象キャンペーンも実施中なので是非とも利用して下さい。

【ファーストインプレッション!A9Gシリーズ「KJ-55A9G」を使ってみて感動した所】

画像

●「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載しており、有機ELパネルとの相性も抜群。さすがフラッグシップモデルと言える。55インチモデルなら30万前半で購入できるのでコスパも悪くない。
●レスポンスも上々。アプリの起動や番組表の表示も高速でストレスを感じない。
●Netflix画質モードが搭載されているので、Netflixユーザーには嬉しい機能。

画像

●HDMI端子が全て拡張フォーマット対応。4系統のHDMI端子はHDR/HDMI.2.0準拠の4K50p/60p信号(18Gbps)に対応。配線を悩まない。
●Googleアシスタントは、テレビにもマイクが搭載されたので、リモコンなしで使えるのも地味に嬉しい。例えば電源を切った状態でも「OK、Google。テレビの電源つけて」と言えば電源がつく。なので、スマートスピーカーは不要。
●アコースティック サーフェース オーディオプラスを搭載しており、音質がテレビ内蔵スピーカーとは思えないレベル。左右に設置した新開発のアクチュエーターとサブウーファーにより、音声の明瞭感と音の広がりがさらに向上。2.2ch/実用最大出力(JEITA)60Wの豊かな高音質により、映画館やコンサートホールで感じるような臨場感を実現。

画像

●Android TV OSが熟成され、UIもかなり見やすく使いやすい。直感的に操作できるようになった。
●別途BS4K/110度CS4Kチューナーを購入しなくてもよい。BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵。
●外付けHDDは、録画だけではなくAndroid OSのストレージとしても登録利用可能

画像

●年内アップデートも嬉しい内容。(AirPlay 2やドルビーアトモスなど)
●B-CASカードが不要という事。チップ内蔵になった。

画像

【不満点】
●標準スタンドのデザイン。
●HDMI端子が4系統とやや少ない。個人的に6系統は欲しい。

画像

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート2 本体編につづく。次回は「KJ-55A9G」の本体周りを詳しくレビューします。



【関連記事】
どう考えても買い。フラッグシップ4K有機ELテレビ「ブラビア A9Gシリーズ」発表!
2018年モデルの4K有機ELテレビ「A8F」を“Android 8.0 Oreo”にアップデート!

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート3 使用編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート1 開封編

SONY BRAVIA X8500Fシリーズ 「KJ-43X8500F」 レポート2 本体(比較)編
SONY BRAVIA X8500Fシリーズ 「KJ-43X8500F」 レポート1 開封編

デュアルサブウーファー内蔵スリムサウンドバー!SONY 「HT-X8500」 レビュー2
デュアルサブウーファー内蔵スリムサウンドバー!SONY 「HT-X8500」 レビュー1

BOSE サウンドバー 「Bose Solo 5 TV sound system」 レビュー

【内容更新】 ハヤミ工産さんの「TIMEZ NR-603(テレビ台 50~70インチ向け)」購入

4K/60Pや18Gbps伝送に対応したSONY「プレミアムHDMIケーブル」レビュー(豆知識付き)

4K放送対応STBがやってきた!テクニカラー製 4K STB 「BD-V570」 レビュー

SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-FT2000」 レビュー2 使用編
SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-FT2000」 レビュー1 開封編

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。なお情報内容(仕様 ・ スペックなど)に誤りがあった場合は直ちに修正いたします。

"SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート1 開封編"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。