デジタルオーディオインターフェースに対応したカメラ用ショットガンマイクロホン「ECM-B1M」開封レビュー

マルチインターフェースシュー搭載カメラ(ソニーのαシリーズ)に対応した最新のマイクを紹介します。 SONYさんのショットガンマイクロホン「ECM-B1M」です。実売価格はAmazonさんで34000円前後となっています。 ● 8個のマイクユニットとデジタルシグナルプロセッサー(DSP)を内蔵 ● 指向性の異なるマイクを付け替えることなく1台のマイクで幅広い収音範囲(鋭指向性…

続きを読む

Comment (0)

長時間撮影や縦位置撮影を頻繁にするならコレ!「α7R IV(ILCE-7RM4)」対応の縦位置グリップ「VG-C4EM」を紹介!

「α7R IV(ILCE-7RM4)」対応の縦位置グリップ「VG-C4EM」を紹介するよ。 「α7R IV(ILCE-7RM4)」に対応している縦位置グリップ「VG-C4EM」です。実売価格はAmazonさんで35000円前後となっています。 ● 長時間撮影に対応するスタミナ性能 ● ホールディング性の高いグリップ形状 ● カメラ本体経由でのUSB充電や給電に対応(給電と…

続きを読む

Comment (0)

6100万画素の凄いフルサイズ一眼がやってきた!!「α7R IV(ILCE-7RM4)」で使えるアクセサリー製品を紹介!

今回は当ブログがチョイスした「α7R IV(ILCE-7RM4)」に対応したアクセサリー製品を少しばかり紹介します。 SONYさんの「α7R IV(ILCE-7RM4)」とα7R IV専用の縦位置グリップ「VG-C4EM」です。 「α7R IV(ILCE-7RM4)」と同時発売だった縦位置グリップ「VG-C4EM」とショットガンマイクロホン「ECM-B1M」のパッケージ。あと…

続きを読む

Comment (0)

6100万画素の凄いフルサイズ一眼がやってきた!!「α7R IV(ILCE-7RM4)」本体レビュー

今回はボディ本体を舐め回します() SONYさんの「α7R IV(ILCE-7RM4)」です。実売価格は38万円前後となっています。 正面。見た目は第3世代と同じようなデザインですが、至る所で微妙な違いがあります。間違い探しレベルですが、触ると違いが確実に分かりますよ。 一番の違いは、このグリップ。めっちゃ握りやすくホールド性が向上しています。ツイッターを覗くと…

続きを読む

Comment (0)

6100万画素の凄いフルサイズ一眼がやってきた!!「α7R IV(ILCE-7RM4)」開封レビュー

α7シリーズで第4世代となる「α7R IV」がやって来ましたよ。 9月6日に発売されたSONYさんの「α7R IV(ILCE-7RM4)」です。実売価格は38万円前後となっています。 ● 世界初(35mmフルサイズ初) 有効約6100万画素(新開発イメージセンサー) ● 新規シャッターユニット、衝撃吸収ダンパーや進化した手ブレ補正(5.5段の補正効果)搭載 ● 解像感を極…

続きを読む

Comment (0)

APS-Cユーザーにも使ってもらいたいフルサイズ対応の単焦点レンズ。軽い!コンパクト!寄れる!シャープ!「SEL35F18F」レビュー(作例付き)

ツァイスでもなくG(GM)でもない無印レンズではありますが、SONY純正の素晴らしいレンズが発売されました。 SONYさんの「SEL35F18F」(FE 35mm F1.8)です。実売価格はAmazonさんで67000円前後となっています。 ● 開放F値1.8から高い描写力で、本格撮影を手軽に楽しめる ● 小型・軽量なフルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ …

続きを読む

Comment (0)

モニターヘッドホン「MDR-M1ST」にステレオミニプラグのヘッドホンケーブル「MUC-S12SM1」を取り付けてみた

「MDR-M1ST」に付属の音声ケーブルは、2.5mと微妙に長くステレオ標準プラグとなっているので、別途ステレオミニプラグのヘッドホンケーブルを購入してみました。 モニターヘッドホン「MDR-M1ST」に取り付いているケーブルは、同じSONYさんの「MUC-S12SM1」です。実売価格はAmazonさんで5600円前後となっています。 モニターヘッドホン「MDR-M1ST」のレビ…

