SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート2 本体編

今回は「KJ-55A9G」の本体周りを詳しくレビューします。

watermarked-DSC05034.jpg
SONYさんのBRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ「KJ-55A9G」(55インチ)です。

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート1 開封編

画像

まずはディスプレイ周り(前面)からチェックしてみたいと思います。 パネルは有機ELを採用しており、非常に美しい画質です。特に黒や白の表現が素晴らしいですね。写真を見てもお分かりのように赤の表現もえげつないでしょ。

画像

ディスプレイの表面加工はグレア(光沢)で、解像度は当然4K解像度(水平3,840×垂直2.160画素)となっています。光沢パネルなので映り込みは、やや目立つかも。

画像

映像関係の処理は、次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」、被写体ごとに最適な精細感に「オブジェクト型超解像」、超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」、よりリアルな高コントラストを実現「HDRリマスター」などなど…フラッグシップモデルに相応しい全部入りです。

画像

左下にSONYロゴ。狭額のフレーム(ベゼル)を採用しスリムなデザインなので、壁掛けにした際でもスマートで美しいですね。

画像

厚みも相当に薄くビックリします。

画像

中央下に「イルミネーションLED」が内蔵されており、機器接続時はシアンに、録画予約時は赤く光るなど、光の色によってテレビの動作を知ることができます。光は程良く点灯し上品なLEDの光です。

オレンジに点灯しているLEDは、Googleアシスタントの光で、テレビにもマイクが搭載されています。もちろんリモコンなしでGoogleアシスタント機能が使えます。例えば電源を切った状態でも「OK、Google。テレビの電源つけて」と言えば電源がつきます。天気予報なども聞けるのでスマートスピーカーが内蔵されていると考えても良いですね。

画像

背面です。※写真は付属のカバーが付いていない状態です。

画像

カバー(5つあります)を取り付けると、こんな感じ。

画像

画像

カバーを付けると端子類のインターフェースやケーブルの配線が隠れるので、無駄に美しい外見となりスマートです。

画像

インターフェース類を紹介します。HDMI入力端子(4) / eARC・ARC対応HDMI入力端子(3) / HDMI入力端子(2) / HDD録画(Androidストレージ)用USB 3.0端子。

画像

LAN端子(100BASE-TX/10BASE-T) / 光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3/DTS)。※IEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応した無線LANも内蔵しています。

画像

地デジチューナー端子 / 4K対応のBS・110度CSチューナー端子です。BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵なので、別途4Kチューナーを購入する必要がないのは有難いですよね。

画像

サウンドシステム構成時にも堪能できる「センタースピーカーモード」に対応しているので、センタースピーカー入力も装備。音質にこだわる方には嬉しい装備。

画像

右側面に、USB端子(1) / USB端子(2) / HDMI入力端子(1) 。

何度も言ってますが、HDMI端子は全て拡張フォーマット対応してます。4系統のHDMI端子はHDR/HDMI.2.0準拠の4K50p/60p信号(18Gbps)に対応という事です。

画像

コンポジット(ビデオ)入力端子1 ※4極ミニプラグφ3.5mmに対応 / ピンジャック音声出力端子(ヘッドホン音声出力端子兼用)。

画像

左下側に電源端子。

画像

右下には電源ボタンとぼりボリュームキー(+-ボタン)がしれっと付いています。

画像

アコースティック サーフェース オーディオプラスを搭載しているので、2.2ch/実用最大出力(JEITA)60Wの豊かな高音質を体験できます。

画像

画像

左右に設置した新開発のアクチュエーターとサブウーファー。テレビ内蔵スピーカーとは思えないレベルです。

画像

壁から約51mmというスタイリッシュな壁掛けスタイルにも対応。専用工具でスイーベルにも対応してます。壁掛け派の方には嬉しい対応。

画像

ちなみに生産国は中国でした。

画像

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート3 使用編につづく。



【関連記事】
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート1 開封編

どう考えても買い。フラッグシップ4K有機ELテレビ「ブラビア A9Gシリーズ」発表!
2018年モデルの4K有機ELテレビ「A8F」を“Android 8.0 Oreo”にアップデート!

SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート3 使用編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート2 本体編
SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A8Fシリーズ 「KJ-55A8F」 レポート1 開封編

SONY BRAVIA X8500Fシリーズ 「KJ-43X8500F」 レポート2 本体(比較)編
SONY BRAVIA X8500Fシリーズ 「KJ-43X8500F」 レポート1 開封編

デュアルサブウーファー内蔵スリムサウンドバー!SONY 「HT-X8500」 レビュー2
デュアルサブウーファー内蔵スリムサウンドバー!SONY 「HT-X8500」 レビュー1

BOSE サウンドバー 「Bose Solo 5 TV sound system」 レビュー

【内容更新】 ハヤミ工産さんの「TIMEZ NR-603(テレビ台 50~70インチ向け)」購入

4K/60Pや18Gbps伝送に対応したSONY「プレミアムHDMIケーブル」レビュー(豆知識付き)

4K放送対応STBがやってきた!テクニカラー製 4K STB 「BD-V570」 レビュー

SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-FT2000」 レビュー2 使用編
SONY BD/DVDレコーダー 「BDZ-FT2000」 レビュー1 開封編

※特徴や課題については、あくまで当ブログの個人的な意見に基く表記です。なお情報内容(仕様 ・ スペックなど)に誤りがあった場合は直ちに修正いたします。

"SONY BRAVIA 4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」 レポート2 本体編"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。