続きを読む

Comment (0)

ハイレゾの音域に対応したプロフェッショナル仕様モニターヘッドホン「MDR-M1ST」を開封レビュー

あの赤帯がハイレゾに対応して生まれ変わりました。 8月23日に発売されたSONYさんのモニターヘッドホン「MDR-M1ST」です。実売価格はAmazonさんで34000円前後となっています。※販売元は株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ。 モニターヘッドホン「MDR-7506」のレビューはコチラ↓ 私は断然「青帯」派。SONY プロ用モニターヘッドホン 「MDR-750…

続きを読む

Comment (0)

「α7R IV」で使用するために、TranscendさんのSDカード 256GB(UHS-I U3 V30 対応)を用意した

「α7R IV」はフルサイズ初の有効約6100万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。その分、画像ファイルの容量も大きくなるという事で… TranscendさんのSDカード 256GB(UHS-I U3 V30 対応)を購入。 注目するのは256GBという大容量ながら、実売価格がAmazonさんで4800円前後となっている事。256GBという大容量なら6100万画素の「…

続きを読む

Comment (0)

YouTube用にManfrottoさんの「COMPACTアドバンス三脚」を買ってみた

ども、YouTuber(自称)のデジーです。YouTubeを本格的に運用するため、3ウェイ雲台付属の三脚を購入してみました。 みんな大好きManfrottoさんの「COMPACTアドバンス三脚」(3ウェイフォトキット)です。実売価格はAmazonさんで8500円前後となっています。 ● 簡単に、正確なフレーミングを実現することができる3Way雲台 ● どの軸でも雲台を完璧に…

続きを読む

Comment (0)

1万円超えの高級キーボードに手を出してしまった。アーキスさんの「省スペース メカニカル キーボード Maestro2S」(静音赤軸)をレビュー!

今回は省スペースのテクニカルキーボードを紹介したいと思います。 アーキスさんの「省スペース メカニカル キーボード Maestro2S」(静音赤軸)です。実売価格はAmazonさんで15700円前後となっています。 今までは安物キーボード(2000円前後のキーボード)を使ってきましたが、自作PCのスペックは確実に上がっていて超快適なのに、入力デバイスが貧弱ではダメだろ!と感じ…

続きを読む

Comment (0)

そろそろ新型Apple Watchが発表されそうなタイミングで「Apple Watch Series 4」のバンドやケース、充電ケーブルを新調してみる

そろそろ新型Apple Watchが発表されそうなタイミングで「Apple Watch Series 4」対応のアクセサリー製品を紹介するクソ記事です。 お盆に行った秋葉原での戦利品ですね。写真は、0.3mのApple Watch磁気充電ケーブルとハイパーグレープのNikeスポーツバンド。 以前の記事はコチラ 「Apple Watch Series 4」 レポート2 アクセサリ…

続きを読む

Comment (0)

スマホ用の最新最強ジンバル!DJIさんの「Osmo Mobile 3 Combo」を使ってみた!これは楽しい便利!

デジタルバカ初のレビューとなるジンバル製品です。 DJIさんの「Osmo Mobile 3 Combo」です。実売価格はAmazonさんで15660円となっています。 ● スマートに折りたためるコンパクト設計の3軸ジンバル ● 人間工学に基づく設計により長時間でも快適に撮影 ● 片手で直感的に操作ガ可能 ● ジェスチャー認識&セルフィー撮影 ● 滑らかで信頼性の高いト…

続きを読む

Comment (0)

TAMRON「17-28mm F2.8 DiIII RXD(ソニーE/フルサイズ)」レビュー!開封編

タムロンさんからソニーEマウント/フルサイズ対応の広角ズームレンズが出ましたね。 タムロンさんの「17-28mm F2.8 DiIII RXD」です。実売価格は105000円前後となっています。 過去の記事「28-75mm F2.8 DiIII RXD」レビューはコチラ TAMRON 「28-75mm F2.8 DiIII RXD(ソニーE/フルサイズ)」 レビュー1 TAM…

続きを読む

Comment (0)

4Kに対応した中華のアクションカメラ(5000円前後で買える)は使えるのか?試してみた

最初に言っておくけど、ちゃんとした物が欲しいなら、DJIかGoProのアクションカメラを買った方が幸せになります、はい。 APEMANというメーカーから発売されている4K対応のアクションカメラです。実売価格はAmazonさんで5500円前後となっています。 パッケージ。なかなか質が良かった。 ビックリしたのが付属品の多さ。これだけあります。この付属品の一部は、もしか…

続きを読む

Comment (0)

見せてもらおうか、Eマウントの「SEL135F18GM」の性能とやらを!作例編

「SEL135F18GM」の作例を少しだけ紹介。 135mm単焦点の最強レンズ「SEL135F18GM」です。 ●ええぃ!Eマウント軍の135mmは化け物か!「SEL135F18GM」を開封! ※シャッタースピード 1/1000秒 、 絞り値F1.8 、 露出補正 0 、 ISO 100 、 焦点距離 135mm ※シャッタースピード 1/160秒 、 絞り値…

続きを読む

Comment (0)

秋葉原の戦利品である、USBミニ扇風機(充電式)が意外と良かった件

暑いっすね…。そんな訳で夏らしいネタ(クソ記事)。秋葉原を散策していて何となく購入した物を紹介。 USBミニ扇風機(充電式)であるiFan Clipという製品。いちお日本製みたい。実売価格はAmazonさんで2200円前後となっています。 秋葉原のあきばお~さんで購入。 付属品は短めのmicro USBケーブル。 6枚羽で最大風速2.4m/秒。ファンの…

続きを読む

Comment (0)

SamsungのポータブルSSDが壊れたので…SanDiskさんのポータブルSSD(500GB USB3.1 Gen2)を購入した話

全く予定になかったポータブルSSDを購入。と言うか、再購入。 SanDiskさんのポータブルSSD(500GB USB3.1 Gen2)です。実売価格はAmazonさんで11600円前後となっています。 ● PlayStation4 メーカー動作確認済 ● 読出し速度 最大550MB/秒 で写真やビデオを超高速に保存、編集、管理 ● 最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動…

続きを読む

Comment (0)

5.5インチのモニター付き!これはスマートスピーカーの完全体だ!Amazon「Echo Show 5」を購入

Amazonプライムデーで半額近い価格で売っていたので思わずポチっと。 Amazonさんのスマートスピーカー「Echo Show 5」です。実売価格はAmazonさんで9980円前後となっています。 ・5.5インチのコンパクトなスクリーン搭載 ・Alexaに話しかけて映画やニュースを見たり、音楽やラジオを聞いたりすることができます ・対応家電を音声やスクリーン画面からコン…

続きを読む

Comment (0)

SIGMAさんの「45mm F2.8 DG DN | Contemporary(Eマウント)」は、お散歩レンズに最適!

SIGMAさんからEマウント/フルサイズ対応の「45mm F2.8 DG DN | Contemporary(Eマウント)」が発売されました。 フルサイズミラーレス用に設計された「45mm F2.8 DG DN | Contemporary(Eマウント)」です。実売価格はAmazonさんで59000円前後となっています。 YouTube動画はコチラ。 レンズ構成:7…

続きを読む

Comment (0)

グラフィックボードのズレやぐらつきを防ぐ便利アイテム!長尾製作所さんのVGAサポートステイLマグネット式を試してみた

微妙にグラフィックカードが傾いていたので、こんな便利アイテムを購入して試してみました。 長尾製作所さんのVGAサポートステイLマグネット式です。実売価格はAmazonさんで1700円前後となっています。 ● サポートフックにすべり止め用のゴムを搭載。 ● グラフィックボードのズレやぐらつき、またファンからの微振動を効果的に抑えることができます。 ● 強力な磁石を2個により…

続きを読む

Comment (0)

サブPCにAMDの「Ryzen 5 3600」を取り付ける!性能もコスパもそこそこ良い!

第3世代のRyzenを使いたい!って事で… コスパもそこそこ、性能もそこそこな「Ryzen 5 3600」を購入したぜー。ヒャッハー。実売価格はAmazonさんで27000円前後となっています。 秋葉原のドスパラさんで購入したら、RyzenのTシャツと団扇を頂きました。 ちなみにCPUグリスは定番のMX-4をチョイス。実売価格はAmazonさんで1040円前後と…

続きを読む

Comment (0)

VAIO 5th Anniversary「VAIO SX14 | 勝色特別仕様」が素敵すぎる件にいて(勝色の写真多め)

まずは、VAIO株式会社の創立5周年おめでとうございます。 5周年モデルの「VAIO SX14 | 勝色特別仕様」です。※台数限定モデル。 日本の技がつくる、唯一無二。 2014年7月にVAIO株式会社が発足してから5周年。VAIO株式会社がその感謝の気持ちを込めて、VAIOのものづくりを象徴する2つのモデルVAIO SX12、VAIO SX14を、日本の職人技を駆使して「勝…

続きを読む

Comment (0)

SONY 完全ワイヤレスヘッドホン「WF-1000XM3」開封レビュー

いい音には静寂が要る。完全ワイヤレスに業界最高クラスノイキャン。発売から大人気のワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を紹介するよ。 13日の発売から大人気で一部の店舗では在庫なしの売り切れ状態。当ブログは運良く購入できました。※カラーはブラック。 ● 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1…

続きを読む

Comment (0)

Ryzenで自作パソコンを組む!番外編 「静音ケースのANTEC P5に取り換える」

先に言っておくと、我がRyzenマシンは騒音が大きい問題に直面しており、ファンの音を何とかしたいと考えておりました。原因はCPUファン_1の回転数コントロール(制御)が壊れていた事が大きな原因でした。 もうヤケクソ気味でケースも買い替えてしまいました()圧倒的な静音性を実現したMicro ATX対応コンパクトPCケース「ANTEC P5」です。実売価格はAmazonさんで5980円前後…

続きを読む

Comment (0)

6万を切った「Corei9-9900K」と「CPUクーラー無限五 Rev.B」でメインPCを強化する

6万円を切ってるやん! はい「Corei9-9900K」です。実売価格はAmazonさんで59000円前後となっています。 メイン自作PCパワーアップ計画(その2)ZOTAC GeForce RTX 2060 購入 メイン自作PCパワーアップ計画(その1)CORSAIRさんのDDR4-2666MHz 64GBを購入 MSIのZ390マザーボード「MPG Z390 GAMING…

続きを読む

Comment (0)

Ryzenで自作パソコンを組む!その11 「組み立て開始&電源オン!まとめ編」

ようやく、Ryzenで自作パソコンを組む!シリーズの最終回です。 なかなか満足のマシンが完成しました。サブPCという位置付けなので、なるべく低予算を目標にしてましたが、トータル金額は約8万円超え。 Ryzenで自作パソコンを組む!その10 「サブPCのWi-Fi環境とキーボード・マウス選び」 Ryzenで自作パソコンを組む!その9 「M.2 SSD用ヒートシンクを取り付ける」 …

続きを読む

Comment (0)

Ryzenで自作パソコンを組む!その10 「サブPCのWi-Fi環境とキーボード・マウス選び」

当ブログのサブPCで使用しているWi-Fi子機とキーボード・マウスの紹介です。 まずはキーボード。エレコムさんの無線薄型ミニキーボード「TK-FDP098TBK」です。実売価格はAmazonさんで2600円前後となっています。 Ryzenで自作パソコンを組む!その9 「M.2 SSD用ヒートシンクを取り付ける」 Ryzenで自作パソコンを組む!その8 「CORSA…

続きを読む

Comment (0)

Ryzenで自作パソコンを組む!その9 「M.2 SSD用ヒートシンクを取り付ける」

「M.2 SSDは熱対策しないの?」とツイッターで何人かに言われたのでM.2 SSD用ヒートシンクを付けてみます。 GLOTRENDSさんの「ヒートシンク用 放熱シリコーンパッド」です。実売価格はAmazonさんで400円前後となっています。※写真は2個あります。 Ryzenで自作パソコンを組む!その8 「CORSAIR PCケース Tempered Glass」 Ryzenで…

続きを読む

Comment (0)

Ryzenで自作パソコンを組む!その8 「CORSAIR PCケース Tempered Glass」

今回はPCケースの紹介。 コルセアさんのミドルタワー型PCケース「SPEC-04 Tempered Glass」(Black&Red 強化ガラスパネルモデル)です。実売価格はAmazonさんで6400円前後となっています。 Ryzenで自作パソコンを組む!その7 「MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G」 Ryzenで自作パソコンを組む!その6 「Team DDR…

続きを読む

Comment (0)